<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


トリンバック TRIMBACH

フランス
  • フランス
フランス
  • フランス
  • アルザス
トリンバック / TRIMBACH ワインボトル

リースリング種の魅力を世界に知らしめた、アルザスの名門。

1626年に創業し、4世紀13代にわたって歴史と伝統を家族経営で育んできた、アルザスきっての名門ワイナリー、トリンバック。名品としてその名を知られるクロ・サンテューヌをはじめ、数々の優れたワインを生み出し、世界中のワインラヴァーを魅了しています。


目次

リースリング種の魅力を世界に知らしめたワイナリー

トリンバック家のワイン造りの歴史は1626年に遡ります。現在に至るまで12世代ものワインメーカーたちが最高級のアルザスワインを完成させるべく努力を重ね、確固たる信頼を築き上げました。1898年には、8代目フレデリック・エミール氏の造ったワインがブリュッセルで行われた国際ワインコンクールで最高位の賞を獲得。トリンバックは一躍国際的に脚光を浴びることになりました。


トリンバックの輝かしい成功を支えるものの1つが、時にアルザスのロマネ・コンティとも呼ばれるクロ・サンテューヌの単一畑です。トリンバック家が200年にわたり管理を行ってきた1.67haの畑で、造られるのは年産僅か8,000本程度と大変稀少性の高いワインです。1989年に世界最優秀ソムリエに選ばれたセルジュ・デュブス氏は「世界中にワインラヴァーが飲んでみたいと思うリースリングがこの世に一つあるとすれば、それはクロ・サンテューヌだろう」と語るほど。


ワイナリーは現在、ユベール・トリンバック氏と彼の2人の甥ピエール氏とジャン氏、そして13世代目にあたるピエール氏の娘アン女史の4人で運営されています。彼ら4人の情熱に支えられて、トリンバック家の伝統や妥協なきスタイル、そして揺るぎないノウハウといったものが現在でもしっかりと守られています。

著名な評論家や専門誌が惜しみない賛辞を贈っています。


フランスの権威あるワインガイド『guide des vins 2017 bettane + desseauve』パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー リースリングに人生を捧げた誇り高きアルザス翁、ピエール・トリンバック。辛口に仕立てられたワインは、古典的フレンチや風味のあるモダン料理とも相性がよく、星付きレストランの定番である。

伝統を重視しながらも最新技術を採り入れたワインメイキング

リボヴィレ、ユナヴィール、ベルグハイムを含む7つの村にまたがる約50haに及ぶ畑。トリンバックでは、丁寧な剪定やブドウ樹を健全に保つための革新的な技術を採用し、定期的な土壌耕作など、自然を守ることを第一に考えた栽培方法を導入しています。細やかな配慮の上、適度な分量のみブドウを収穫し、醸造前には、全てのブドウを慎重に厳選。ワイン造りへのこだわりは、トリンバックと信頼関係にある栽培農家にもしっかりと追及されます。


醸造と熟成過程において特に大切になるのは、品種ごとの特徴をしっかり引き出すことと、テロワールの個性を余すことなくワインで表現すること。これらに常に気を配りながら、細心の注意を払ってワインは造られます。全てのブドウを手摘みで収穫後、穏やかに圧搾。抽出された果汁は、グラヴィティシステムにより丁寧に醸造所へと運ばれます。醸造ではステンレスタンクと古樽を併用。伝統を重視しながらも最新技術を採り入れたバランスの良いワインメイキングが行われています。


またトリンバックでは、一切マロラクティック発酵を行いません。そのため、彼らのワインにはブドウ本来のフレッシュな酸が保たれています。また、果実味を損なわないよう、全てのワインは収穫の翌年の春に瓶詰め。その後、一定期間の瓶内熟成を経てからリリースされます。一部のワインに関しては、5~7年間という長期間の瓶内熟成も。トリンバックのワインで軒並み高品質や完璧なバランスが保たれている理由の1つに、こうした「時間の経過」があるのです。

フランス全ての3つ星レストランで採用という輝かしい実績

トリンバックのワインは、「食事とともに楽しめるワイン」を造るというポリシーから、果実味、酸味、ミネラルが見事なバランスに整えられています。特にその品質は価格が下がるほどコストパフォーマンスが高いとも言われ、ソムリエから絶大な支持を獲得。それを裏付けるように、フランスのミシュラン3つ星レストラン全27店にトリンバックのワインが採用されています。(2016年12月現在)


また、トリンバックのワインは和食とも相性抜群。和食が世界的ブームになり、素材重視&シンプルな味付けが主流となるように、ワインもインパクト重視からナチュラル&軽やかな味わいにシフトしつつあります。そうした時代の潮流にあるとも言える「和食×アルザスワイン」の組み合わせはまさに鉄板。なかでもピュアな果実味と優れたフィネスが身上のトリンバックのワインは、鮨や刺身、魚の塩焼き、天ぷらなどと組み合わせることで、その真価を発揮してくれます。


セールス・ディレクターのジャン・トリンバック氏のお気に入りは、鮨とピノ・グリの組み合わせ。醤油やワサビとの相性も良く、美味しいマリアージュが楽しめます。

おススメアイテムはこちら▼

単一畑から生み出される稀少キュヴェ「グラン・クリュ・コレクション」

リースリング・グラン・クリュ・ガイスベルグ

アルザスワインの頂点に輝いた実績を誇る、深みのある銘品。


リースリング・グラン・クリュ・ガイスベルグ

トリンバック
4.3 (4)
ライトボディ
2
フルボディ

2016

9,350

(税抜価格8,500円)

  • JS 93
  • V 93
リースリング・グラン・クリュ・シュロスベルグ

10年以上もの熟成ポテンシャルを持つ繊細なスタイルの稀少キュヴェ。


リースリング・グラン・クリュ・シュロスベルグ

トリンバック
4.0 (1)
ライトボディ
2
フルボディ

2017

9,350

(税抜価格8,500円)

  • V 92+
  • WE 97

優れた区画の優良年のみに生産される逸品「レゼルヴ・ペルソネル」

リースリング・キュヴェ・フレデリック・エミール

アルザス産リースリングの指標とも言うべきキュヴェ。2つのグラン・クリュから良年にのみ造られる自信作。


リースリング・キュヴェ・フレデリック・エミール

トリンバック
4.4 (14)

2012

9,130

(税抜価格8,300円)

  • JS 94
  • V 92
  • WA 93+
  • WE 95
  • WS 93
リースリング・キュヴェ・フレデリック・エミール・セレクション・グラン・ノーブル

選び抜かれた粒のみを使用して醸す、極上の甘口ワイン。


リースリング・キュヴェ・フレデリック・エミール・セレクション・グラン・ノーブル

トリンバック

2000

48,400

(税抜価格44,000円)

  • V 96
  • WA 94
  • WS 95
リースリング・キュヴェ・フレデリック・エミール・ヴァンダンジュ・タルディヴ

凝縮した果実味と甘味を備えた高貴な遅摘みキュヴェ。


リースリング・キュヴェ・フレデリック・エミール・ヴァンダンジュ・タルディヴ

トリンバック

2000

23,100

(税抜価格21,000円)

  • V 93
  • WA 92
  • WS 96

厳選したブドウを使用した、ワンランク上のシリーズ「レゼルヴ」

リースリング・レゼルヴ

上質な完熟ブドウを使用して造られる、ワンランク上のリースリング。


リースリング・レゼルヴ

トリンバック
4.2 (24)
ライトボディ
2
フルボディ

2019

3,630

(税抜価格3,300円)

  • JS 94
ピノ・グリ・レゼルヴ

適度なボリューム感とフレッシュさを兼備。幅広い料理に合う万能さが魅力。


ピノ・グリ・レゼルヴ

トリンバック
3.9 (18)
ライトボディ
2
フルボディ

2017

3,520

(税抜価格3,200円)

  • JS 93

トリンバックを知るなら、こちらがおススメ「グラン・クラシック」

ゲヴェルツトラミネール

豊かで多彩なアロマと、力強く複雑なブーケを持つワイン。


ゲヴェルツトラミネール

トリンバック
4.2 (35)
ライトボディ
5
フルボディ

2017

3,300

(税抜価格3,000円)

  • JS 91
  • V 91
シルヴァネール

レモンのようなフレッシュさが魅力の軽やかなスタイル。


シルヴァネール

トリンバック
4.0 (2)
ライトボディ
3
フルボディ

2019

2,530

(税抜価格2,300円)

商品一覧

26 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.