トリンバック
TRIMBACH

お気に入り追加

フランス
  • フランス
  • アルザス
フランス
  • フランス
トリンバック / TRIMBACH ワインボトル

世界トップクラスのリースリングマスターを擁する、アルザスの名門


1626年に創業し、4世紀13代にわたって歴史と伝統を家族経営で育んできた、アルザスきっての名門ワイナリー、トリンバック。2006年にデキャンタにて「世界のTOP10白ワインメーカー」の一人に選出されたピエール氏を擁するトリンバックは、銘品としてその名を馳せるクロ・サンテューヌをはじめ、数々の優れたワインを生み出し、世界中のワインラヴァーを魅了しています。


薬味をたっぷり効かせた和食とのマリアージュをご紹介!
目次

世界トップクラスのリースリングマスターを擁するワイナリー

トリンバック家のワイン造りの歴史は1626年に遡ります。現在に至るまで13世代ものワインメーカーたちが最上のアルザスワインを完成させるべく努力を重ね、確固たる信頼を築き上げました。1898年には、8代目フレデリック・エミール氏の造ったワインがブリュッセルで行われた国際ワインコンクールで最高位の賞を獲得。トリンバックは一躍国際的に脚光を浴びることになりました。


ワイナリーは現在、12代目のピエール・トリンバック氏とジャン・トリンバック氏、そして13世代目にあたるピエール氏とジャン氏の4人の子供たちにより運営されています。彼らの情熱に支えられて、トリンバック家の伝統や妥協なきスタイルはしっかりと守られ、2021年にはワイン&スピリッツ「TOP100ワイナリー」に見事選出。揺るぎないノウハウは現在でも引き継がれているのです。

ピエール・トリンバック氏
ピエール・トリンバック氏

中でも1979年からワインメーカー兼テクニカルディレクターを務める12代目ピエール氏はアルザスで“purist”と呼ばれる程、純度の高さを徹底して求めるワインメイキングを行っており、バランスやピュアさ、一貫性、ミネラル感を大切にすることでテロワールの表現を可能にしています。


そんな彼は、ドメーヌ・ルフレーヴの故アンヌ・クロード・ルフレーヴ氏やコント・ラフォンのドミニク・ラフォン氏、エゴン・ミュラー氏など名だたる生産者とともに、2006年にデキャンタにて「世界のTOP10白ワインメーカー」の一人に選出。


2016年にはフランスのワインガイド誌マグナムにて「10人のリースリングマスター」の一人に選出されたほか、フランスのワイン評価誌ベタンヌ+ドゥソーヴ2017にてパーソナリティ・オブ・ザ・イヤーを獲得しています。


このように輝かしい功績を残すピエール氏を擁するトリンバックでは最上のアルザスワインを完成させるべく、日々ワイン造りに精力を注いでいます。世界中からアルザスワインの模範的存在として認められる、彼らのワイン造りにおける情熱は、他の追随を許しません。

トリンバックの真髄である200年以上所有する畑

トリンバックが居を構えるリボヴィレ村はヴォージュ山脈で囲われ、雨風から守られ、豊富な日照量に恵まれています。土壌は石灰岩、砂岩、泥土、粘土などを含んだ複雑な地質。素晴らしい自然の恩恵の元でブドウは成長し、ワインには豊かなアロマが備わります。


トリンバックはグラン・クリュの保有面積の高さでも知られており、アルザスにおけるグラン・クリュが全体のわずか4%しかない中、トリンバックでは60haの所有畑のうち30%をグラン・クリュが占めています。中でもトリンバックの輝かしい功績を支える畑の1つがクロ・サンテューヌ。トリンバック家が200年以上前から所有する1.67haの極小の畑で、樹齢60年以上に達するリースリングが高密植で育てられています。

そんな貴重なブドウのみを使用して造られるクロ・サンテューヌは、長期の熟成ポテンシャルを備えており、トリンバックのトップ・キュヴェに位置づけられています。 平均して年間僅か7,000本しか造られておらず、大変稀少です。世界的に著名なワイン評論家のヒュー・ジョンソン氏も、「アルザスで最も偉大なリースリング」と称賛しています。

また、1989年に世界最優秀ソムリエに選ばれたセルジュ・デュブス氏も絶賛の声を寄せており、「ワイン愛好家が味わうことを夢見るリースリングがあるとすれば、それがクロ・サンテューヌだ。上品で洗練されており、トリンバックの真髄はこの豊かなミネラル感にある。」と語るなど、世界中のリースリング愛好家にとって垂涎の的となっているのです。

伝統を重視しながらも最新技術を採り入れたワインメイキング

トリンバックでは丁寧な剪定やブドウ樹を健全に保つための革新的な技術を採用し、定期的な土壌耕作など、自然を守ることを第一に考えた栽培方法を導入しています。剪定や樹齢により適度な分量になったブドウを収穫し、醸造前にさらに厳選。ブドウへのこだわりは、トリンバックが信頼を寄せる栽培農家においてもしっかりと追求されています。


醸造と熟成過程において特に大切にしているのは、品種ごとの特徴をしっかり引き出すことと、テロワールの個性を余すことなくワインで表現すること。収穫したブドウは穏やかに圧搾し、果汁はグラヴィティシステムにより優しく醸造所へ運ばれます。運ばれた果汁はステンレスタンクと古樽で発酵。伝統を重視しながらも最新技術を採り入れたバランスの良いワインメイキングが行われています。


トリンバックではブドウ本来のフレッシュな酸を保つため、ピノ・ノワール以外は一切マロラクティック発酵を行いません。また、果実味を損なわないよう、全てのワインは収穫の翌年の春から夏にかけて瓶詰めし、一定期間の瓶内熟成を経てからリリースされます。一部ワインに関しては、7年間という長期間の瓶内熟成も。トリンバックのワインで軒並み高い品質や完璧なバランスが保たれている理由の1つに、こうした「時間の経過」があるのです。

ソムリエが厚い信頼を寄せるガストロノミックなワイン

トリンバックのワインは、「食事とともに楽しめるワイン」を造るというポリシーから、果実味、酸味、ミネラル感が見事なバランスに整えられています。特にその品質はエントリーレンジのワインほどコストパフォーマンスが高いとも言われ、ソムリエから絶大な支持を獲得。それを裏付けるように、フランスの星付きレストランの多くにトリンバックのワインが採用されています。


また、トリンバックのワインは和食とも相性抜群。ピュアな果実味と優れたフィネスが特徴のトリンバックのワインは、鮨や刺身、魚の塩焼き、天ぷらなどと組み合わせることで、その真価を発揮してくれます。

おススメの商品

2つのグラン・クリュのブドウで良年にのみ造られる人気キュヴェ

瓶詰め後、約5~7年の熟成を経てからリリースされる、アルザス産リースリングの指標とも言うべきキュヴェ。


リースリング・キュヴェ・フレデリック・エミール

トリンバック
4.3 (24件)
ライトボディ
4
フルボディ

本数限定

2015

10,450

(税抜価格9,500円)

  • JS 95
  • V 95+
  • WA 95+

トリンバックのエッセンスを堪能できる入門キュヴェ

しっかりとした酸とミネラル感が魅力の、華やかなリースリング。


リースリング・レゼルヴ

トリンバック
4.3 (36件)
ライトボディ
2
フルボディ

2021

4,180

(税抜価格3,800円)

ワイナリーの全銘柄

商品一覧

32 件

おすすめ順

関連リンク


お買い得情報

公式SNS・APP

最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

line お友達登録

お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

公式アプリ

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。