<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
よりどり5本11,000円 2022年5月③
リースリング・キュヴェ・フレデリック・エミール-0
リースリング・キュヴェ・フレデリック・エミール-1

リースリング・キュヴェ・フレデリック・エミール RIESLING CUVEE FREDERIC EMILE

750ml

2013年

星付きレストランに支持されるアルザスの名門が良年にのみ造る自信作。特級畑のブドウのみを使用し熟成を経てからリリースを迎える、卓越した品質を誇るキュヴェ。

9,680

(税抜価格8,800円)

88pt

進呈

4.4

(16)

1626年に創業し、4世紀13代に渡って歴史と伝統を育んできた、アルザスきっての名門。こちらは、ガイスベルクとオステルベルグという2つのグラン・クリュから造られるキュヴェ。8代目フレデリック・エミール氏に敬意を表し、その名を名乗るのにふさわしい品質のブドウが収穫できた良年にのみ造られます。美しい酸とミネラル感の強い個性が特徴。過去にはノーベル平和賞の祝いの席で振る舞われたこともある、世界的に広く知られている逸品です。

5

フレデリック・エミールは凄いよ

セザンヌ「サント=ヴィクトワール山」

商品情報

カテゴリ

タイプ

容量

750ml

原産地呼称

AOC. ALSACE

ボディ

4

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

上品な果実味と伸びやかな酸を備えたエレガントな白ワイン

  • コク

  • 果実味

  • 酸味



在庫一覧

  • 2013

    9,680

    (税抜価格8,800円)

    • JS 95
    • V 93+
    • WA 92+

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2013年のフランス・アルザス地方は、稀に見る様々な変化に富んだヴィンテージでした。天候が不順で春の訪れが遅かったため、ブドウも未熟で通常よりも少ない収穫量。しかし、夏は例外的に高温だったためブドウは完璧に熟成。収穫期のブドウはしっかりと熟していて、凝縮感がありピュアでバランスのとれた、アルザスらしいクラシカルな素晴らしいヴィンテージとなりました。

    トリンバックの畑において2013年は、一部に貴腐ブドウが見られたとのこと。それにより凝縮度が増した一方で口当たりは柔らかく、次回リリースされる2014年に比べ、若くして愉しめるスタイルに仕上がっています。

    味わい

    黄金がかった濃いめのイエローの色合い。マイヤーレモンやリンゴ蜜、アプリコットのアロマに、ハチミツやジンジャーといった熟成由来のニュアンスが複雑に重なっています。円みのある滑らかな舌触りにをシャープな酸が印象的なアタック。熟した果実の凝縮した風味が塩気の備わった酸に引き締められて、深みのあるミディアムボディが形成されています。滑らかでリッチなボディに熟成したリースリング由来のマーマレードのニュアンスを帯びた余韻が繋がっていく、リースリングのポテンシャルを存分にご堪能いただける1本です。

    コルク

商品の紹介

リースリング・キュヴェ・フレデリック・エミール
背景

リースリング・キュヴェ・フレデリック・エミール

RIESLING CUVEE FREDERIC EMILE

トリンバック

フランス
  • フランス
  • アルザス

世界トップクラスのリースリングマスターを擁するワイナリー

トリンバック家のワイン造りの歴史は1626年に遡ります。現在に至るまで13世代ものワインメーカーたちが最高級のアルザスワインを完成させるべく努力を重ね、確固たる信頼を築き上げました。1898年には、8代目フレデリック・エミール氏の造ったワインがブリュッセルで行われた国際ワインコンクールで最高位の賞を獲得。トリンバックは一躍国際的に脚光を浴びることになりました。


ワイナリーは現在、ユベール・トリンバック氏と彼の2人の甥ピエール氏とジャン氏、そして13世代目にあたるピエール氏の娘アン女史の4人で運営されています。彼ら4人の情熱に支えられて、トリンバック家の伝統や妥協なきスタイルはしっかりと守られ、2021年にはワイン&スピリッツ誌TOP100ワイナリーに見事選出。揺るぎないノウハウは現在でも引き継がれているのです。

ピエール・トリンバック氏(ワインメーカー兼テクニカルディレクター)

中でも1979年からワインメーカー兼テクニカルディレクターを務める12代目ピエール氏はアルザスで“purist”と呼ばれる程、純度の高さを徹底して求めるワインメイキングを行っており、バランスやピュアさ、一貫性、ミネラルを大切にすることでテロワールの表現を可能にしています。


そんな彼は、ドメーヌ・ルフレーヴの故アンヌ・クロード・ルフレーヴ女史やコント・ラフォンのドミニク・ラフォン氏、エゴン・ミュラー氏など名だたる生産者とともに、2006年にデキャンタ誌にて「世界のTOP10白ワインメーカー」の一人に選出。


2016年にはEn Magnum誌にて「10人のリースリングマスター」の一人に選出されたほか、フランスの権威あるワインガイド『guide des vins 2017 bettane + desseauve』にてパーソナリティ・オブ・ザ・イヤーを獲得しています。


このように輝かしい功績を収めるピエール氏を擁するトリンバックでは、これまでにない最高級のアルザスワインを完成させるべく、日々ワイン造りに精力を注いでいます。世界中からアルザスワインの模範的存在として認められ、彼らのワイン造り技術は、他の追随を許しません。

伝統を重視しながらも最新技術を採り入れたワインメイキング

トリンバックでは丁寧な剪定やブドウ樹を健全に保つための革新的な技術を採用し、定期的な土壌耕作など、自然を守ることを第一に考えた栽培方法を導入しています。収穫は適度な分量のみ行い、醸造前にはさらにブドウを厳選。ワイン造りのこだわりは、トリンバックと信頼関係にある栽培農家にもしっかりと追及されます。


醸造と熟成過程において特に大切にしているのは、品種ごとの特徴をしっかり引き出すことと、テロワールの個性を余すことなくワインで表現すること。これらに常に気を配りながらワインは造られます。手摘みで収穫したブドウは穏やかに圧搾。抽出された果汁は、グラヴィティシステムにより優しく醸造所へ運ばれます。醸造にはステンレスタンクと古樽を併用。伝統を重視しながらも最新技術を採り入れたバランスの良いワインメイキングが行われています。


トリンバックではブドウ本来のフレッシュな酸を保つため、一切マロラクティック発酵を行いません。また、果実味を損なわないよう、全てのワインは収穫の翌年の春に瓶詰めし、一定期間の瓶内熟成を経てからリリースされます。一部のワインに関しては、5~7年間という長期間の瓶内熟成も。トリンバックのワインで軒並み高品質や完璧なバランスが保たれている理由の1つに、こうした「時間の経過」があるのです。

特級畑で良年にのみ造る、アルザス産リースリングの代表的な1本

こちらはガイスベルクとオステルベルグという2つの特級畑から造られる、アルザス産リースリングの指標とも言うべきキュヴェ。1898年、ブリュッセルで行われた国際品評会にワインを出品し、最高位の賞を獲得したフレデリック・エミール氏に敬意を表し、その名を名乗るのにふさわしい品質のブドウが収穫できた良年にのみ、平均して約3000ケース程度造られています。


 畑は風通しが良い標高250~350mの南東向き。収穫はブドウが完璧に成熟するまで控え、できるだけ遅い時期に手摘みで行われます。平均樹齢は約45年。 粘土石灰質土壌で育ったブドウは、ワインに美しい酸、ミネラル感の強い個性と、傑出した長期熟成能力を与え、トリンバック家の哲学を見事に表現します。 温度管理されたステンレスタンクで発酵後はマロラクティック発酵は行わず、フレッシュさを維持するために翌春に瓶詰。最低3~5年の熟成を経てリリースされます。 


2005年にはアメリカ3大ワイン誌の一つ、ワイン・エンスージアスト誌が選ぶ『年間トップ100ワイン』にてフレデリック・エミールの2000年ヴィンテージが1位獲得という快挙を達成。また2004年ヴィンテージは、2009年に行われたノーベル平和賞のディナーで振る舞われ、祝いの席に華を添えました。


そんなフレデリック・エミールは、黄金がかった濃いめのイエローの色合いが特徴。マイヤーレモンやリンゴ蜜、アプリコットのアロマに、ハチミツやジンジャーといった熟成由来のニュアンスが複雑に重なっています。円みのある滑らかな舌触りにをシャープな酸が印象的なアタック。熟した果実の凝縮した風味が塩気の備わった酸に引き締められて、深みのあるミディアムボディが形成されています。


滑らかでリッチなボディに熟成したリースリング由来のマーマレードのニュアンスを帯びた余韻が繋がっていく、リースリングのポテンシャルを存分にご堪能いただける1本です。



クチコミ

全て見る

4.4

16 件のクチコミ

  • 2011年

    濃厚なリースリング

    0人の役に立ちました

    2022.03.13

  • 2011年

    経験値に関係なくオススメ

    0人の役に立ちました

    2022.01.23

  • 2012年

    これは濃厚でうまい

    0人の役に立ちました

    2021.11.06

  • 2012年

    次元が。。

    0人の役に立ちました

    2021.10.31


スタッフレビュー

全て見る
  • セザンヌ「サント=ヴィクトワール山」

    このワインはアルザスにおけるリースリングの記念碑的な1本。 鉱物のような硬質なニュアンスがありながら、溶け込んだ酸が心地よく口腔内に広がり、複雑な余韻となっていつまでも舌に残る味わいです。 時間を経ることでグラスの中でめくるめく変化し続ける複雑性とスケール感から得られるインスピレーションは、19世紀フランス画家のセザンヌが生涯描き続けた名画の、雄大で情緒豊かな風景を思わせてくれます。 強靭なミネラルとポテンシャルが生み出す熟成リースリングを是非お試しください。

    レビュー全文を見る
    • 瞑想ワイン
    • ゆっくり楽しみたい
    • ミネラル

    2022.04.28

  • 熟成リースリングの魅せる味わいに浸ってみませんか?

    こちらのリースリングは優良年のみ造られるワインで、アルザスのリースリングの魅力を存分にお楽しみいただけます。 リースリング特有のスッキリした味わいに、アプリコットやカシューナッツなどのナッツ系の熟成感がうまく混ざり合っており、飲んでいて、「あぁ、これはすごい。。」と思わず言ってしまう味わいでした。まだ熟成リースリングを飲んだことない方にもぜひ飲んでいただきたいワインです!

    レビュー全文を見る
    • 飲み飽きしない
    • ゆっくり楽しみたい
    • ワインだけでも楽しめる

    2022.02.24

  • “華やかさ”と“熟成”の黄金郷

    ブドウ品質良年にしか出会えないからこそ、ここで出会えたのは運命。そう思えるほどに感動をありがとう。 まず、グラスに注ぐと華やかな香りが辺りを包み込む。グレープフルーツや白桃、アプリコットのような香り、さらに白い花やハチミツ、ミネラルなど…豪華絢爛なアロマに心は躍る。 抑えきれず一口。瞬間、舌先から喉奥まで「美味しい」と感じる。 熟成したリースリングでしか成し得ない深みやとろみ。濃厚な果実味と美しい酸味とのバランス。 全てにおいてトリンバックの本気を感じる。 この黄金のラベルは、飲む者に永遠の愉悦を与えてくださるだろう。

    レビュー全文を見る
    • ゴージャス系
    • 王道フレンチと
    • ゆっくり楽しみたい

    2022.02.23

  • ゆっくり楽しみたい上品なリースリング!

    可憐な花のアロマにきれいな酸と溢れるミネラルが開けたてから広がります。その中にお花の蜜のような果実感があり、時間が経つにつれそれぞれが調和し見事なバランスとなる印象です。フルッタ・エ・グラッパ・ディ・モスカートというグラッパで漬けたドライフルーツとハードチーズと共に頂くと、その果実感とチーズのコク、ワインの酸が非常に絶妙であと引く美味しさです。時間をかけてゆっくり楽しみたい時の白ワインに、是非おすすめでございます。

    レビュー全文を見る
    • 後引く美味しさ
    • ゆっくり楽しみたい
    • 酸がたまらない

    2022.02.14

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.