2017年9月 よりどり6本1万円

プレスティージュ=威信の名の通り、それぞれのシャンパーニュメゾンが自信の名に掛けて、最高のブドウに技術の粋を込めて造り上げる、プレスティージュ・キュヴェ。
多くのメゾンにとってプレスティージュ・キュヴェを造ることは、伝統やスタイルを追求するための挑戦であり、利益を度外視した法外な手間と時間を掛け生み出されています。

今年も名だたるメゾンのプレスティージュ・キュヴェが揃いました。今回は、代表的な7メゾンの7本を厳選してご紹介します。最高を求める人にだけが手に出来る究極のシャンパーニュをぜひご堪能ください。

ポール・デテュンヌは、1890年より家族経営を続けてきたレコルタンマニュピュランのシャンパーニュ・メゾン。所有する僅か7haの畑はすべて「特級=グラン・クリュ」に格付けされているアンボネイ村にあり、造るシャンパーニュはすべてグラン・クリュという非常に贅沢な造り手です。栽培はリュット・レゾネ(減農薬法)で、化学肥料、殺虫剤は一切使用していません。生産されるブドウのうち20%は今でもヴーヴ・クリコに売却され、最高キュヴェの「ラ・グランダム」の原料になっているということからも、ポール・デテュンヌのブドウの質がいかに高いかということがよくわかります。

キュヴェ・ア・ランシエンヌ は彼らのスペシャル・キュヴェ。最上の区画の平均樹齢35~40年のブドウのみを使用し、シャンパーニュ伝統の205リットルの小樽で発酵。瓶詰め後3年は澱とともに熟成し、澱引き後、さらに4年という長期間の熟成を経て出荷されます。コルクは金具ではなく、麻ひもで留められており、昔ながらの手法で打栓しています。
色合いは深い黄金色。ピノ・ノワールの力強さと豊かさ、シャルドネに由来する繊細さがきれいに溶け合っており、豊かな風味と官能的なアロマは、まさにポール・デテュンヌの集大成的作品と言えるでしょう。

1811年エペルネに創設された老舗メゾン、ペリエ・ジュエ。ピエール・ニコラ・マリー・ペリエと、その妻アデル・ジュエによって、丁寧につくられた芸術的なシャンパーニュは、たちまち評判になり創業当時よりヴィクトリア女王、ナポレオン三世といった各国の王族や、グレース・ケリーをはじめとする世界中のセレブリティたちに愛されてきました。実に200年に渡る華々しい歴史をいまに受け継いでいます。

その名の通り、美しき優雅な時代、アールヌーヴォーを代表するアーティスト、エミール・ガレ氏が手掛けて白いアネモネをあしらった美しいボトルがあまりにも有名な、このベル・エポック。気品と爽やかさをもたらすクラマンとアヴィーズのシャルドネ、芳醇さと複雑さもたらすモンターニュ・ド・ランスのピノ・ノワール、そして全体を滑らかに纏め上げるディジーのピノ・ムニエという、3つのブドウをバランスよくブレンド。ワインは6年間もの瓶内熟成を経て、少量のドサージュを行い打栓されます。
洋ナシ、桃の香りに、かすかなミネラル感のある木蓮やベルガモットのニュアンス。心地よく澄み切ったクリアな印象の飲み口に、ほのかにア―モンドのようにまろやかな後味が広がります。3つの品種の中でもペリエ・ジュエが得意と定評があるのがシャルドネ。リリースされたばかりの2007年も冷涼な夏が綺麗な酸を育んだシャルドネの年。「カットされたダイヤモンドのように輝くスタイル」と形容される、ペリエ・ジュエらしい優美さがより一層強調されています。

2006年に日本上陸を果たすまで、「幻のシャンパーニュ」 というべき存在だった、アンリ・ジロー。その顧客は、英国やモナコの王室などヨーロッパの上流階級のみでという、日本のみならず世界的にも知る人ぞ知るメゾンでした。メゾンの歴史が始まった17世紀から、ピノ・ノワールの名産地と名高いアイ村の絶好の立地に畑を構え、周囲のメゾンが羨むような上質なピノ・ノワールを生み出し続けてきました。

アンリ・ジローのプレスティージュは「フュ・ド・シェーヌ=木樽」にこだわった異色のシャンパーニュ。瓶内2次発酵の前の熟成に用いられる木樽について、アイ村では19世紀の終わりころまでアルゴンヌ産の木樽は、繊細なシャンパーニュを優美に育て上げるとして重用されていました。一時途絶えていたその伝統を現在に蘇らせたのが現当主のクロード・ジロー氏なのです。14つの畑の計30区画から厳選される、多様性をもったピノ・ノワールとシャルドネをブレンドしアルゴンヌ産の木樽で熟成後、6年間瓶内熟成し完成します。クリーミーな質感と香ばしいトーストのようなアロマ、柑橘類とスパイスが混じりあった深い味わいが楽しめる、リッチでパワフルな印象のシャンパーニュです。

1776年に設立された老舗シャンパーニュメゾン、ルイ・ロデレール。大規模なブランドが華々しいヴィジュアルの広告を掲げる中で、ルイ・ロデレールは派手なコマーシャルを好まず、あくまでも静かに品質を磨くことだけに専念しているため、「誰もが名を知るシャンパン」ではありませんが本物を愛する真のワイン好きに選ばれるメゾンであり続けてきました。そのことを証明するように2013年フランスのワイン雑誌においてシャンパーニュメゾン・トップ50のうち、ボランジェ、ドン・ペリニヨン、クリュッグ、サロンなど数々の有名メゾンを押さえ、第1位に輝きました。その評価の理由は自然派の栽培を実践し、工業製品のような造りでは無いこと。「手仕事の芸術品」と謳われる彼らのスタイルがフランスの愛好家たちに支持された結果でした。

ルイ・ロデレールの最上級キュヴェがクリスタル。ゴールドのラベルとクリアなボトルで、ステータスシンボルとしてあまりにも有名なシャンパーニュです。生産されるのは良年のみ、自社所有のグラン・クリュ畑のブドウから最高品質のブドウのみを厳選し、瓶詰め後、平均5年に及ぶ長期熟成を経てリリースされています。最新ヴィンテージ2007年は、春から夏まで冷涼な気候で造り手たちは忍耐を強いられましたが、そのおかげで美しい酸を備えたシャルドネが実り、シャープで引き締まった魅力が存分に発揮されたとてもエレガントなスタイルとなっています。赤系果実の華やかな香りや、焼きたてのペイストリーやタルト・タタンなどのニュアンス。口に含むと熟した果実の凝縮感が感じられ、 シルクのような質感が長く続きます。クリスタルは、個性が強いプレスティージュ・キュヴェの中でも、果実の美味しさを率直に表現していると高い評価を受けていますが、それはブドウの質に圧倒的な自信があるからこそ。徹底的に品質を追求するルイ・ロデレールのポリシーの賜物と言える1本です。

ともにメドック格付第1級のシャトー・ムートン・ロスチャイルドとシャトー・ラフィット・ロスチャイルドを保有し、ワイン界、金融界で栄華を極める、ロスチャイルド一族。一家のこれまでの功績と精神的価値を代表するシンボルとして、世界でも最も名声の高いワインの一つであるシャンパーニュを造ろうと考案され誕生したのがシャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルドです。使用するのはグラン・クリュ、プルミエ・クリュの中でも選りすぐった畑のブドウのみ。 フレッシュさ、純粋さ、フィネスを信条とするため、全キュヴェ、ドサージュ(補糖)は控えめで、実際に味わってみると、果実の純粋さをしっかり味わえ、爽やかな後味に魅了されます。日本では人気ワイン漫画「神の雫」に登場したり、市川海老蔵氏の結婚披露宴でも振舞われ話題となりました。

そして今年、シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルドから初のプレスティージュ・キュヴェが誕生しました。コート・デ・ブランの名だたるグラン・クリュから選び抜いたシャルドネを100%使用し、7年もの長期に渡って静かに熟成されました。熟したフルーツのアロマに、アーモンドやブリオッシュの香り。口に含むと鮮やかなミネラル感と共に、雑味のない鮮烈な味わいが口中に広がり、完璧を追求した、深遠ともいえる余韻と限りなく球体に近い素晴らしいバランスに圧倒されます。2006年の総生産量はたった7,000本。メゾンの新作ということに加え、プレスティージュ・キュヴェとして、1981年のルイーズ・ポメリー以来34年ぶりという、シャンパーニュ史においても歴史的な1本となりました。今年一番の話題作は、ぜひワイン会やワイン通の方へのギフトにもご活用ください。

シャンパーニュの祖であるドン・ピエール・ペリニヨンが、17世紀にオーヴィレールの地で「最高のワインを造る」という野望を抱いてから3世紀。今も彼の先見の明と想像力を受け継ぎ、ドン・ペリニョンは造られています。そして彼らが達した新境地が、"ヴィンテージ・クリエーター"たる立場。それはシャンパーニュ造りにおいてヴィンテージ毎の特徴を読み解き表現すること、そして熟成による新しい価値を見出し続けることを意味しています。

ヴィンテージ・クリエーターたる概念を表した新作が、このP2。プレニチュードと呼ばれる、熟成のピーク。これを迎える時、ワインはひと際力強さを発揮するといいます。ドン・ペリニヨンは1本のボトルが3度のプレニチュードを迎えると言われますが、こちらのP2-1998は、16年もの時間を経て2度目のプレニチュードに達したもの。柑橘系の果実香にミネラル、ヨードとスパイスのアロマが感じられる、ふくよかな香り。口に含むと、鮮烈でパワフルな果実味と深いコクが溢れ出し、クリーミーでありながら、噛みしめることができるような力強い味わい。アッサンブラージュによるすべての要素が共鳴し合い、精度を高めながら、力強さと奥行き、広がりのポテンシャルを余すことなく発揮しています。
ワインスペクテーター誌98点という高得点を獲得、シャンパーニュの新境地たる逸品をぜひお試しください。

ウジェーヌ・エメ・サロンという一介のシャンパーニュ愛飲家が造り上げた唯一無二のシャンパーニュ。 複数のクリュやセパージュを組み合わせるのが王道のシャンパーニュにおいて、グラン・クリュの単一畑のシャルドネのみを用いた、生粋のブラン・ド・ブランです。このシャンパーニュは1911年の誕生後、パリきっての社交場として知られたマキシムで振る舞われ、当時の富裕層の心をたちまち掴んでしまいました。すべての条件が揃った類い稀なる年にしか生産されないため、これまで販売されたのは100年間37回のみ。その稀少性と精緻を極めたスタイルにより、シャンパーニュ通の羨望の的であり続けています。

サロンを生み出すのは、メニル・シュール・オジェの中でも東向きの斜面に位置する随一のテロワール。チョーク層の岩盤の地層による豊富なミネラルと比類なきフレーヴァーを備えたシャルドネの一番搾り果汁のみ使用。その個性を純粋に表現するため恣意的にマロラクティック発酵は行わず、100%ステンレスタンクにて発酵し、そして瓶内熟成に最低10年の歳月を費やします
若いうちは清らかな果実のエッセンスが凝縮された、透明感溢れる繊細な印象。熟成により、厚みが増し、円熟した味わいに変化します。いずれのタイミングでも、上質なお食事とじっくりと愉しみたいガストロノミーなスタイルです。
そして今手に入るのは、シャンパーニュのビッグヴィンテージ2002年。収穫時期、夜の気温がぐっと下がって10℃以下になったため、酸が強めの仕上がり。現社長ディディエ・ドゥポン氏は、「収量は少ないものの品質がいい。50年は熟成する、サロンの中でも指折りの長命なヴィンテージ」と絶賛。1982年以来という実に30年ぶりの優良年、なかなかこれほどのヴィンテージにはめぐり会えません。手に入る今のうちに、ご購入されることをおすすめいたします。





並べ替え:
在庫:
[4.6]
LOUIS ROEDERER CRISTAL [BOX]
ルイ・ロデレール
タイプ:スパークリングワイン サイズ: 750ml ~
生産地: > フランス > シャンパーニュ
32,000 円 ~
2009年 32,000円
2007年 32,000円

15 件中 1~15 件を表示

関連リンク

全てのカテゴリー
↑PAGETOP
お届けについて

●毎日出荷、即日出荷可能!

完全温度・湿度管理のワイン専用倉庫から、毎日出荷しています。 午前9:00までのご注文に限り、即日出荷可能!

お届け日数はこちら

●配送料金

配送料600円 (648円 税込)
クール代200円 (216円 税込)
代引き手数料300円 (324円 税込)
税抜き10,000円以上お買い上げの方は送料無料

お支払い方法について

●クレジットカード払い

ご利用頂けるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERS CLUBとなります。
VISA/Master Card/JCB/American Express/Diners Club 楽天ペイ
ほか、代金引換、楽天ペイ、ECON、コンビニ後払い、銀行振り込みでのお支払いが可能です。

クラブエノテカVISAカードならとってもお得!
よくあるご質問

エノテカでのお買い物について、よくあるご質問とその答えをご用意しました。

よくあるご質問
お問い合わせ

0120-81-3634
[ 受付時間 10:00-18:00 ] (年中無休)

メールでのお問い合わせ