<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


ドン ペリニヨン DOM PERIGNON

フランス
  • フランス
  • シャンパーニュ
ドン ペリニヨン / DOM PERIGNON

「ヴィンテージのクリエーター」と言われるドン・ペリニヨン

シャンパーニュの父と称されるドン・ピエール・ペリニヨン氏の「最高のワインを造る」という志のもと誕生したメゾン、ドン ペリニヨン。創業当時、それまで誰も考えつくことがなかったピエール氏の類まれなる創造力と、大胆な発想によりもたらされたビジョンはフランス中を駆け巡り、ドン ペリニヨンのワインはルイ14世までも魅了する存在に。そして今日に至るまで、ピエール氏の思いは脈々と引き継がれています。


シャンパーニュ造りの礎を築いたドン ペリニヨンの歴史

世界で最も有名なシャンパーニュメゾンとして知られているドン ペリニヨン。その歴史は、1668年に修道士であるピエール・ペリニヨン氏が、シャンパーニュ地方中央部のマルヌ丘陵北側に位置する、ベネディクト派のオーヴィレール大修道院で醸造責任者に任命された事から始まります。


彼はフランス最北のワイン産地であるシャンパーニュにおいて、他の地域に負けないワイン造りを確立するという使命を持ってワイン造りに取り組み始め、瓶内二次発酵による発泡性のワイン、現在のシャンパーニュの原型を確立しました。


その他にも、アッサンブラージュの技術やガラス瓶、コルク栓の導入など、数々の革新をシャンパーニュにもたらします。そして彼は1715年に生涯を終えるまで、類まれなる洞察力とたゆまぬ努力によって、今日のシャンパーニュ製法の礎を築き、 「世界最高のワイン」を造るという大望を果たすため尽力し続けました。


そのワインの素晴らしさは高い評判を呼び、それを聞きつけた太陽王ルイ14世御用達のワイン商達によって、ヴェルサイユ宮殿へ献上されました。以来、3世紀に渡って、ドン・ペリニヨンは、僧侶の独創性を受け継ぎながら、最高のシャンパーニュの地位を守り続けています。


「世界最高のワインを造る」ために追求したヴィンテージへのこだわり

ドン・ペリニヨンがこれだけの歴史を紡ぐ中で最も大切にしてきたのは、ヴィンテージワインへの絶対的な献身。メゾンでは、単一年に収穫された、最高品質のブドウのみから造るという、ヴィンテージに対する強いこだわりを持っています。


メゾンでは毎年、独自のスタイルと各ヴィンテージの特徴とのバランスを追求。完璧且つユニークなヴィンテージシャンパーニュを目指し続けています。使われるブドウは、最上級のブドウ畑からのみ収穫。ワインにはピノ・ノワールとシャルドネの2つの品種をブレンドしています。


また、長期間の熟成もメゾンにとっては大切な要素。「ドン・ペリニヨンの複雑さはゆっくりとした熟成から生みだされる」というポリシーから、出荷される前に少なくとも8年間の熟成を経ています。さらにドン・ペリニヨンは3度の飲み頃を迎えると言われ、1度目はリリース直後、2度目がその倍、16年ほどたった頃。


そしてその飲み頃=プレニチュードを味わうために、リリースされたのが、ドン・ペリニヨン P2 ヴィンテージです。こちらのシャンパーニュでは、通常のヴィンテージ・キュヴェとはまた異なり、最高のヴィンテージを最高のタイミングで味わう、というドン・ペリニヨンの革新性から生まれた逸品です。


このように、ドン・ペリニヨンのシャンパーニュは、各収穫年の特徴を読み解き、ヴィンテージごとの新たなる価値を見出し造りだされたこだわりの1本。ヴィンテージ特有のスタイルと個性を備えた比類のないワインなのです。

商品一覧

6 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.