<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


オリヴィエ・ルフレーヴ OLIVIER LEFLAIVE

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
オリヴィエ・ルフレーヴ / OLIVIER LEFLAIVE

ピュリニー・モンラッシェ最高峰のドメーヌ兼ネゴシアン

デキャンター誌において「世界最高峰の白ワインの生産者」に選出されたドメーヌ・ルフレーヴより独立したオリヴィエ・ルフレーヴ。本拠地であるピュリニー・モンラッシェのみならず、手掛ける全てのアペラシオンにおいてヴィンテージに左右されない安定した高い品質を誇り、レストランや一流ホテルのワインのプロフェッショナル達から絶大な信頼を寄せられています。

最新ヴィンテージ6銘柄に加え、完売していた人気銘柄が新たに到着!


オリヴィエ・ルフレーヴが手掛ける6銘柄の最新ヴィンテージが到着し、完売していた人気銘柄も再入荷いたしました。中でもおすすめの銘柄をご紹介いたします。今回入荷した2018年は、緻密なボディや凝縮感のあるスタイルとなり、2019年は、ピュアな酸が魅力的なエレガント味わいに仕上がり、いずれもワイン評価誌のヴィンテージチャートで高評価を獲得した優良年となりました。この機会にぜひお愉しみください!
おすすめ銘柄を見る▽

ドメーヌ・ルフレーヴから技術と偉大な畑を継承した人気生産者

ブルゴーニュ白ワイン最高の造り手の1つとして君臨する、ピュリニー・モンラッシェの至宝、ドメーヌ・ルフレーヴ。ドメーヌの名声を築いた故ヴァンサン・ルフレーヴ氏の甥にあたるオリヴィエ氏は、1982年~1994年の12年間に渡り、叔父と従妹である故アンヌ・クロード・ルフレーヴ女史と共に、ドメーヌ・ルフレーヴを経営し、ドメーヌの一時代を築きあげた立役者です。

OLIVIER LEFLAIVE

ルフレーヴ家は、1500年代からブルゴーニュでワイン造りを始めた名門中の名門。ドメーヌ・ルフレーヴは、ヴァンサン氏の時代にすでに「世界最高峰のシャルドネ」の名声を欲しいままにしていましたが、アンヌ女史が跡を継ぎ、当時としては先鋭的なビオディナミを導入。


名声はさらに高まり、2006年にはイギリスのデキャンター誌で「世界で最も優秀な白ワイン生産者」に選ばれ、世界最高峰の白ワイン生産者として確固たる地位を築き上げました。このドメーヌ・ルフレーヴから独立したオリヴィエ氏が1984年、自らの名を冠してスタートさせたネゴシアンが「オリヴィエ・ルフレーヴ」です。

OLIVIER LEFLAIVE

オリヴィエ・ルフレーヴ立ち上げ時には、ドメーヌ・ルフレーヴのヴァンサン氏も醸造に参画。オリヴィエ氏は、ドメーヌ・ルフレーヴでの経験を生かし高品質のワインを次々とリリースし、瞬く間に人気生産者の仲間入りをしました。


彼らは徐々に自社畑を拡大していき、その広さは15haにまでなりましたが、さらに2010年にはドメーヌ・ルフレーヴより相続した2haの畑を正式に取得。それらは、故アンヌ女史により20年間に渡り徹底したビオディナミが実践されていたシュヴァリエ・モンラッシェ、バタール・モンラッシェといった「ブルゴーニュの宝石」と評される錚々たる畑ばかりです。

一流ホテルやレストランが指名買いする安定した品質

OLIVIER LEFLAIVE

オリヴィエ氏が「ネゴシアンは、出来上がったワインを買い付けている人。我々はネゴシアンではなく、ネゴフィカトゥールだ。」と主張するように、オリヴィエ・ルフレーヴは17haの自社所有畑で栽培するブドウ、もしくは、契約農家から購入したブドウを使ってワイン造りを行っています。


契約農家といっても、オリヴィエ・ルフレーヴのチームが栽培方法や収穫日まで細かく指定、そしてそのチームが全て手摘みでブドウを収穫しており、それらは「ドメーヌワイン」と言っても過言ではありません。偉大な自社畑の数々、そして契約農家の畑を統括しワインを醸造するのは、ムルソーの名門、ドメーヌ・ルーロ出身の醸造責任者、フランク・グリュ氏。オリヴィエ氏の右腕として、醸造だけでなくブドウの栽培から買い付けまでを担い、その品質の向上に大きな役割を果たしています。

OLIVIER LEFLAIVE

良いブドウを得るために畑での栽培から徹底管理し、さらに厳しい選別を課していることで、どのアペラシオン、どんなヴィンテージでも安定した品質を維持しているという点が、オリヴィエ・ルフレーヴの大きな魅力。そのワインは、安定した品質が厳しく求められる一流ホテルのオリジナルワインに採用されるなど、ワインのプロから「いつ飲んでも高いクオリティを保っている貴重な造り手」と称賛され、高い支持を集めているのです。

今回入荷の2018年、2019年ヴィンテージ

2018年

2018年のブルゴーニュは生産者の力量が大きく影響した年です。夏は例年より高温な日が続き、収穫期も温暖な気候でした。そのため、収穫のタイミングの判断を誤まると、アルコール度数が高くなりすぎたり、醸造においても例年以上に時間をかけて抽出を行うなど、より労力が必要となります。しかし、確かな醸造家たちの手によって、ふくよかなボディや豊かな果実味を持った、高いクオリティのワインに仕上がり、ワイン・エンスージアストのヴィンテージチャートで、コート・ド・ボーヌの白ワインは94点を獲得しました。

2019年

2019年のシャブリやコート・ド・ボーヌの白ワインは、ワイン・エンスージアストのヴィンテージチャートで95点を獲得した優良年。4月の霜害と初夏の暑さによる水不足により収穫量が大きく減少し、ブドウの生命力と栽培家の手腕が試された年となりました。しかし冷涼な夏と穏やかな収穫期を迎えたことで、収穫されたブドウはエレガントな酸と豊かな果実味の両方を兼ね備えた素晴らしい出来栄え。2018年のワインが緻密なボディや凝縮感のあるスタイルであるのに対して、2019年のワインはピュアな酸が魅力的な味わいに仕上がっています。

OLIVIER LEFLAIVE

おすすめアイテムはこちら▼

偉大なグラン・クリュ2銘柄

3つの村にまたがる石灰岩の多い土壌を有する特級畑。複雑なアロマと豊満な果実味に魅了される1本。


コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ

オリヴィエ・ルフレーヴ
ライトボディ
3
フルボディ

2019

24,200

(税抜価格22,000円)

「王の畑」と名付けられた特級畑。ナッツの香りやスモーキーな樽のニュアンスを帯びた筋肉質な味わい。


コルトン グラン・クリュ クロ・デュ・ロワ

オリヴィエ・ルフレーヴ

2018

16,500

(税抜価格15,000円)

おすすめムルソー4銘柄

ドメーヌ・ルフレーヴから受け継いだ貴重な畑の一つ。味わい全体を引き締めるミネラル感が魅力。


ムルソー プルミエ・クリュ スー・ル・ド・ダーヌ [ドメーヌ]

オリヴィエ・ルフレーヴ
4.7 (3)

2018

13,200

(税抜価格12,000円)

  • D 94

ミネラル豊富な僅か0.5haの一級畑が生む、華やかなアロマと緻密なスタイル際立つ1本。


ムルソー プルミエ・クリュ ポリュゾ [ドメーヌ]

オリヴィエ・ルフレーヴ

2018

12,100

(税抜価格11,000円)

  • WA 93

ムルソー最良の一級畑のひとつ。しなやかな骨格と濃厚な果実味溢れるふくよかな味わい。


ムルソー プルミエ・クリュ シャルム

オリヴィエ・ルフレーヴ
4.7 (6)
ライトボディ
3
フルボディ

2018

12,100

(税抜価格11,000円)

  • D 94

ムルソーの個性を華麗に表現した、コクとフレッシュさのバランス感に優れた1本。


ムルソー

オリヴィエ・ルフレーヴ
4.4 (13)
ライトボディ
3
フルボディ

2018

7,700

(税抜価格7,000円)

定番人気キュヴェ、おすすめ3銘柄

ピュリニー・モンラッシェ村の畑のブドウのみを使って仕立てる贅沢な1本。フレッシュな果実の旨みが魅力。


ブルゴーニュ オンクル・ヴァンサン

オリヴィエ・ルフレーヴ
4.5 (34)
ライトボディ
3
フルボディ

2019

5,500

(税抜価格5,000円)

ピュリニー・モンラッシェとムルソーのブドウを用いた贅沢な白。リッチな味わいのお値打ちキュヴェ。


NEW

ブルゴーニュ レ・セティーユ

オリヴィエ・ルフレーヴ
4.3 (69)
ライトボディ
3
フルボディ

2019

3,300

(税抜価格3,000円)

フレッシュな果実味と柔らかな酸が愉しめる、正統派ブルゴーニュ・ルージュ。


ブルゴーニュ・ピノ・ノワール

オリヴィエ・ルフレーヴ
4.1 (27)
ライトボディ
2
フルボディ

2019

3,520

(税抜価格3,200円)

商品一覧

29 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.