ジャンテ・パンショ
GEANTET PANSIOT

お気に入り追加

フランス

フランス ブルゴーニュ

フランス

フランス ブルゴーニュ コート・ド・ニュイ ジュヴレ・シャンベルタン

フランス

フランス ブルゴーニュ コート・ド・ニュイ マルサネ

ジャンテ・パンショ / GEANTET PANSIOT ワインボトル

古樹ならではの凝縮された果実味を表現する、ジュヴレ・シャンベルタンの造り手


フランスを代表する有名なワイン産地のひとつ、ブルゴーニュの中でも一際有名なアペラシオンであるジュヴレ・シャンベルタンに本拠地を置く造り手、ジャンテ・パンショ。所有する畑では古樹が本数多く栽培されており、彼らのワインは高い凝縮感のある果実味や複雑味が特徴です。その味わいはワイン評論家をも魅了しており、数々のワイン専門誌から高い評価を受けています。

最新2021年ヴィンテージ全16銘柄初入荷!


この度、ジャンテ・パンショの最新2021年ヴィンテージが一斉入荷いたしました。ラインナップは特級畑から広域銘柄までを含む全16銘柄。彼らの2021年は、ドメーヌの看板キュヴェ、ジュヴレ・シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュが、ワイン評価誌『デキャンタ』にて「芳醇なブーケが魅力の、早くから愉しめるバランスに優れた味わい」と評価されるなど、見事な出来栄えです。数量限定の銘柄もございますので、この入荷の機会をぜひお見逃しなく!

目次

香り高く、果実味とタンニンが美しく調和する2021年ヴィンテージ

ブルゴーニュの2021年は、ブドウの収量が減少したもののワインはエレガントな仕上がりになったことが特徴です。4月に夜間の気温が大幅に下がり、ブルゴーニュ全域で深刻な霜害が発生。また生育期間である春から夏にかけて湿度が高まり、病害に悩まされる生産者もいました。ただ生き残ったブドウは2020年と比べてジュースがしっかりと蓄えられ、酸味も高い仕上がりに。造られたワインは、果実味と酸味のバランスに優れた出来栄えとなりました。


ワイン評価誌『デキャンタ』において、ドメーヌの看板キュヴェとも言えるジュヴレ・シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ2021年について、「レッドチェリー、砕いたイチゴ、ほんの少しのキルシュの香りがする芳醇なブーケが印象的。口当たりには、きめの細かいタンニンが感じられ、胡椒の風味があり、バランスが取れている。早くから楽しめるスタイルだ。」とコメントしています。


このようにジャンテ・パンショの2021年は香り高く、果実味とタンニンが美しく調和する見事な出来栄えとなりました。

ワイン評価誌で絶賛される優良ドメーヌ

世界中のワインラヴァーを魅了する有名なワイン産地、ブルゴーニュ。ジャンテ・パンショは、その中でもひと際有名なアペラシオンであるジュヴレ・シャンベルタンに本拠地を構える造り手です。


ジャンテ・パンショは、1954年に当主ヴァンサン・ジャンテ氏の父、エドモン・ジャンテ氏によって創業。ヴァンサン氏は1982年にワイナリーを継いで以来、ヴィニュロン(ブドウ農家)としての頭角を現し、確実に腕を磨いていきました。

2006年より、ヴァンサン氏の息子であるファビアン氏がドメーヌに加わり、現在は栽培と醸造を担当しています。ファビアン氏は100%の除梗や低温マセラシオンなど、今までのドメーヌで重んじていた醸造方法を引き継ぎつつ、2014年にセメントの発酵槽から温度調整機能付きの木製発酵槽へ切り替えるなど、積極的に設備を改良。ヴィンテージ毎に細かい部分を調整しながら、更なる味わいを追求しています。


ジャンテ・パンショのワイン造りの特徴といえば、なんと言ってもその丁寧さ。実のところ、ヴァンサン氏もファビアン氏もワイン造りの傍ら消防士も務めていた経歴もある男気あふれる個性的な人物。ともすればこわもてで荒々しい印象を受けるのですが、ことブドウ栽培、ワイン造りに関してはひたすら丁寧に、愚直なまでに純粋な果実味を追い求めています。

古樹のブドウの凝縮された果実味が詰まったワイン

ジャンテ・パンショは、ジュヴレ・シャンベルタンだけではなくシャンボール・ミュジニーの一級畑など優良な畑を少しずつ買い足し、現在では約21haの素晴らしい畑の数々を所有。近年ではその他に約5haの畑を借りてワイン造りを行っています。そんなジャンテ・パンショのワインの一番の魅力は、ブドウ樹の樹齢の高さに由来する、凝縮感のある果実味と複雑さのある味わいです。


ジャンテ・パンショが所有する畑の樹々は総じて樹齢が高いことが特徴で、アン・シャンなど1903年に植えられた樹齢100年をも超えるという貴重な区画も所有。また、ジュヴレ・シャンベルタン ヴィエイユ・ヴィーニュに関しても、およそ樹齢60年以上のブドウを使用しているため、凝縮感のある豊かな果実味をお楽しみいただけます。

この古樹ならではの個性を活かすため、栽培から醸造まで非常に丁寧な仕事が行われています。栽培ではリュット・レゾネを実践。ブドウは手摘みで収穫され、二度選果された後、機械を使って三度目の選果が行われます。


醸造では、果実のフルーティーでデリケートな味わいを抽出させるため、100%除梗します。除梗後はゆっくりと1週間ほどかけて低温浸漬を実施。かつて全房も試されましたが、自分達のスタイルではないと感じたそうです。深い色を出すために、温度に注意を払いながらキュヴェゾン(醸造工程の一つで、発酵槽内でアルコール発酵および醸しを行う過程)をしっかり行うことで、果実味とソフトなタンニンの抽出を心がけています。

発酵後は30%という低い新樽比率のもと、熟成されます。このような繊細な作業で古樹の魅力を最大限に活かしたワイン造りがジャンテ・パンショの特徴。濃密でありながら決して重くなく、杯が進む優しい味わいこそが、ジャンテ・パンショのワインのスタイルなのです。

凝縮感のある彼らのスタイルに欠かせないピノ・ファン

ピノ・ファンとは、ブルゴーニュ地方で栽培が盛んなブドウ品種のひとつであるピノ・ノワール種の一種を指します。ピノ・ノワールには数多くの亜種(クローン)が存在しますが、果実の大きさによってフランス語でグロ(Gros[大])、モワイヤン(Moyen[中])、ファン(Fin[小])の大きく3つに分類。ジャンテ・パンショでは、その中でも果実の小さいピノ・ファンを栽培しています。


ブドウの実が小さく収量が減ってしまうものの果皮の割合が多くなるため、より果実の風味が際立った凝縮感のあるワインを造ることができることが特徴です。1970、80年代、より多くの収量を求める流れから、果実の小さいピノ・ファンは多くの畑で引き抜かれ、収量が安定する他のクローンに植え替えを行った造り手も多い中、ジャンテ・パンショではその当時からピノ・ファンを大切に育ててきたことで、それが今や古樹として活躍しているのです。

今回入荷したおすすめアイテム

濃密さとエレガンスを兼ね備えた上級キュヴェ

精妙さと美しさを兼ね備えた、造り手を代表する偉大な特級畑。


シャルム ・シャンベルタン グラン・クリュ

ジャンテ・パンショ
本数限定

2021

55,000

(税抜価格50,000円)

ニュアンスに富んだ複雑なアロマにピュアな果実味を備えた、秀逸な一級畑。


ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ ル・ポワスノ

ジャンテ・パンショ
本数限定

2021

33,000

(税抜価格30,000円)

ジャンテ・パンショの実力を堪能できる村名キュヴェ

【エノテカ・オンライン初入荷!】

甘やかな果実味と複雑なアロマ、持続性のあるタンニンが調和した1本。


ジュヴレ・シャンベルタン キュヴェ・エドモン

ジャンテ・パンショ
本数限定

2021

23,100

(税抜価格21,000円)

古樹ブドウ由来の凝縮感に溢れ、早くから楽しめるドメーヌの看板キュヴェ。


ジュヴレ・シャンベルタン ヴィエイユ・ヴィーニュ

ジャンテ・パンショ
4.7 (18件)

14,300

(税抜価格13,000円)

ジャンテ・パンショのエッセンスが愉しめる、エントリーキュヴェ

果実の凝縮感と旨味溢れる味わいが魅力の、造り手こだわりの1本。


ブルゴーニュ ピノ・ファン

ジャンテ・パンショ
4.3 (15件)
ライトボディ
2
フルボディ

2021

8,580

(税抜価格7,800円)

ピュアな酸と果実の風味が爽やかに調和した、心地良い味わいの白ワイン。


ブルゴーニュ・ブラン

ジャンテ・パンショ
ライトボディ
3
フルボディ

本数限定

2021

5,500

(税抜価格5,000円)

柑橘系果実の酸味を伴った爽やかな果実味とミネラル感が魅力のアリゴテ。


ブルゴーニュ・アリゴテ

ジャンテ・パンショ
4.2 (9件)
ライトボディ
1
フルボディ

2021

4,180

(税抜価格3,800円)

ジャンテ・パンショの全ラインナップ

商品一覧

21 件

おすすめ順

公式SNS・APP

最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

line お友達登録

お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

公式アプリ

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

ほどよく、楽しく、良いお酒。のんだあとはリサイクル。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。