<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


ジャンテ・パンショ GEANTET PANSIOT

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ジュヴレ・シャンベルタン
  • コート・ド・ニュイ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • マルサネ
  • コート・ド・ニュイ
ジャンテ・パンショ / GEANTET PANSIOT ワインボトル

古樹ならではの奥深い旨みを表現するジュヴレ・シャンベルタンの造り手

フランスを代表する銘醸地のひとつ、ブルゴーニュの中でも一際有名なアペラシオンであるジュヴレ・シャンベルタンに本拠地を置く造り手、ジャンテ・パンショ。所有する畑では比較的多くの古樹が栽培されおり、複雑味のある奥深い旨みが表現されています。彼らのワインはどれも凝縮度の高さがありながらも上品にまとまった絶妙なバランス。その味わいは著名な評論家をも魅了し、数々のワイン専門誌で絶賛され、高い評価を受けています。

目次

ワイン評価誌で絶賛される個性派

世界中のワインラヴァーを魅了する銘醸地、ブルゴーニュ。ジャンテ・パンショは、その中でもひと際有名なアペラシオンであるジュヴレ・シャンベルタンに本拠地を構える造り手です。


ジャンテ・パンショのワイナリーとしての起源は、1954年現当主ヴァンサン・ジャンテ氏の父、エドモン・ジャンテ氏によって創設されたことから始まります。その後、1978年にヴァンサン氏が本格的にブドウ栽培、ワイン造りに携わり、1989年からはジャンテ・パンショのワイン造りを一手に担うようになりました。


ヴァンサン氏はワイナリーを継いで以来、ヴィニュロン(ブドウ農家)としての頭角を現し確実に実力をあげてきており、ワイン評価誌各誌が絶賛。ロバート・パーカー氏も「彼が継いでからのジャンテ・パンショのワインは、見つけたら即手に入れるべき」と高く評価しています。

ジャンテ・パンショのワイン造りの特徴といえば、なんと言ってもその丁寧さ。実のところ、ヴァンサン氏はハーレー・ダヴィッドソンを乗り回し、ワイン造りの傍ら消防士も務めるという男気あふれる人物。ともすればこわもてで荒々しい印象を受けるのですが、ことブドウ栽培、ワイン造りに関してはひたすら丁寧に、愚直なまでに純粋な果実味を追い求めています。


2006年以降はヴァンサン氏の息子であるファビアン氏が、栽培と醸造を担当。ファビアン氏は2014年からセメント発酵槽を、温度調整機能付きの木製発酵槽に変更するなど、世代交代とともに変化。しかし、醸造において100%の除梗や低温マセラシオンは今までと変わらず実施するなど、ジャンテ・パンショのスタイルを守り続けています。

古樹のブドウの旨みが詰まったワイン

ジャンテ・パンショは、ジュヴレ・シャンベルタンだけではなくシャンボール・ミュジニーの一級畑など優良な畑を少しずつ買い足し、現在では約20ha程の素晴らしい畑の数々を所有。近年ではその他に約5haほどの畑を借りてワイン造りを行っています。そんなジャンテ・パンショのワインの一番の魅力は、ブドウのピュアな果実味と濃厚なエキス分。それはブドウ樹の樹齢の高さに由来しています。


総じて樹齢が高く、中でもアン・シャンは1903年に植えられた樹齢100年をも超えるブドウから造られている貴重なワイン。またジュヴレ・シャンベルタンのヴィエイユ・ヴィーニュに使用されるブドウも樹齢50年以上のブドウから造られており、古樹のブドウから旨みの詰まったエキスのような果汁が搾り出されます。

この古樹ならではの個性を活かすため、栽培から醸造までも非常に丁寧な仕事が行われています。栽培ではリュット・レゾネを実践。ブドウは手摘みで収穫が行われ、2度の選果が施されます。


果実のフルーティーでデリケートな味わいと色素を抽出させるため、ジャンテ・パンショではあえて100%除梗を行っています。かつて2ヴィンテージほど全房も試されましたが、自分達のスタイルではないと感じたそう。ファビアン氏が求める果実味、酸味とタンニンのバランスに優れたワインのために除梗を行い、低温浸漬、そして深い色を出すために、温度に注意を払いながらキュヴェゾン(醸造工程のひとつで、発酵槽内でアルコール発酵および醸しを行う過程)をしっかり行っています。

収穫したブドウをすぐに100%除梗し破砕してから5~7日間ほど12~14℃で低温浸漬。天然酵母を用いて発酵。その後、機械を使わず人の手によってじっくりとプレスされたワインは、樽の風味を控えるため30%という低い新樽比率のもと、樽熟成されます。このように繊細な手作業で古樹の魅力を最大限に活かした結果生まれる、濃密でありながら果実の透明感も感じられる独特の風味こそがジャンテ・パンショのワインのスタイルなのです。

凝縮感のある彼らのスタイルに欠かせないピノ・ファン

ピノ・ファンとは、ブルゴーニュ地方で栽培が盛んなブドウ品種のひとつピノ・ノワール種の一種のこと。ピノ・ノワールには数多くの亜種(クローン)が存在しますが、ピノ・ノワールは果実の大きさによってフランス語でグロ(Gros[大])、モワイヤン(Moyen[中])、ファン(Fin[小])の大きく3つに分けることができます。その中で果実の小さなものをピノ・ファンと呼びます。


ブドウの実は小さいため収量が減ってしまうものの果皮の割合が多くなるため、このブドウでワインを仕立てると、より果実の風味が際立った凝縮感のあるワインを造ることができます。1970、80年代、より多くの収量を求める流れから、果実の小さいピノ・ファンは多くの畑で引き抜かれ、収量が安定する他のクローンに植え替えを行った造り手も多い中、ジャンテ・パンショではその当時からピノ・ファンを大切に育ててきたことで、それが今や古樹として活躍しているのです。

ファビアン氏はピノ・ファンについて「畑が酸度や保湿、乾燥の程度、石が多いかどうか様々な要素からピノ・ノワール種の中の品種を選んでいる。自分たちの畑の性質に合うか、目指すワインに適してるかを検討した結果、ピノ・ファンを選んで植えている。」と語っており、ジャンテ・パンショでは実はすべてのキュヴェに、このピノ・ファンが含まれています。しかも、自社畑の区画では全て、通常のピノ・ノワールよりもピノ・ファンの方が多いそう。


中でもブルゴーニュ・ピノ・ファンとしてリリースしているキュヴェは、100%ピノ・ファンから生み出される造り手のこだわりが詰まった1本。ジャンテ・パンショは100%除梗によりワインを仕立てているので、ピノ・ファンならではの凝縮した果実の旨みを存分に感じていただけるはずです。

豊かな果実味と程よい酸が魅力の2018年

2018年は生産者の力量が問われた年。夏は例年より高温な日が続き、収穫期も温暖な気候だっため、収穫のタイミングを誤ると、よりアルコール度数の高いワインに仕上がってしまいます。醸造においても、ゆっくりと果汁を抽出するなど、丁寧な造りが要求されます。そのような中で確かな醸造家たちの手にかかると、豊かな果実味と程よい酸を備えた素晴らしいワインが仕上がり、高いクオリティを保つことが出来ました。

ジャンテ・パンショでは9月6日から収穫を開始。2018年は日照量が多くて気温の高い年だったため、9月21日に収穫を開始した2017年に比べ早めに収穫を開始。そのため酸と糖度のバランスに優れた果実を収穫することができました。ファビアン氏は2018年について「ワインは美しい酸味とタンニンを持っており、バランスがいい。」と自信を覗かせています。


多くの造り手が暑さに苦しめられた2018年に、強さを発揮したジャンテ・パンショ。彼らは古樹を多く栽培しており、地中の奥まで根を張っている古樹は、しっかりと水分を得ることができていたため、暑かった2018年とは思えないほどバランスに優れた上品な味わいに仕上がっているのが特徴です。濃密でありながら果実の透明感も感じられるジャンテ・パンショならではの魅力を、是非お愉しみください。

<ジューシーな果実味を堪能できる2銘柄>

著名な評論家をも魅了するジュヴレ・シャンベルタンの造り手。ピノ・ノワールの一種を使用した、凝縮感溢れる果実味が魅力の人気キュヴェ。


ブルゴーニュ ピノ・ファン

ジャンテ・パンショ
4.3 (11)
ライトボディ
2
フルボディ

2018

6,050

(税抜価格5,500円)

著名な評論家をも魅了するジュヴレ・シャンベルタンの造り手。樹齢50年以上の古樹のブドウならではの複雑味と果実の旨みが堪能できる赤ワイン。


ジュヴレ・シャンベルタン ヴィエイユ・ヴィーニュ

ジャンテ・パンショ
4.8 (9)
ライトボディ
2
フルボディ

2018

11,000

(税抜価格10,000円)

<豊かなミネラルと複雑味が魅力の2銘柄>

著名な評論家をも魅了するジュヴレ・シャンベルタンの造り手。古樹ブドウがもたらす奥深い複雑味としなやかなテクスチャーが魅力のエレガントな1本。


ジュヴレ・シャンベルタン アン・シャン

ジャンテ・パンショ
4.0 (1)

14,300

(税抜価格13,000円)

著名な評論家をも魅了するジュヴレ・シャンベルタンの造り手。濃密でありながら果実の透明感も感じられる、造り手を代表するキュヴェ。


シャルム ・シャンベルタン グラン・クリュ

ジャンテ・パンショ

2018

30,800

(税抜価格28,000円)

商品一覧

18 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.