チョコレートに合わせたい!バレンタインにオススメのワイン

チョコレートとワイン

「シャンパンとイチゴ」は映画『プリティ・ウーマン』で描かれ、女性の憧れのワンシーンとして大流行した組み合わせですが、「ワインとチョコレート」もフォトジェニックで女性に人気の高い組み合わせ。

バレンタインシーズンには、多くのワインショップやチョコレートショップがワインとチョコレートの組み合わせを提案し、恋人たちのひとときを演出しています。

今回は、そんなワインとチョコレートの相性や合わせ方について、プロが本気で考えてみました。

そもそもワインとチョコレートの相性って…

まず気になるのは、そもそもワインとチョコレートの相性は良いのか?ということだと思います。これについては、ワインもチョコレートも多様な種類があるため一概には言えません。

しかし、個人的見解としてはチョコレートと“辛口”ワインの相性はあまり良いとは言えません。もちろん素晴らしい組み合わせもありますが、無作為に選んだワインとチョコレートが合う可能性は低いです。

ワインが酸っぱくて苦くておいしくない!という経験をされた方もいるのではないでしょうか。では、なぜ相性が悪いのでしょう?

ワインとチョコレートを合わせるのが難しい理由

赤ワイン

モカやナッツにチョコレート、さらにはレーズンや乾燥イチヂクなど。これらはワインの試飲コメントでよく使用される語彙で、チョコレートにもよくある風味です。多くの場合、ワインと共通する風味がある食べ物は相性が良いものですが、どうして辛口ワインとチョコレートは相性が悪いのでしょうか。

主な理由は以下の三つです。

①酸味と甘味

チョコレートに限ったことではありませんが、人間の味覚は強い甘味を感じた後には、甘味に対して鈍感になり、酸味や苦味といった要素を強く感じます。

したがって、チョコレートの強い甘味は、ワインの甘味(果実味)を隠し酸味を際立たせ、薄っぺらなレモン水のような印象にします。

②渋味と苦味

チョコレートはワインと同じく多量のポリフェノールを含んでいます。それはチョコレートの苦味成分でもありますが、赤ワインに含まれる渋味成分でもあります。

実は、このポリフェノールは分子の重合度という微妙な差によって、苦味として感じるか、渋味(触感)として感じるかが分かれる成分。そのためか、チョコレートの苦味は、赤ワインの渋味を苦味として感じさせてしまい、ワインの心地良い余韻が苦味によって短くなってしまいます。

③重量感

チョコレートにはカカオバターと呼ばれる油脂が何割か含まれています。それがチョコレートのとろけるような濃厚な味わいの元ですが、それは必然的に繊細なワインとの組み合わせを難しくさせます。

 

つまりワインとチョコレートは香りの面では相性抜群にも関わらず、味わいの面で相性が最悪ということ。合わせるためには一工夫必要なのです。

そこでプロが選んだチョコレートのタイプ別にオススメワインをご紹介いたします。

チョコレートのタイプ別オススメワイン

甘口ワインとチョコレート

チョコレートのタイプ別オススメワインをご紹介する前に、チョコレートとワインの距離をぐっと縮める簡単な選択肢をご紹介します。

それは「甘口」ワインを選ぶこと。甘口ワインを選ぶことで、甘味のレベルや重量感が揃い、ワインが酸っぱくて苦いだけで全く合わない!なんてことは少なくなります。

オススメなのはポートワイン。チョコレートの種類を選ばず、そつなく相手役を務める万能選手です。特に、濃厚で力強いポート・レイト・ボトルド・ヴィンテージがオススメです。

ポートワイン

ポート・レイト・ボトルド・ヴィンテージ / ラモス・ピント

しかし、甘口ワインをボトル1本飲むのは辛いという方も多いでしょう。そこで今回は可能な限り甘味の少ないワインをチョイスしてみました。

ミルクチョコレート

ミルクチョコレート

最もスタンダードなチョコレートである「ミルクチョコレート」にオススメのワインはこちら!

モスカート

モスカート・ダスティ / マッソリーノ

いきなり甘口で申し訳ありませんが、ミルクチョコレートにベストマッチ!と言えるのは爽やかな甘口、イタリアのモスカートです。

甘味のレベルがミルクチョコレートに近く、酸味も穏やかなため、ワインに薄っぺらさやキツイ酸味を感じることはありません。それどころか、チョコの甘味がモスカートの爽やかさを引き立てつつ、非常にミルキーな味わいを生み出します。

ダークチョコレートだとカカオ風味が浮き、ホワイトチョコレートだとマスカット風味が浮いてしまうので、まさに絶妙な組み合わせです。

ダークチョコレート

ビターチョコレート

甘さ控えめで大人の味わいのチョコレート「ダークチョコレート」にオススメのワインはこちら!

ヴィントナーズ・リザーヴ ジンファンデル

ヴィントナーズ・リザーヴ ジンファンデル / ケンダル・ジャクソン

ダークチョコレートは、相性が悪い理由の一つである「甘味」をチョコレート側が解決してくれるので、辛口ワインが合わせやすいチョコレートです。一方でカカオやローストの香りが強くなるので赤ワインと合わせるのが無難でしょう。

残る問題「苦味」と「重量感」の問題を解決してくれるのが、カリフォルニアのジンファンデルです。ジンファンデルは果皮が薄いブドウ品種で渋味(ポリフェノール)が控えめ、かつフルボディで酸味が低いため、チョコレートのパートナーとして理想的な赤ワイン。やや骨格がしっかりしますが、同じ理由でイタリアのアマローネなどもダークチョコと相性の良いワインと言えます。

ホワイトチョコレート

ホワイトチョコレート

ミルキーで優しい味わいのチョコレート「ホワイトチョコレート」にオススメのワインはこちら!

マルケス・デ・ムリエタ・レゼルヴァ

マルケス・デ・ムリエタ・レゼルヴァ / マルケス・デ・ムリエタ

実は、ホワイトチョコレートも相性の問題を一つ解決してくれるチョコレートです。その問題は「苦味」。ホワイトチョコレートはポリフェノールを含有していないので、赤ワインの苦味を強調してしまうことがありません。

そこで合わせたいのが、スペインのテンプラニーリョです。ンプラニーリョから造られるワインは、乳酸の副産物であるバターのような香りを多く含んでいるためホワイトチョコレートと合わせやすくなっています。特に、伝統的なアメリカンオークで熟成しているもの(ミルキーな香りがさらに強いため)や、温暖でまだ熟成の進んでいないヴィンテージや産地を選ぶと良いでしょう。

甘口ワインでも良い方には、若いボルドーの貴腐ワインもオススメです。

まとめ

チョコレートとワインの相性は意外と難しいものですが、その組み合わせを試すのもワインの楽しみ方の一つ。自分で選んだワインなら、ミスマッチでもきっと良い思い出になります。恋人とワインを選ぶのも楽しいでしょう。

そんなことはわかっているけど、どうしても外したくないし自分で選びたい!という切迫した事情をお持ちの方は、「ワインとチョコレートを合わせるのが難しい理由」を思い出しながら選んでください。チョコレートもワインも多様なので、意外な組み合わせもきっと見つかるはずです。