<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


ラモス・ピント RAMOS PINTO

ポルトガル
  • ポルトガル
ラモス・ピント / RAMOS PINTO ワインボトル

ポートワインのパイオニアであり最高の生産者

美しいルビー色や琥珀色に、甘み、香り、コクが調和した奥深い味わいから、「ポルトガルの宝石」とも謳われるポートワイン。ポルトガル北部ドウロ地方で生産され、ポルトガルのワイン法でも上位にあたる「DOC」に認められている高級酒精強化ワインです。そのポートワインの第一人者であり、トップ生産者に挙げられるのがラモス・ピントです。

目次

1880年設立、ポートワインの礎を築いた名門

ラモス・ピント社は1880年にアドリアーノ・ラモス・ピント氏の手によってドウロ地方、ヴィーニャ・ノヴァ・デ・ガイヤに設立されました。若干21歳であった彼は精力的にポートワインの市場を開発し南米ブラジルにも販路を拡大します。その後1986年には兄アントニオ氏も経営に加わり、1898年にはポルトガルを統治する、カルロス国王の王室御用達の特権を得るまでに信用を確立しました。

その後、1983年に加わったジョゼ・ラモス・ピント・ローザス氏は、「ドウロの教皇」と賞賛されるほどの偉大な人物で、ドウロ全体の発展に寄与しました。その功績の一つが、ポートに使われるブドウ品種の策定。彼の甥、醸造家のジョアン・ニコラウ・デ・アルメイダ氏と共に、ドウロで栽培されていた70品種もの中から最良の品種を見つけるために、有力な12の品種を様々なミクロ・クリマにおいて試験的に栽培。その結果、5つの優良品種を選び出し、今日のポートワインの礎を築きました。


現在でも、360ヘクタールという広大な畑を有し、生産するワインのすべてを自社畑のブドウから賄い、機械を使わず、ブドウを破砕するなど、こだわり抜いた独自のブドウ栽培と醸造を徹底。標高が高く雨量の少ない畑では、灌漑設備を施し安定した収穫を確保し、 現在では、ブドウ品種と樽素材のマッチングについて研究を行うなど、日々革新し続けています。


1990年にはシャンパーニュのルイ・ロデレールがオーナーとなり、最新鋭の技術を導入して醸造設備の刷新を行い、ワインの品質を一層高め、市場での評価も高まっています。

「ポルトガルの宝石」ポート・ワイン

スペインの国境に近いポルトガル南部のドウロ地方。中でも、スペインから大西洋の河口ポルトまで流れる全長925キロの大河、ドウロ河の渓谷がポートワインの産地として知られています。ドウロ河上流とその支流一帯には美しい段々畑が形成されており、その自然と文化が一体となった景観が世界遺産にも登録されています。


渓谷を成す傾斜の厳しい斜面では、充分な陽当たりがあり、また穏やかな河が微気候を造り出します。フランスでいえば、ロワールやローヌなど大河の周辺には古くから銘醸地が多いように、ポートワインもまたドウロ河の恩恵を受け育ってきた、銘酒であると言えます。

ポートワインの起源は、17〜18世紀、ポルトガルでワインを買い求めたイギリス人が船で自国までワインを運ぶのにあたって、ワインの質を損なわないようにするため、ワインにブランデーを加え、発酵を止めることを思いついたと言われています。


アルコール度数の高いブランデーを加えることにより、ブドウの糖分がアルコールにならずに残り、甘くコクのある味わいが楽しめるポートワインは、食後酒やナイトキャップとして、ヨーロッパの食文化に広く根付き愛されています。

商品一覧

9 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.