部位別でみる牛肉とワインのペアリング

お気に入り追加

ワインペアリング
公開日 : 2024.1.29
更新日 : 2024.2.2
シェアする
部位別でみる牛肉とワインのペアリング

お肉とワインのペアリングはテッパンで、もちろん焼肉とも相性抜群です。


しかし、一口にお肉といっても部位によって当然味わいが違います。ということは合うワインも変わってくるはず……そこで牛肉の部位別に合うワインをお伝えします。


食感によっても差が出てくるため、今回は焼肉やステーキの場合をご紹介します。

目次

ペアリングのポイント

牛肉にはバラのようなこってりした部位からタンのような脂の少ないサッパリした部位まで様々ですよね。お肉の脂をどうワインと合わせるかがポイントとなります。


そこで大切な要素がワインの酸やタンニンです。この二つは、お肉の脂を流してサッパリと感じさせてくれます。


脂肪分の多い部位には、タンニンや酸の高いワインを合わせるとお肉の旨みを引き立ててくれます。ワインがソースの役割を果たしてくれるようなイメージです。


一方で酸っぱいと感じるほど酸が高いタイプは、お肉の旨味や味の濃さとのバランスが取りづらくなります。タンニンも強すぎるとお肉の旨味が消されて後味に渋みだけが残ってしまうので注意しましょう。


ではここから、牛肉の部位別に合うワインを紹介していきます。

肩ロース

脂肪分が少なく、しっかりした食感で赤身部分が多い肩ロース。先ほどのポイントを考えると、合わせるワインの酸は高くない方が良いでしょう。


さらに噛み応えがあり赤身部分も多いので、香りや果実味がマッチするシラーがおすすめです。シラーの持つ黒コショウの香りがアクセントになります。

おすすめワインはこちら

コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ イノピア・ルージュ
750ml

コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ イノピア・ルージュ

  • エレガント&クラシック

  • 2021

    5,500

    (税込)

    NEW
  • 2020

    4,950

    (税込)

リブロース

牛肉の中でも高級とされる部位の一つ。サシの入った柔らかい食感は絶品ですよね。


脂身が多く、きめ細かい肉質のリブロースには、酸が程良くあり、果実味が豊かなワインがピッタリです。


例えばテンプラニーリョは、程良い酸味が脂をサッパリとさせ、果実味が脂身の甘さとマッチします。また、タンニンも柔らかいのでリブロースの食感も損ねず楽しめます。

おすすめワインはこちら

セレステ・クリアンサ
750ml

セレステ・クリアンサ

  • リッチ&グラマー

  • 2020

    3,520

    (税込)

バラ

脂の甘みや旨味、牛肉らしい香りが楽しめる部位ですね。肉らしいしっかりした味わいと食感に負けないような赤ワインを選びましょう。


ここはカベルネ・ソーヴィニョンがおすすめです。ボディがしっかりとしているので、こってりとした味わいにも負けません。


お肉の上質な脂とワインのタンニンが混ざり合い、ソースのような感覚でペアリングを楽しむことができます。

おすすめワインはこちら

カイケン・ウルトラ・カベルネ・ソーヴィニヨン
750ml

カイケン・ウルトラ・カベルネ・ソーヴィニヨン

  • パワフル&ストラクチャー

  • 2020

    3,080

    (税込)

ヒレ

こちらもリブロース同様、高級とされる部位。繊維が細かく柔らかいリッチな味わいが楽しめます。


ヒレの食感を活かし、ワインも滑らかな質感が楽しめるものを選びましょう。タンニンが多すぎず滑らかな果実味が特徴のメルロがマッチします。


食感に寄り添ってくれるため、じっくりとペアリングを楽しめるでしょう。

おすすめワインはこちら

3055 メルロ・プティ・ヴェルド
750ml

3055 メルロ・プティ・ヴェルド

  • リッチ&グラマー

  • 2022

    2,750

    (税込)

    NEW

タン

今まで紹介した部位に比べると脂肪分は少ない部位ですが、歯応えがしっかりあるのがタンの特徴。


サッパリとした味付けで食べることの多いタンにはワインもそのイメージで合わせます。レモンをキュッと絞るように、合わせるワインに酸味があると味わいが引き立ちます。


その役割を果たしてくれるのが、スッキリとした辛口のロゼワイン。白ワインよりも酸が穏やかでフルーティーさも兼ね備えているロゼワインは、タン本来の味わいを引き立てます。

おすすめワインはこちら

カラフリア
750ml

カラフリア

  • ロゼ

    フレッシュ&ドライ

  • 2023

    2,750

    (税込)

    NEW

ホルモン(マルチョウ、シマチョウ、ミノなど)

マルチョウやシマチョウ、ミノなど特徴的な食感や味わいがクセになるホルモン。ワインにはその味わいを中和する適度なタンニンと酸味が必要です。


ワインが渋すぎると脂の甘みが消えてしまうので、サンジョヴェーゼのような適度な果実味と酸味のあるワインがピッタリです。


様々な種類のホルモンの旨味や甘みを包み込むような懐の深さを持っています。

おすすめワインはこちら

サンタ・クリスティーナ・キャンティ・スペリオーレ
750ml

サンタ・クリスティーナ・キャンティ・スペリオーレ

  • チャーミング&パフュームド

  • 2021

    3,080

    (税込)

自分好みで楽しむ!

肉の脂やワインのタンニン、酸味の高さなどによって、合わせるワインは無限大。ワインと調和させリッチな味わいを楽しむか、サッパリと食べたいときは酸の高いものをチョイスするかなど気分によっても変わってきます。


こちらで紹介したワインはほんの一例です。ペアリングのポイントを抑えながら、自分好みのペアリングを見つけてみてはいかがでしょうか。

    この記事をシェア

    公式SNS・APP

    最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

    line お友達登録

    お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

    公式アプリ

    ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
    妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

    ほどよく、楽しく、良いお酒。のんだあとはリサイクル。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。