「ニュージーランドワイン」主要な産地とおススメワインをご紹介!

南北に長い島国という地理的条件に加え、先進的な醸造技術の積極的な導入によって、品質・評価の両面で進歩著しいニュージーランドワイン。エレガントなスタイルの造りが和食にも合わせやすく、日本においても人気が高まっています。こちらのページでは、ニュージーランドワインの6つの代表的な産地から地域ごとの特性と共に、エノテカ・オンラインおすすめの銘柄をご紹介。 この機会に、ニュージーランドワインをぜひ一度お試しください。

目次

ニュージーランドワインの歴史と発展

ニュージーランドワインの歴史はまだまだ浅く、19世紀の初めに英国人の宣教師によってオーストラリアからブドウの苗木が持ち込まれたのが始まり。その後、1836年に「オーストラリアのブドウ栽培の父」と言われるスコットランド人のジェームズ・バズビーによって初めてワイン造りがスタートしました。

ニュージーランドワインが世界で注目されるきっかけとなったのは1980年代のこと。ニュージーランドのマールボロ地区で造られたソーヴィニヨン・ブランが国際的なワイン・コンペティションで最優秀賞を受賞したのです。これを機に、世界的に認められたニュージーランドワインは瞬く間に成長。スクリューキャップの導入や亜硫酸の無添加など先進的な醸造技術を研究し、積極的に取り入れて変化を遂げてきました。今日では、ニュージーランドの様々な地域において上質なワインが造られており、そのクオリティは常に高く評価されています。

ニュージーランドの主要ブドウ品種

ニュージーランドで栽培されている白ブドウはソーヴィニヨン・ブラン、黒ブドウはピノ・ノワールが主になります。

ソーヴィニヨン・ブラン

原産地はフランス・ロワール地方ですが、今やニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランが世界のベンチマーク。なんとニュージーランドの約60%を占める圧倒的な栽培面積を誇ります。グレープフルーツやパッションフルーツ、ハーブの爽やかなアロマと生き生きとした酸味が魅力のブドウです。

ピノ・ノワール

栽培面積はソーヴィニヨン・ブランの1/4ほどですが、黒ブドウとしては圧倒的な面積を誇るのがピノ・ノワール。言わずと知れたフランス・ブルゴーニュ原産で、テロワールの表現力が豊かな品種です。

その他

そのほかのブドウ品種はシャルドネに次ぎピノ・グリや、栽培面積こそ少ないですが、冷涼な気候を生かしたシラーなど現在のワイン業界のトレンドに乗った品種が注目されています。

ニュージーランドの主要な産地とおススメ銘柄

ニュージーランドは南北に長い島国。南半球に位置しているため、北が温暖で、南は冷涼な気候です。暖かい北島のホークス・ベイは上質なカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロと言ったボルドー品種やシャルドネの栽培が盛ん。また、ニュージーランド・ピノ・ノワールの一大産地であるワイララパのマーティンボローも高く評価されている地域です。


昼夜の気温差が大きく、冷涼な気候が特徴の南島には、ニュージーランドワインを世に知らしめたソーヴィニヨン・ブランの代表的産地、マールボロがある一方で、近年は凝縮感に富んだピノ・ノワールを生み出すセントラル・オタゴも注目すべき産地。いずれも果実味が豊かながらも、凛とした酸も持ち合わせたエレガントなスタイルが特徴です。2017年7月にはホークス・ベイやマールボロを含む18の生産地域がGI(地理的表示保護)に登録され、ますます目が離せない産地となっています。

ニュージーランド最大のワイン産地であり、言わずとしれたソーヴィニヨン・ブランの一大産地。日照時間が長く、また太平洋から吹き付ける風の影響による冷涼な気候のもとで育つソーヴィニヨン・ブランから、パッションフルーツなどのトロピカルフルーツやハーブの個性的なアロマが香るワインを生み出します。

フレッシュでクリアな味わいが幅広い料理と合う1本。


セラー・セレクション・ソーヴィニヨン・ブラン

シレーニ・エステーツ
ライトボディ
2
フルボディ

2023

2,200

(税抜価格2,000円)

芳醇な果実味と美しい酸が口一杯に広がる味わい。


エクセプショナル・セレクション・ソーヴィニヨン・ブラン

シレーニ・エステーツ
3.7 (11件)
ライトボディ
4
フルボディ

2019

5,280

(税抜価格4,800円)

  • JS 90

ニュージーランドで南島のマールボロに次ぐ2番目に大きいワイン生産地。ニュージーランドの中で最も温暖で日照が最長となり、また、石の多い土壌を擁するなど、ボルドーのグラーヴ地区にも似た特徴を持っています。そのためカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロなどのボルドー品種の栽培が盛んであり、また、シラー種からも上質なワインが生まれています。

上品で果実味豊かなピノ・ノワール。


セラー・セレクション・ピノ・ノワール

シレーニ・エステーツ
3.9 (96件)
ライトボディ
2
フルボディ

2022

2,200

(税抜価格2,000円)

ブルゴーニュを彷彿とさせる上質なシャルドネ。


グランド・リザーヴ・ロッジ・シャルドネ

シレーニ・エステーツ
4.3 (47件)
ライトボディ
4
フルボディ

2019

3,630

(税抜価格3,300円)

北島の南端に位置し、ピノ・ノワールで世界的に高評価を得ているエリア、マーティンボロを擁する産地。マーティンボロは気候や土壌の条件がブルゴーニュと似ていることが確認されており、熟した赤系果実のたっぷりとした果実味と甘い香辛料の風味が伴う、ふくよかなスタイルのワインが多く造られています。

重量感とフレッシュさを持ち合わせたスタイル。


エクリプス・ピノ・ノワール

ルナ・エステート
3.0 (1件)
ライトボディ
2
フルボディ

2020

7,150

(税抜価格6,500円)

  • JS 92

複雑味のある香りに、深みのある味わいが魅力。


ノワール・ピノ・ノワール

エスカープメント
3.0 (2件)
ライトボディ
2
フルボディ

2021

5,500

(税抜価格5,000円)

  • JS 92

世界最南端のワイン産地であり、ニュージーランドでは珍しい大陸性気候のエリア。昼と夜の気温差が大きく、ニューワールドならではの日射の強さを活かしてピノ・ノワールの栽培が活発に行われています。ジューシーな果実味と厚みのあるしっかりとしたスタイルのピノ・ノワールが多く、その他にもシャルドネやピノ・グリなどの白ワイン品種の栽培も盛んです。

有名ブルゴーニュ生産者のヴォギュエとのコラボキュヴェ。シャルドネの魅力が限りなく表現された、ニュージーランド版「ミュジニー・ブラン」。


キュヴェ・オー・アンティポード・ブラン

プロフェッツ・ロック

2021

19,800

(税抜価格18,000円)

  • JS 94
  • V 94
  • WA 95

丘がちな風光明媚な地域で、リゾート地、別荘地として人気のあるネルソン。ビールに用いられる「ネルソン・ホップ」の重要な産地でもありますが、ワインに関してはピノ・グリなどのアロマティックな品種に定評があります。「サニー・ネルソン」と言われるほど日照量が多く、充実感のある果実味を備えたワインが生み出されています。

日本人栽培醸造家が手掛ける、エコロジカルなニュージーランドワイン。ふくよかな酵母の香りと豊かな果実味が愉しめるエレガントな仕上がり。


アタマイ・ピノ・グリ

グリーン・ソングス
3.5 (2件)
ライトボディ
4
フルボディ

2018

3,740

(税抜価格3,400円)

ニュージーランド最大の経済都市であるオークランド。ニュージーランドの大手ワイナリーの本社はほとんどこの地に存在しています。クメウ、マタカナ、ワイヘケ・アイランドの3つのサブリージョンがあり、それぞれのワインの特徴は大きく異なりますが、暖かい気候と土壌によりブドウは完熟しやすくなり、質の高いワインが多く生み出されています。

艶のある質感のテクスチャーに溶け込んだピュアな味わい。


ヴィレッジ・ピノ・ノワール

クメウ・リヴァー
3.5 (2件)
ライトボディ
2
フルボディ

2021

3,300

(税抜価格3,000円)

その他のニュージーランドワイン全アイテム

商品一覧

35 件

おすすめ順

公式SNS・APP

最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

line お友達登録

お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

公式アプリ

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

ほどよく、楽しく、良いお酒。のんだあとはリサイクル。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。