<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


クメウ・リヴァー KUMEU RIVER

ニュージーランド
  • ニュージーランド
クメウ・リヴァー / KUMEU RIVER ワインボトル

ニュージーランド初のマスター・オブ・ワインを取得したシャルドネの名手

ジェームス・サックリングの2021年の年間TOP100で、マテズ・ヴィンヤード2020年ヴィンテージが1位を獲得したことで注目を集めるワイナリー、クメウ・リヴァー。ワイン業界における最高クラスの難易度の資格であるマスター・オブ・ワイン所持者が率いていることでも有名です。まるでブルゴーニュを彷彿とさせるスタイルは、国際市場でも高く評価され、今やニュージーランドに留まらない世界を代表するシャルドネの生産者の地位を築いています。

単一畑シャルドネを筆頭に初入荷銘柄4種を含む豊富なラインナップが勢揃い!


今回エノテカ・オンラインには、単一畑ハンティング・ヒル・シャルドネを筆頭に、ヴィレッジ・ピノ・ノワール、レイズ・ロード・ソーヴィニヨン・ブラン、クメウ・クレマンの4銘柄が初入荷いたしました!ワイナリーの手腕を存分に感じていただける価格帯別シャルドネ3種に加え、ニュージーランド・ラヴァーに嬉しい2品種、暑い夏にピッタリのスパークリングと全6銘柄の豊富なラインナップが揃ったこの機会に、是非今注目のニュージーランドワインをお試しください。

目次

評価誌で絶賛されるブルゴーニュ・スタイル・シャルドネの名手

クメウ・リヴァーは、ニュージーランド北部に位置する最大の都市、オークランドから北西に20kmほど離れた伝統的なワイン産地、クメウ地区に位置するワイナリー。その歴史は1944年、ユーゴスラビアから移住してきたブラコヴィッチ夫妻によって設立された、現在の前身であるサンマリノ・ヴィンヤーズに端を発します。


クメウリヴァーが国際的な評価を得るまでに至った転機は、1980年代にマイケル・ブラコヴィッチ氏と2人の兄弟がワイナリーに参画してからのことです。フランスで研鑽を積んだマイケル氏を筆頭に、兄弟はこれまで以上に高品質なワインを生産することに注力。そして行き着いた答えが、1985年に造り始めた土着酵母と澱との長期接触による複雑な味わいを持つ、ブルゴーニュ・スタイルのシャルドネだったのです。

1986年にワイナリー名を現在のクメウ・リヴァーと改名し、翌1987年ヴィンテージから、シャルドネ・クメウ(現エステート・シャルドネ)がいきなりワイン・スペクテーター年間TOP100にて、当時ニュージーランドのワインとしては異例の第63位、更に1996年版の同誌年間TOP100では1994年ヴィンテージが何と第6位に選出される快挙を達成。また、ワイン・アドヴォケイトの「2015年にリリースされたベストワイントップ50」にも選出されるなど着実に評価を重ねていきました。

そして遂にジェームス・サックリングの2021年の年間TOP100で、マテズ・ヴィンヤード2020年ヴィンテージが100点満点の評点と共に1位を獲得。コメント内で「ニュージーランドのモンラッシェ」とまで言わしめトップの座に輝きました。ジェームス・サックリングの年間TOP100に白ワインが選ばれたのは初めてのことで、名実共に世界のトップ生産者としての地位を確立したのです。


イギリスのワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏は「熟成した素晴らしいブルゴーニュのよう」、ヴィノスのニール・マーティン氏は「クメウ・リヴァーがなぜルフレーヴやラモネと同列に語られないのか、首を傾げざるを得ない」と名立たる評論家達もクメウ・リヴァーのワインに手放しの賞賛を送っています。

ワイン業界最難関資格マスター・オブ・ワインを持つマイケル・ブラコヴィッチ氏

現在ワイン・メーカーを務めるのは3代目のマイケル・ブラコヴィッチ氏。ワイン醸造専門の名門校ローズワーシー・カレッジを首席で卒業後、ペトリュスを手掛けるジャン・ピエール・ムエックス社をはじめとする、数々の名高いワイナリーで研鑽を積みました。その研鑽の末、1989年にはニュージーランド人として初となる業界最高レベルの資格 マスター・オブ・ワインを取得。世界レベルの知見を身に着けてクメウの地に帰還し、2人の兄弟と共にワイナリーを運営しています。

ニュージーランド人で最初のマスター・オブ・ワイン有資格者マイケル・ブラコヴィッチ氏(写真中央)

マイケル氏が取得したマスター・オブ・ワイン資格、通称MWとは、イギリスのマスター・オブ・ワイン協会が発行する国際的な資格です。この資格は、ハイレベルな理論試験にテイスティング、そして研究論文の試験をパスすることで認められ、現在MWを所持する人は世界中でも400人強程、日本人では現在ただ一人のみ。あらゆる角度からワインを学び、深い見識を持つことを証明する資格なのです。


マイケル氏は、このMW資格を通して得た見識を活かして、理想のワイン造りを行うだけにとどまらず、ニュージーランドやオーストラリアでワインアワードの審査員、時には審査員長を歴任。最高レベルの知見と高品質なワインで、国際市場だけでなく生産者内の中でも注目と尊敬を集めているのが、クメウ・リヴァーなのです。

「世界レベル」のシャルドネを生み出すテロワールとワイン造り

クメウ・リヴァーのあるオークランド地区は、ニュージーランドの中で最も北に位置する冷涼なエリア。ワイナリーの西側にはタスマン海、東側には太平洋が広がり、その二つの風の影響により、夏場でも30℃を上回ることはない冷涼な気温を維持しています。


そんなオークランド地区にクメウ・リヴァーは約30haの畑を所有。畑は粘土質土壌の重なった砂岩質の土壌で地中に十分な水を保持することができるため、灌漑の必要がなくブドウの樹は適切な水分量を保ちながら成長します。 また、ブドウの樹はトップをY字に分けるリラ仕立てという形に仕立てられることで、太陽の光を効率的に吸収。冷涼な気候に由来する酸を保ちながら、最適な成熟度かつ健康的なブドウが生み出されています。

ブドウは全て手摘みで収穫され、畑の時点で厳しい選果を行います。収穫されたブドウは果実味本来の味わいを活かすため、空気圧搾機で房ごと優しくプレスし、ブルゴーニュのスタイルに倣い自然酵母で発酵。滑らかな口当たりを作り出すためマロラクティック発酵も行い、その後、澱と接触させて複雑味を引き出しながら熟成させます。ボトリングにはワインの品質を保つために全てスクリューキャップを採用。MW資格を保持するワインメーカーらしく、細部に至るまでこだわりを持って仕上げられているのです。

そうして生み出されるワインは、どれもテクスチャーが滑らかで、密度感のある果実味にミネラル感と酸が骨格を与えるスタイル。芳醇な果実味を備えながら、ニューワールドワインのイメージを覆す程よく抑制的で気高いミネラル感を備えた味わいは、まさに「世界レベル」と言える仕上がりです。

新入荷銘柄含むおすすめの商品はこちら

ワイナリーのフラッグシップであるシャルドネ

ハンティング・ヒル・シャルドネ

【限定29本エノテカ・オンライン初入荷!】

丘の斜面に位置する日照量に優れた単一畑。ピュリニー・モンラッシェを思わせるリッチな口当たりと引き締まった酸が魅力。


NEW

ハンティング・ヒル・シャルドネ

クメウ・リヴァー
ライトボディ
5
フルボディ

本数限定

2020

10,450

(税抜価格9,500円)

  • JS 96
  • V 95
  • WS 94
ヴィレッジ・シャルドネ

親しみやすいフルーティーさとフレッシュな余韻が、どんな場面にもフィットしてくれるクメウ・リヴァーの入門キュヴェ。


ヴィレッジ・シャルドネ

クメウ・リヴァー
4.0 (2)
ライトボディ
5
フルボディ

2020

3,300

(税抜価格3,000円)

  • JS 91

ニュージーランドを代表する品種ピノ・ノワール&ソーヴィニヨン・ブラン

ヴィレッジ・ピノ・ノワール

【エノテカ・オンライン初入荷!】

ニュージー・ピノらしい艶のある質感のテクスチャーと、綺麗に溶け込んだピュアな赤系果実の味わいが魅力。


NEW

ヴィレッジ・ピノ・ノワール

クメウ・リヴァー
ライトボディ
2
フルボディ

2020

3,300

(税抜価格3,000円)

レイズ・ロード・ソーヴィニヨン・ブラン

【エノテカ・オンライン初入荷!】

ホークス・ベイのブドウも使用した歴史の新しい1本。爽やかなシトラスやハーブのアロマに果実の豊かさが調和した味わい。


NEW

レイズ・ロード・ソーヴィニヨン・ブラン

クメウ・リヴァー
ライトボディ
3
フルボディ

2019

3,630

(税抜価格3,300円)

シャンパーニュと同様の製法で手掛ける贅沢なスパークリング

クメウ・クレマン

【限定48本エノテカ・オンライン初入荷!】

ヴィンテージ・シャンパーニュに匹敵する、3年もの瓶内熟成期間を経た骨太でドライな1本。


NEW

クメウ・クレマン

クメウ・リヴァー
ライトボディ
5
フルボディ

7,480

(税抜価格6,800円)

    この記事をシェア

    商品一覧

    6 件

    おすすめ順

    関連リンク


    お買い得情報

    飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

    「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。
    Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.