<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


プロフェッツ・ロック PROPHET'S ROCK

ニュージーランド
  • ニュージーランド
  • セントラル・オタゴ
プロフェッツ・ロック / PROPHET'S ROCK ワインボトル

世界が賞賛するセントラル・オタゴの注目株。

英国の著名評論家ジャンシス・ロビンソン女史が「いずれ世界のワイン界をリードするであろう逸材ワインメーカー5人の内の1人」と評価するニュージーランドの注目の造り手、ポール・プジョル氏が醸造を手掛けるワイナリー、プロフェッツ・ロック。あのヴォギュエの醸造長フランソワ・ミエ氏がブルゴーニュ以外で初めてコンサルタントを務めたコラボキュヴェ「キュヴェ・オー・アンティポード」は世界中のワインラヴァ―の注目の的となっています。

目次

ヴォギュエとのコラボで注目を集めるセントラル・オタゴの逸材

醸造家ポール・プジョル氏は、フランス人の血を引くニュージーランド人。マールボロのセレシン・エステートで醸造家としてのキャリアをスタートさせた後、ラングドック、サンセールのアンリ・ブルジョワ、オレゴンのレックスヒル、アルザスのクンツ・バと渡り経験を磨きました。そしてそのクンツ・バにおいては、1795年の創業以来同族以外では初となる醸造長を務めました。

その後、オレゴンのオーガニックワインの造り手レメルソン・ヴィンヤーズ在籍中に手掛けたワイン12本中8本がワイン・スペクテーターで90点以上を獲得。こうして世界各国の有名ワイナリーで醸造に携わった後辿り着いたニュージーランドの地においてもまた、秀逸なピノ・ノワール、リースリング、ピノ・グリを生産、高い評価を獲得しています。

特筆すべきは2005年よりシャンボール・ミュジニーの偉大な造り手コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエの醸造長、フランソワ・ミエ氏との親交を深めている点です。2009年にはヴォギュエのワインを手掛け、その後も年に1度はブルゴーニュを訪れてフランソワ氏との情報交換を継続。2017年には、フランソワ氏がシャンボール・ミュジニーの地以外で初めてコンサルタントを務めたキュヴェ「キュヴェ・オー・アンティポード 2015年」を発表し、世界中のワインラヴァ―の注目の的となりました。

その後2018年より新たにシャルドネにも取り組み、リリースされたのが「アンティポード・ブラン 2018年」。フランソワ・ミエ氏が「ミュジニー・ブラン」と同じ情熱を込めて造っている、ワイン愛好家垂涎の稀少銘柄となっています。

世界の最南端ワイン産地に所有する、異なる特徴を持った畑

プロフェッツ・ロックのワイナリーが位置するセントラル・オタゴは、南緯45度の世界で最も南に位置するワイン生産地域。内陸に位置するためニュージーランドの中で唯一半大陸性気候となっており、1日の日照時間が長く、昼夜の寒暖差が激しいのが特徴です。毎年「セントラル・オタゴ・ピノ・ノワール・セレブレーション」を開催するなど、ピノ・ノワールの産地として英国や米国をはじめとする世界各国のワインジャーナリスト、ワイン愛好家の心を掴んでいます。

彼らが所有するのはセントラル・オタゴのサブ・リージョンの一つベンディゴに位置するホーム・ヴィンヤード、ロッキー・ポイント・ヴィンヤードの2つの畑。ベンディゴ全体を一望できる場所に位置するホーム・ヴィンヤードは、片岩、粘土、石灰岩などを含む稀有なミックス土壌から成り、ピノ・ノワールの栽培に理想的です。北向きのテラス状になった標高320~383mの急斜面の畑は日当たりが良い一方で夜間は冷涼になるため、フレッシュで凝縮された味わいのワインが生み出されます。

一方のロッキー・ポイント・ヴィンヤードは、ベンディゴの南端、標高226~351mに位置。セントラル・オタゴの生産区画の中では最も険しい場所のうちの一つに挙げられる、石ころがちな土壌で急峻な斜面に位置する険しく痩せた畑からは、凝縮感のある深く芳醇な果実が出来上がります。

ミシュラン・トップレストラン御用達の抑制された味わい

プロフェッツ・ロックが目指すのは、ニュージーランドの自然を極限までに詰め込んだワイン造り。ブドウの個性に合わせた、徹底したキャノピーマネージメントと肥料を一切使用しない栽培により、ブドウ樹の根は地中3メートル以上まで伸び栄養分を吸収。凝縮感のある果実を得るため収穫量は低く抑えられます。

収穫は全て手摘みで行われ、その後自然酵母のみを用いて発酵。ピノ・ノワールに関しては果実の凝縮感を出すため、色素抽出を最小限に抑えています。その後の熟成はフレンチオークの小樽にて行われ、ノンフィルターでのボトリング後、瓶内熟成を経てリリースされます。

こうして生み出されるワインは、豊満になりがちなセントラル・オタゴにおいて異彩を放つ、テンションを保ったエレガントなスタイル。ミシュランガイド全世界版において、トップ 50のレストラン中15以上のレストランに採用される実力を誇り、ジャンシス・ロビンソン女史を初めとする世界各国の評論家やワイン愛好家に愛されているのです。

商品一覧

6 件

おすすめ順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.