<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


マルセル・ダイス MARCEL DEISS

フランス
  • フランス
  • アルザス
マルセル・ダイス / MARCEL DEISS ワインボトル

現代アルザスワインの頂点に君臨する、信念と革新の生産者

アルザス地方にテロワールの概念を初めて持ち込んだとされるマルセル・ダイス。国内外問わず高い人気を博し、フランスで最も権威あるワイン評価本『レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス(現:クラスマン)』や、ワイン評論家ロバート・パーカー氏から最高評価を獲得。アルザスの頂点に君臨するワイナリーの一つとして賞賛されています。

数々の最高評価を得る、アルザスきってのワイナリー

1744年から続くダイス家は、フランス・アルザス地方コルマール市の7km北方、ベルクハイム村に位置しています。1945年に故マルセル・ダイス氏がワイナリーを設立。その後息子のアンドレ・ダイス氏を経て、3代目である現当主ジャン・ミシェル・ダイス氏に継承。創業当時約12haだった所有面積は、現在、9つの村に220区画、合計26haの斜面畑を所有するほどに拡大しています。


基本哲学は、ブドウ品種、ヴィンテージ、テロワールという3要素それぞれの特徴や個性を、バランスよくワインに表わすこと。 その為に重要視している代表的な手法の一つが混植です。リースリング種の隣にピノ・グリの樹が、その隣にミュスカの樹が、という栽培方法。通常、品種によって成熟のスピードや収穫の時期も異なりますが、ダイスの混植では全ての品種が同じスピードで成熟し、完熟を迎え、同時期に収穫。これにより、土地ごとの特性が最大限に表現されたワインが造られます。


また、 1997年からはビオディナミを採用。土壌が活性化する為、土地の特徴がよく出た、健康的なブドウが実ります。そうして実ったブドウを手作業で収穫したのち、厳しい選別が行われます。 アルザス地方のブドウの収穫量は1haあたり7,800ℓが一般的ですが、マルセル・ダイスでは従来の半分以下の3,300ℓ。スタンダード・キュヴェで、ブドウの樹1本当たりの収量約640ml、プルミエ・クリュで約350ml、グラン・クリュで約166mlと、グラン・クリュにおいてはグラス1杯~1.5杯分しか取れない程。


圧搾工程では、一般的なワイナリーが1回のプレスに約4時間で終わるところ、マルセル・ダイスでは12時間~16時間かけて、皮に含まれる全ての成分を抽出。顆粒が汗をかくようなイメージで、じわりと果汁が染み出て、圧搾が終わった時点で果皮が全く破れていない状態を極意としています。 マロラクティック発酵はほぼ行わず、1年間澱の上で熟成。そうして生みだされるワインは、豊かな酸とミネラルが際立つ他のアルザスワインとは全く異なり、複雑な味わいと美しい芳香を伴い、どれも個性的で傑出した仕上がりです。


そんなマルセル・ダイスのワインは国内外問わず人気が高く、フランスで最も権威あるワイン評価本『レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス(現:クラスマン)』にて最高の3つ星評価、ワイン評論家ロバート・パーカー氏から最高評価5つ星評価を獲得するなど、その類稀なる実力を高く評価されています。

ワインの法をも変えた信念を持つ造り手

「アルザスの土壌は、太古の地殻変動に由来する極めて複雑で多様なもの。個々の土地の強烈な個性をそのままワインに表現することが、僕の人生です。」と語る通り、ダイス氏の造るワインは、畑、つまりはテロワールの特徴を表現することを目指しています。


従来のアルザスワインは品種の個性が最優先されていたためブレンドは行わず、ラベルに単一ブドウ名を明記するのが一般的でした。その為アルザスのワイン法も同様に、エチケットへの品種表記が必須。しかし、ダイス氏は同じ品種でも土地によって全く異なる味わいになるワインの個性、つまりはテロワールの重要性を謳いました。実際に彼が生み出すワインの傑出した素晴らしさもあって、そのテロワールを重視する考え方は、アルザスの生産者の間にゆっくりと浸透していきます。


そして、マルセル・ダイスの考え方は、アルザスワイン界に大きな影響をもたらし、遂にはAOC法の改正となって結実。それまでラベルに1番大きくブドウ品種を記載しなければいけなかったのに対して、品種名よりも畑名を大きく表示するよう改正された上に、ブドウ品種は記載しなくても許されるまでに法律が改正されました。


更に、1975年に制定されたAOCグラン・クリュでは、使用が認可されているブドウ品種はリースリング、ゲヴェルツトラミネール、ピノ・グリ、ミュスカの4品種のみだったところ、例外的に複数品種のブレンドも認められるようになりました。 現在ダイス氏は、アルザス・グラン・クリュ委員会の一員として、グラン・クリュに次ぐ位置づけのプルミエ・クリュという新たな格付けの法令制定の準備を進めており、今なおアルザス・ワインの改革を進めています。

商品一覧

3 件

新着順
  • アルザス・コンプランタシオン
    750ml
    4.4 (5)
    3

    ライト

    フル

    • 白ワイン

    アルザス・コンプランタシオン

    アルザスワインの革命児。アルザスの13品種のブドウを混植、混醸して造る白ワイン。濃厚な果実味と洗練された酸を持つ爽やかな1本。

    オンライン限定商品
    • 2018

      3,520

      (税込)

  • ピノ・ダルザス
    750ml
    5 (1)
    3

    ライト

    フル

    • 白ワイン

    ピノ・ダルザス

    アルザスワインの革命児。ピノ系品種を使用した上品かつコクのある白ワイン。驚くほどフレッシュな口当たりに続く、甘美な味わい。

    オンライン限定商品
    • 2017

      3,850

      (税込)

  • リースリング
    750ml
    2

    ライト

    フル

    • 白ワイン

    リースリング

    アルザスワインの革命児。2つの異なる畑のリースリングをブレンドして醸造。ブレンドならではの複雑な要素を伴う、スケールの大きな仕上がり。

    オンライン限定商品
    • 2017

      4,730

      (税込)

この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.