<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
ビュルランベルグ-0
ビュルランベルグ-1

ビュルランベルグ BURLENBERG

750ml

2017年

アルザスワインの革命児。独特のテロワールから生み出される、ピノ・ノワールを主体とした魅惑的な味わい。

9,790

(税抜価格8,900円)

89pt

進呈

変更・返品について

現代アルザスワインの頂点に君臨する、信念と革新の生産者、マルセル・ダイス。こちらのビュルランベルグは、ブルゴーニュに見られる粘土石灰質の土壌で造られるピノ・ノワールを主に使用した1本。混植・密植による複雑で密度の高い味わいと、溶岩流によって形成された独特な土壌から生まれる香味が魅惑的な1本です。

凝縮感あるブルピノ好きにも飲んで欲しい!

商品情報

ボディ

2

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

美しい酸を感じる滑らかな赤ワイン

  • 渋味

  • 酸味

  • 果実味



在庫一覧

  • 2017

    9,790

    (税抜価格8,900円)


    詳しく見る

    味わい

    深いラズベリーレッドの色調。クランベリーやレッドチェリーのアロマに、クローヴやアーモンド、ミネラルのニュアンスが重なります。引き締まった酸とミネラル感が印象的なミディアムボディ。凝縮したしなやかな風味が伸びていき、奥行きのある味わいが感じられます。余韻は長く、赤系果実の魅惑的な味わいがお愉しみいただけます。

    コルク

商品の紹介

こちらのビュルランベルグは混植が行われている畑。わずか1ha未満の畑のうち、約93~95%がピノ・ノワールを占めており、他にはピノ・ブラン、ピノ・グリ、ピノ・ブーロが植えられています。この畑では密植も行われており、その密度は、アルザスの平均と比べ5倍以上の密度。ブドウ同士の根が競争することで、ブドウの収量は減少し、1房毎のブドウの粒の密度が高まります。畑の土壌は、溶岩流によって形成された非常に硬質な粘土石灰質土壌。粘土石灰質の土壌と言えば、優れたピノ・ノワールが多く造られる銘産地として知られるブルゴーニュ地方のコート・ド・ニュイ地区と同様の土壌です。ビュルランベルグの土壌においては、火山の溶岩流によって形成されており、生み出されるワインは、香ばしい風味を備えているのが特徴です。ピノ・ノワールに適した土壌と、マルセル・ダイスの卓越したテロワール表現によって、魅惑的な深い味わいに仕上がっています。

生産者について

マルセル・ダイス

マルセル・ダイス MARCEL DEISS

現代アルザスワインの頂点に君臨する、信念と革新の生産者

1744年から続くダイス家は、フランス・アルザス地方コルマール市の7km北方、ベルクハイム村に位置しています。1945年に故マルセル・ダイス氏がワイナリーを設立。その後息子アンドレ・ダイス氏を経て、3代目である現当主ジャン・ミシェル・ダイス氏に継承。創業当時約12haだった所有面積は、現在9つの村に220区画、合計26haの斜面畑を所有するほどに拡大しています。

ワイン造りの基本哲学は、ブドウ品種、ヴィンテージ、テロワールという3要素それぞれの特徴や個性をバランス良くワインに表わすこと。そのために重要視している代表的な手法の一つが混植です。1本のリースリング種の隣にピノ・グリの樹が、その隣にミュスカの樹があるという栽培方法。通常、品種によって成熟のスピードや収穫の時期も異なりますが、ダイスの混植では全ての品種が同じスピードで成熟し、完熟を迎え、同時期に収穫。これにより土地ごとの特性が最大限に表現されたワインが造られます。また、 1997年からはビオディナミを採用。土壌が活性化するため、土地の特徴がよく出た、元気で健康的なブドウが実ります。

ブドウを手作業で収穫した後、厳しい選別を実施。その後一般的な圧搾工程では1回のプレスに約4時間掛かるところ、マルセル・ダイスでは圧搾工程に12~16時間かけて、皮に含まれる成分を抽出。ブドウの実が汗をかくようなイメージで、果汁がじんわりと染み出て、プレスが終わった時点でブドウの果皮が全く破れていない状態を極意としています。マロラクティック発酵はほとんど行わず、1年間澱の上で熟成。造り出されるワインは、一般的に豊かな酸とミネラル感が際立つアルザスワインとは全く異なり、複雑な味わいと美しい芳香を伴い、どれも個性的で傑出した仕上がりです。

生産地について

フランス アルザス

フランス アルザス

多様な地形と品種が織りなす、独自の発展を遂げた産地。

フランス北部、ヴォージュ山脈の裾野に110Km以上にもわたりワイン街道を擁するアルザス地方。ドイツとスイスとの国境に近いという土地柄、さまざまな文化が融合し、食文化においても独自の発展を遂げた街として知られています。造られるワインの90%以上は白ワインです。リースリング、ピノ・グリ、ピノ・ブラン、ゲヴュルツトラミネールなどが栽培されており、自然派の生産者が多く、天然酵母を使用し、発酵・熟成にはステンレスタンクや長年使用された大樽を用いるなど、豊かな酸とフレッシュな果実味を活かしたワインが特徴です。


クチコミ

クチコミ投稿がありません。


スタッフレビュー

全て見る
  • 凝縮感あるブルピノ好きにも飲んで欲しい!

    熟成ポテンシャルがあって凝縮感満載のブルゴーニュワインがお好きな方にぜひおすすめしたいのが、こちらのビュルランベルグ。抜栓直後ではなく数時間置いたあとの開いてきたそのアロマは、カシスやブラックベリーのように濃縮感ある印象で、フローラルさも感じます!まだまだ熟成ポテンシャルを兼ね備えているので、熟成後はより妖艶なワインへとなっていくでしょう。時にはアルザスの赤ワインで贅沢な気分を味わってみてはいかがでしょうか?

    レビュー全文を見る
    • ブルピノ好き必見
    • 熟成させたい
    • 大き目のグラスで

    2022.03.04

  • バローロやジュヴレ・シャンベルタンの様なポテンシャル!

    色はやや濃いルビーで凝縮感があります。抜栓直後は香りが閉じており、バローロの様なスミレ、バラ、ドライいちじく等の深遠な香りが取れます。大きめのブルゴーニュグラスでのむことをオススメします!発展段階ではありますが、ドライフルーツやシダ、タバコ、なめし革といった熟成由来の香りも取ることができます。活き活きとした果実味が香りの大部分を占めており、熟成により更なる発展が見込める偉大なワインです。 酸とタンニンにパワーがあり上質なブルゴーニュにも負けない複雑味も持ち合わせています。進化し続けるアルザスの赤ワインを知る事が出来る良いワインでした。

    レビュー全文を見る
    • 酸がたまらない
    • ブルピノ好き必見
    • 熟成させたい

    2022.02.18

ギフトサービスについて


ギフトボックス

こちらは特殊な形状のためギフトボックス、およびラッピング(リボン・熨斗)をご指定いただけません。

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.