トロ・ボー
TOLLOT-BEAUT

お気に入り追加

フランス

フランス ブルゴーニュ アロース・コルトン コート・ド・ボーヌ

フランス

フランス ブルゴーニュ サヴィニー・レ・ボーヌ コート・ド・ボーヌ

フランス

フランス ブルゴーニュ ショレイ・レ・ボーヌ コート・ド・ボーヌ

フランス

フランス ブルゴーニュ ボーヌ コート・ド・ボーヌ

トロ・ボー / TOLLOT BEAUT ワインボトル

小さな村「ショレイ・レ・ボーヌ」を代表するドメーヌ


長年ブルゴーニュワインラヴァーを虜にしてきた老舗ドメーヌ、トロ・ボー。その安定したクオリティの高さから多くの星付きレストランでの採用実績を誇り、親しみやすい味わいは幅広い層から支持されています。

特級畑含む最新2021年ヴィンテージが待望の初入荷!


この度、トロ・ボーの最新2021年ヴィンテージが初入荷いたしました。2021年は収量こそ少ないものの、出来上がったワインは見事な仕上がりとなったグレートヴィンテージ。トロ・ボーにおいても「2021年は難しい年だったがワインはとても良い出来である。」と自信を覗かせるヴィンテージです。最新ヴィンテージが手に入る貴重なこの機会を、是非お見逃しなく!

目次

グレートヴィンテージながら生産量も少ない、稀少な2021年

ブルゴーニュの2021年は、ブドウの収量が減少したもののワインはエレガントな仕上がりになったことが特徴です。4月に夜間の気温が大幅に下がり、ブルゴーニュ全域で深刻な霜害が発生。また生育期間である春から夏にかけて湿度が高まり、病害に悩まされる生産者もいました。ただ生き残ったブドウには2020年と比べてジュースがしっかりと蓄えられており、酸味も高い傾向だったことから、ワインは果実味と酸味のバランスに優れた出来栄えとなったのです。


トロ・ボーの2021年生産量は通常年と比較して平均で30%ダウンしてしまいました。ただ、トロ・ボーは2021年について「難しい年だったが出来上がったワインはとても良い。」とコメント。果実を優しく丁寧に抽出したことでフレッシュな果実味と酸が際立ち、赤ワイン、白ワインともにエレガントな仕上がりです。果実の凝縮感が特徴的な2020年ヴィンテージに比べ、2021年は酸が活きたヴィンテージと言えるでしょう。

幅広い層から愛される、歴史ある名門トロ・ボー

ショレイ・レ・ボーヌに本拠地を置き、代々続く家族経営のドメーヌ、トロ・ボー。果実味が豊かでタンニンが丸く、熟成を経て変化する複雑味を兼ね備えた力強くエレガントなスタイルは、多くのワインラヴァーの心を虜にしています。

ドメーヌ・トロ・ボーの歴史は、1880年に初代のフランソワ・トロ氏がショレイ・レ・ボーヌ村にブドウ樹を植えたのが始まり。それを引き継いだ2代目アレクサンドル氏の妻の名字が「ボー」といい、両家の姓が合わさり「トロ・ボー」となりました。トロ・ボーはブルゴーニュでも早くからドメーヌ元詰めのワインを出荷し始めた造り手の1つでもあります。


その後、サヴィニー・レ・ボーヌ、アロース・コルトン、ボーヌにも畑を買い足し、1970年代には当初18haだった畑を25haにまで拡大。現在は赤ワイン14銘柄、白ワイン2銘柄の合計16ものアペラシオンを手掛けるショレイ・レ・ボーヌを代表する造り手となっています。

オーナーファミリー ナタリー・トロ氏

トロ・ボーの哲学は、「仕事の8割は畑で最高のブドウを造ること」。所有する畑は、どの畑も同様の方法で丁寧に管理しています。所有する畑の総面積25haのうち、グラン・クリュは1.5ha、プルミエ・クリュは7ha弱で残りは村名とACブルゴーニュクラスの畑です。また、村名クラスやACブルゴーニュのワインが秀逸でコストパフォーマンスに優れていることも、幅広い層から愛されている所以でもあります。

テロワール反映の基盤となる良質な「ブドウの樹」栽培

オーナーファミリーのナタリー氏曰く、ワイン造りにおいてトロ・ボーで最も重視していることは、「畑仕事」とのこと。ドメーヌ創業当初、フィロキセラ前は高い植樹密度でブドウが栽培されていましたが、フィロキセラ後の植え替えによって、畑で馬を使う必要がでてきたため、その結果植樹密度が低くなったのです。


そしてブドウ樹が地中深くまで根を伸ばし、より忠実にテロワールを反映した良質なブドウを生み出せるよう、除草剤や化学肥料などは一切使用せず、リュット・レゾネを実践。初夏には樹冠を管理して、ブドウの房に適度な日が当たり、風通しがよくなるようにしたり、病害を防ぐためにすべてのブドウ樹をチェックしたりするなど、品質のために非常に丁寧な畑仕事が行われています。


ブドウはすべて手摘みで収穫され、伝統的な手法で醸造されます。熟成時の新樽率はACブルゴーニュと村名で20%~30%ほど、グラン・クリュでも約50%と、ブドウの果実味を重視した造り。16カ月から18カ月間の樽熟成の後に瓶詰めされます。こうして造られるワインは、味わいに一切の雑味がなく、テロワールの個性を見事に表現したスタイル。ピュアな果実味が心地良い優美な味わいです。

安定したクオリティの高さを誇る、親しみやすい味わい

長い歴史を持つトロ・ボーですが、ワインの質を向上させるために変化を恐れずに様々な試みにチャレンジしています。トロ・ボーのトレードマークともいえる印象的なシルエットのボトルもその1つ。ボトルとコルクの密着度を上げるため1997年にこのシルエットを考案し、1999年のヴィンテージより実装されています。ボトルを厚くしコルクとの密着度を上げることでコルクの落下を防ぐことができるようになり、熟成に適した形状になりました。

そのほかにも新しい技術を取り入れることにも貪欲で、2014年からは光学選果機や新しい除梗機械を導入。光学式選果機によって、葉や虫も取り除かれ、より健全なブドウを選別が出来るようになりました。新しい除梗機は、重力を使って種をつぶさずに優しく除梗することが可能。種が傷つくことによる余計な雑味の抽出を防ぎ、より香りや果実味が引き出せるようになり、これまで以上に透明感が増す仕上がりになっています。


トロ・ボーのワインは、安定感のあるクオリティの高さと、食事に寄り添ってくれるような親しみやすい味わいが特徴。そのため星付きはもちろん、多くのレストランにオンリストされています。いつ開けても両手を広げて歓迎してくれるような親しみやすい味わいは、星付きレストランのソムリエたちをも魅了し、一流の料理とともに提供されているのです。

今回入荷したおすすめ銘柄

王様の区画の意味を持つ一級畑。豊富なミネラル感と穏やかな果実味が魅力。


ボーヌ プルミエ・クリュ クロ・デュ・ロワ

トロ・ボー
4.5 (2件)

本数限定

2021

16,500

(税抜価格15,000円)

  • V 91-93

若いうちから愉しめる、酸味とタンニンのバランスが取れた一級畑。


サヴィニー・ラヴィエール プルミエ・クリュ

トロ・ボー
4.8 (5件)

本数限定

2021

12,100

(税抜価格11,000円)

  • V 88-90

古樹を贅沢に使用して造られる、凝縮感のある果実味が魅力の赤ワイン。


アロース・コルトン

トロ・ボー
4.7 (15件)

2021

12,100

(税抜価格11,000円)

当主ナタリー氏もお気に入りの、親しみやすく優しい果実味が特徴の1本。


ショレイ・レ・ボーヌ

トロ・ボー
4.3 (30件)
ライトボディ
2
フルボディ

2021

8,030

(税抜価格7,300円)

ブドウの旨味が伝わる、溌剌とした果実味が引き立つ赤ワイン。


ブルゴーニュ コート・ドール ルージュ

トロ・ボー
4.4 (17件)
ライトボディ
2
フルボディ

2021

6,600

(税抜価格6,000円)

ショレイ・レ・ボーヌ2021年を含む新着3本セット

  • 送料無料

  • 13% OFF

ブルゴーニュ新着2021年赤白3本セット [750ml x 3]
2250ml

ブルゴーニュ新着2021年赤白3本セット [750ml x 3]

  • ミックス
13%OFF&送料無料
  • 26,730

    23,100

    (税込)

    NEW

愛好家必見の新着銘柄が続々入荷!

トロ・ボーの全ラインナップ

この記事をシェア

商品一覧

14 件

おすすめ順

公式SNS・APP

最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

line お友達登録

お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

公式アプリ

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

ほどよく、楽しく、良いお酒。のんだあとはリサイクル。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。