0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)
サヴィニー・シャン・シュヴレ プルミエ・クリュ サヴィニー・シャン・シュヴレ プルミエ・クリュ サヴィニー・シャン・シュヴレ プルミエ・クリュ
※ 一部ワインショップでは商品のお取扱いがない場合もございます。
SAVIGNY CHAMP CHEVREY 1ER CRU

SAVIGNY CHAMP CHEVREY 1ER CRU

総合評価:

5.0

ショレイ・レ・ボーヌの名門ドメーヌ、トロ・ボー。
スケールが大きく、長期熟成のポテンシャルを秘めた
トロ・ボーのモノポール、一級畑"シャン・シュブレ"


ドメーヌ・トロ・ボーは、ショレイ・レ・ボーヌに本拠地を置く
19世紀から続く、由緒正しい家族経営のドメーヌ
果実味が豊かでタンニンが丸く、身体に自然と溶け込むような
ブドウの旨味を引き出した上品な味わい

また熟成を経て変化する複雑味を兼ね備えた力強く
エレガントなスタイルは、多くのワインラヴァーの心を虜にしています。

トロ・ボーが所有する畑の総面積は24ha。
そのうちグラン・クリュは僅か1.5ha、プルミエ・クリュは7ha弱で
残りは村名とACブルゴーニュクラス。グラン・クリュの生産は僅か3銘柄と決して多くはないものの、
偉大なグラン・クリュが1万円台で手に入るという良心的な価格に加え、
村名クラスやACブルゴーニュのワインが、
秀逸で非常にコスト・パフォーマンスが高い

ことが、ワイン初心者からコアなブルゴーニュラヴァーまで
幅広い層から トロ・ボーが愛されている所以です。

「私たちのワイン造りは心からその土地を愛し、ブドウの魅力を的確に伝えていくこと。
仕事の8割は畑で最高のブドウを育てることに尽きます」と語るのは、
オーナーファミリー5代目のナタリー女史。

ブドウ栽培では除草剤などの化学肥料は一切使用せず芽掻きに加え、
例年ヴァンダンジュ・ヴェールト(グリーン・ハーヴェスト)と呼ばれる、
1本の樹になるブドウの房を、育つ前の小さな状態で切り取る手法で低収量を保っています。
ブドウは全て手摘みで収穫され、静浄な醸造室での発酵は伝統的な手法で行われます。
熟成時の新樽率はACブルゴーニュとACヴィラージュで20%~30%ほど、
グラン・クリュでも60%以下とブドウの果実味を重視

16ヵ月から18ヵ月間の樽熟の後に瓶詰めされます。

また、骨格がしっかりとした造りで、
長期熟成へ耐え得るポテンシャルの高さ
も特徴の1つ。
ぽってりと重量感のあるシルエットのボトルは、ラベルを貼りやすくする為だけでなく、
熟成させることを前提として造られており、コルクとの密着性を高めるため、
首の部分はキュッと細くなっています。

サヴィニー・レ・ボーヌは「ボーヌの傍ら」という意味を持ち、
質の高いワインが生産される村ですが、
ヴォーヌ・ロマネやジュヴレ・シャンベルタンのようなグラン・クリュ(特級)が無いため、
どことなく目立ちにくい存在です。
しかし、ブルゴーニュワインラヴァーが目をつけるのは、こういうワイン。

こちらの"シャン・シュヴレ"はサヴィニー・レ・ボーヌのプルミエ・クリュ(一級)
グラン・クリュが存在しないサヴィニー・レ・ボーヌでは、
プルミエ・クリュこそトップクラスの畑。
しかも、"シャン・シュヴレ"はトロ・ボーのモノポール(単独所有畑)です。
ブドウの栽培から醸造まで全てにおいて、
トロ・ボーのスタイルが100%表現されたワインと言えるでしょう。


2012年は、春から雨が多く、夏に雹を伴った雷雨の被害によって
ブルゴーニュ全体では生産量が例年に比べ、非常に少ない年となりました。
しかし、9月後半の良好な天候により、結果としてブドウは申し分なく熟し、
豊かさと凝縮感がありながら、しっかりとしたフレッシュさも残したワインが造られました。
2012年のスタイルは2010年同様、果実味とアロマが豊かなうえ、
エレガントな酸とミネラルが主体となったスタイル。
特に、2012年は2010年に比べてより軽やかで綺麗な酸が特徴
です。

イチゴやフランボワーズの赤系果実の香りと
カシス、ブラックチェリーの黒系果実の香りがキレイに混じり合います。
フレッシュなハーブやスパイス、バニラ、僅かに感じられるトースト香。
口に含むと、凝縮した瑞々しい果実味、綺麗な酸、ミネラル、タンニン、
全ての要素が合わさりスケールの大きさを感じます。
トロ・ボーならではの澄み切った果実味のある、
長期熟成のポテンシャルを秘めた上質なワインです



評価:ワインアドヴォケイト誌(パーカーポイント)にて91点を獲得
※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

2012年は、春から雨が多く、夏に雹を伴った雷雨の被害によって
ブルゴーニュ全体では生産量が例年に比べ、非常に少ない年となりました。
しかし、9月後半の良好な天候により、結果としてブドウは申し分なく熟し、
豊かさと凝縮感がありながら、しっかりとしたフレッシュさも残したワインが造られました。
2012年のスタイルは2010年同様、果実味とアロマが豊かなうえ、
エレガントな酸とミネラルが主体となったスタイル。
特に、2012年は2010年に比べてより軽やかで綺麗な酸が特徴
です。

イチゴやフランボワーズの赤系果実の香りと
カシス、ブラックチェリーの黒系果実の香りがキレイに混じり合います。
フレッシュなハーブやスパイス、バニラ、僅かに感じられるトースト香。
口に含むと、凝縮した瑞々しい果実味、綺麗な酸、ミネラル、タンニン、
全ての要素が合わさりスケールの大きさを感じます。
トロ・ボーならではの澄み切った果実味のある、
長期熟成のポテンシャルを秘めた上質なワインです



評価:ワインアドヴォケイト誌(パーカーポイント)にて91点を獲得

PAGE TOP

竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (712 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (324 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (324 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)