<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
アロース・コルトン-0
アロース・コルトン-1

アロース・コルトン ALOXE CORTON

750ml

2018年

三ツ星レストランのソムリエたちをも魅了する名門ドメーヌ。古樹を贅沢に使用して造られる、凝縮感のある果実味が魅力の赤ワイン。

8,580

(税抜価格7,800円)

78pt

進呈

4.7

(10)

ショレイ・レ・ボーヌに本拠地を置き、19世紀から続く由緒正しい家族経営のドメーヌ。こちらのアロース・コルトンは、平均樹齢50年のピノ・ノワールを贅沢に使用しています。長期熟成のポテンシャルも兼ね備えており、力強い果実味が魅力の赤ワインです。

5

今、飲んでとてもおいしい

2016年を試飲イベントでいただきました。香りがしっかり開いており、酸やタンニンのバランスがとても良く、今、開けてすぐ美味しいワインだと思いました。この価格ならコストパフォーマンス良いですね。

ドキッとさせられました

ベリー系の華やかな香水のようなワインで、甘やかな味わいも特徴的です。でも本質は真っ白でキレイなんだと感じました。それはまるで清純派女優が、今日は化粧品のプロモーションの為、あえて大人っぽく着飾っているような、、そんな感じです…きっと。。

商品情報

ボディ

2

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

美しい酸を感じる滑らかな赤ワイン

  • 渋味

  • 果実味

  • 酸味



在庫一覧

  • 2018

    8,580

    (税抜価格7,800円)


    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2018年のブルゴーニュは生産者の力量が大きく影響した年です。夏は例年より高温な日が続き、収穫期も温暖な気候でした。そのため、収穫のタイミングの判断を失敗してしまうと、よりアルコール度数の高いワインに仕上がってしまいます。醸造においても、ゆっくり抽出をするなど丁寧な造りを要求されます。しかし、確かな醸造家たちの手にかかると、ふくよかなボディや豊かな果実味を持ったワインに仕上がり、高いクオリティを持つこととなりました。

    味わい

    外観は深みのあるルビーレッド。グラスから漂うラズベリーやレッドチェリー、ブラックベリーなどの果実のアロマに、スミレやシナモンのようなニュアンス。口に含むと、凝縮感のある果実味と上質なタンニンが広がり、力強いストラクチャーが感じられます。ミネラルの風味とともに訪れる、長い余韻も魅力です。

    飲み頃

    ~2030年

    コルク

商品の紹介

こちらのアロース・コルトンには、水分を多く含んだ粘土質土壌の区画の平均樹齢50年のブドウを使用。収穫は手摘みで行い、基本的に100%除梗します。発酵では、コンクリートタンク、またはステンレスタンクを使用。最初の数日はルモンタージュを行い、その後は日に2回ピジャージュします。自然な味わいを引き出したいという考えから、低温マセラシオンはせずに、10日間発酵。熟成は20~30%の新樽にて、16~18ヵ月間させた後に瓶詰します。こうして造られるワインは、長期熟成のポテンシャルを兼ね備えた力強い果実味が魅力です。

生産者について

トロ・ボー

トロ・ボー TOLLOT BEAUT

多くのワインラヴァーを虜にする、由緒正しい家族経営ドメーヌ

ショレイ・レ・ボーヌに本拠地を置き、代々続く由緒正しい家族経営のドメーヌ・トロ・ボー。トロ・ボーの歴史は、1880年にまで遡ります。現在5代目当主のナタリー女史の曽祖父にあたるアレクサンドル・トロ氏がショレイ・レ・ボーヌに畑を購入したことが始まり。アレクサンドル氏の妻の名字が「ボー」といい、両家の姓が合わさりトロ・ボーとなりました。トロ・ボーはジュヴレ・シャンベルタンのアルマン・ルソーやニュイ・サン・ジョルジュのアンリ・グージュ、ヴォルネイのマルキ・ダンジェルヴィーユらとともに、ブルゴーニュで最も早くドメーヌ元詰めのワインを出荷し始めた造り手の1つでもあります。
ナタリー女史は、「私たちのワイン造りは心からその土地を愛し、ブドウの魅力を的確に伝えていくこと。仕事の8割は畑で最高のブドウを育てることに尽きます」と語ります。ブドウ栽培では除草剤などの化学肥料は一切使用しないリュット・レゾネを実践。ブドウは全て手摘みで収穫され、静浄な醸造室での発酵は伝統的な手法で行われます。熟成時の新樽率はA.C.ブルゴーニュとA.C.村名で20%~30%、特級畑でも60%以下と低いのが特徴。樽香が強く出すぎないよう、ブドウの果実味を重視しています。また、骨格がしっかりとした造りで、長期熟成へ耐え得るポテンシャルの高さも特徴の1つ。ぽってりと重量感のあるシルエットのボトルは、ラベルを貼りやすくする為だけでなく、熟成させることを前提として造られており、コルクとの密着性を高めるため、首の部分はキュッと細くなっています。果実味が豊かでタンニンが丸く、身体に自然と溶け込むようなブドウの旨味を引き出した上品な味わいと、熟成を経て変化する複雑味を兼ね備えた力強くエレガントなスタイルは、多くのワインラヴァーの心を虜にしています

生産地について

フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ アロース・コルトン

フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ アロース・コルトン

骨格があり、悠然とした皇帝のワインを生む村。

アロース・コルトンは、ブルゴーニュ地方で唯一、赤ワインと白ワインの特級畑を擁する名高いアペラシオンです。有名な「コルトンの丘」の斜面に広がる美しいブドウ畑から、優雅と気品に満ちたすばらしい赤ワインと白ワインを産出している産地。ヨーロッパの父と呼ばれるフランク王国の君主シャルルマーニュに由来する特級畑のコルトンとコルトン・シャルルマーニュは、「コルトンの丘」の斜面上部の特級畑で、その周りを囲むように13区画の1級畑が続き、村名クラスの畑がより低い斜面に広がっています。


クチコミ

全て見る

4.7

10 件のクチコミ

  • ペ天使さん

    安定の美味しさ

    トロ・ボーは、我が家の食卓(特別なとき)には欠かせないワインのひとつ。安定した美味しさで、お料理にも合わせやすく、安心して飲めます。友人にも好評で、トロ・ボーのファンが増えるのもうれしいです。

    2021.03.20

  • Kazさん

    一言で言うと至高

    これを飲む前まではボルドー一筋だったのですが、ブルゴーニュでお手頃・お勧めを店頭でヒアリングしこちらを購入。飲むたびにピノの奥ゆかしさ、複雑で飽きず飲み続けられるような感じ。タンニンと酸のバランスも素晴らしく、本当においしい。 ドメーヌ・トロ・ボーさんのは他にも飲みましたがどれも素晴らしく、私にとってはアロースコルトンが一番良いと感じました。

    2021.07.03

  • ピノノさん

    2011年

    お値段以上の大満足の1本です

    香りがよく、ピノノワ―ルらしい力強さのなかにも、柔らかい果実味も感じられ、最初から最後まで非常に楽しめました。また飲みたい、と感じられる1本でした。

    2015.02.11

  • レタスさん

    2018年

    透明感

    タンニンがしっかりしています。素晴らしい透明感があり、赤果実味、黒果実味系、クローブやシナモン、後味にピリッとしたスパイス、驚きです。

    2021.12.14


スタッフレビュー

全て見る

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.