ボルドーワインの最高峰!五大シャトーとは?

ボルドーのシャトー

フランス ブルゴーニュに並ぶ、世界最高峰のワイン銘醸地のひとつと言えば、ボルドー。「水のほとり」という古語を名前の起源とした、フランスを代表するワイン産地です。

同国のAOCの産地の最大面積を誇るボルドーですが、特に有名な制度として知られているのが、「メドックの格付け」。

メドック地区のシャトーが5級から1級まで格付けされており、その1級に位置する「五大シャトー」は世界的にも高い評価を得ています。「五大シャトー」とは何かについて解説していきます。

メドックについて

ランシュバージュ

五大シャトーについて考える前に、まずメドックについて知っておきましょう。メドック地区は、ジロンド川の左岸に位置するワイン産地で、一般的にボルドーワインの「左岸」として紹介されます。

ちなみに、右岸はサン・テミリオンやポムロールなどの産地を指して使われています。メドックのコミュナルAOCは、下流から「サン・テステフ」「ポイヤック」「サン・ジュリアン」「マルゴー」があり(他ムーリ、リストラック)、格付けされているシャトーはこれらに村に集中します。

カベルネ・ソーヴィニョンを中心とした、長期熟成タイプのフルボディの赤ワインが多く造られている産地です。

メドックの格付けとは?

樽

メドックの格付けとは、その名の通りメドック地区に点在するシャトー(生産者)で行われた格付けのこと。

同格付けの歴史は、1855年のパリ万国博覧会にまで遡ります。すでに何世紀にもわたってイギリスで高い評判を得ていたボルドーワイン。

世界中の人々が訪れる博覧会の目玉のひとつになると考えたナポレオン3世の命により、ボルドー商工会議所がメドック地区の生産者の格付けを行いました。

その格付けは、当時のワイン仲買人の情報(評判)と取引価格に基づいてランク付けされ、特に後者を重視して決められています。

メドックの格付けに選ばれた61銘柄

シャトー・オーブリオン

格付けは、第1級(プルミエ・グラン・クリュ)から、第5級(サンキエム・グラン・クリュ)の5段階に分けられ、メドック地区からは60銘柄が選ばれました。

また、17世紀にその名声が確立されていたペサック・レオニャンの「シャトー・オー・ブリオン」が第1級に選ばれたことで、計61銘柄がメドック格付けワインとして分類されました。

当時第1級に選ばれたのは、「シャトー・オー・ブリオン」含め、「シャトー・ラトゥール」、「シャトー・ラフィット・ロスチャイルド」、「シャトー・マルゴー」の4シャトー。

「シャトー・ムートン・ロスチャイルド」は1855年時点では第2級でしたが、同シャトーのさまざまな働きかけにより、1973年に第1級に昇格。

格付け制定直後にオー・メドックの「シャトー・カントメルル」が5級に追加されたことと、前述した「シャトー・ムートン・ロスチャイルド」の第1級昇格以外、メドック格付けの変動は無く、当時より各シャトーの地位は揺るがないものになっています。

五大シャトーについて

ここからは、五大シャトーに選ばれたシャトーを紹介していきます。

シャトー・ラトゥール

シャトー・ラトゥール

「シャトー・ラトゥール」は、メドック地区ポイヤックに位置する格付け第1級シャトー。14世紀中頃に要塞として建設された塔をシンボルとしたシャトーとして知られており、他の第1級シャトーの中で、最も安定した品質のワインを造ることで有名です。

18世紀初頭、ニコラ・アレキサンドル・ド・セギュール侯爵が所有者となった頃から名声を高めていき、彼の死後もその高い名声は維持され続け、格付けでも第1級の称号を勝ち得ました。

「シャトー・ラトゥール」の特徴は、凝縮感のある、力強い長期熟成に向くワインと言われています。

シャトー・ラフィット・ロスチャイルド

シャトー・ラフィット・ロスチャイルドのラベル

五大シャトーの筆頭と称される、メドック地区ポイヤックにある「シャトー・ラフィット・ロスチャイルド」。

1855年のメドックの格付けの際、当時最も取引価格が高いワインだったことから、“筆頭”と今も称され続けています。

「シャトー・ラフィット・ロスチャイルド」は、その昔、ヴェルサイユ宮殿で毎夜開催される晩餐会に振る舞われ、ルイ15世が嗜んでいるワインということから、「王のワイン」と呼ばれるようになります。

結果フランスの貴族のステータスシンボルとなることで名声を高め、同時にメドック地区の品質の高さを伝える結果にもなったのです。「シャトー・ラフィット・ロスチャイルド」の特徴は、気品ある味わいであり、長期熟成を経たものは、究極のエレガンスを体現していると称されます。

シャトー・ムートン・ロスチャイルド

シャトー・ムートン・ロスチャイルドのラベルメドック地区ポイヤックに位置する、「シャトー・ムートン・ロスチャイルド」。

前述したように、1855年の格付けでは第2級の格付けだったものの、その後1973年に第1級に昇格を遂げた異例なシャトーです。

当時第2級に格付けされた時、所有者のロスチャイルド家が言い放った「1級になることはできないが2級には甘んじることはできない。ムートンはムートンなり」といった台詞が大変有名です。

「シャトー・ムートン・ロスチャイルド」は、ブドウ栽培環境はじめ、醸造設備、熟成方法など、革新的な改革を行い第1級昇格へ働きかけを続けます。

結果1973年に第1級に昇格するのですが、その時も、「我々は1級になった、かつては2級だった、しかしムートンは昔も今も変わっていない」という有名な言葉を残しています。

「シャトー・ムートン・ロスチャイルド」は、1945年以降、ダリやシャガール、ミロをはじめ、現代アーティストなど、ワインのエチケットにアーティストの作品を起用しており、コレクターからも人気を博しています。

人気の裏では、カリフォルニアでジョイントワインを手掛け成功へ導くなど、ほかシャトーには無い、革命児的存在のシャトーとして君臨し続けています。

シャトー・マルゴー

シャトー・マルゴーのラベル

「シャトー・マルゴー」メドック地区のマルゴーに位置する第1級シャトーが、「シャトー・マルゴー」。

1855年の格付けの際、20点満点のテイスティングが行われていますが、「シャトー・マルゴー」のみが唯一満点評価を得たことで知られている、名実ともにトップクオリティのシャトーです。

「シャトー・マルゴー」は、イギリス初代首相ロバート・ウォルほか、文豪ヘミングウェイがあまりにもマルゴーを愛し過ぎてその名を娘につけるなど、各界の著名人に寵愛されていたワイン。

五大シャトーの中で、もっとも女性的と称されており、その柔らかく華やかでロマンティックな味わいは、昔も今も多くのワインラヴァーを魅了し続けています。

シャトー・オー・ブリオン

シャトー・オー・ブリオンのシャトー

「シャトー・オー・ブリオン」は、グラーブ地区のペサック・レオニャンに位置する第1級シャトーです。メドック地区の格付けでありながら、当時から大変有名であったために、唯一ペサック・レオニャンから格付けされた、異例なシャトーです。

有名なエピソードのひとつに、フランスがナポレオン戦争で敗れた後の「ウィーン会議」で、毎夜豪華な食事とともに「シャトー・オー・ブリオン」が各国の代表者に振る舞われた、というものがあります。

このことがきっかけで各国の代表者たちの態度が軟化し、フランスが領土をほとんど失わずに済んだ、とさえ言われているのです。

フランスの救世主として称えられた「シャトー・オー・ブリオン」だからこそ、メドック地区の格付けでありながら、第1級という名誉が与えられたのかもしれません。「シャトー・オー・ブリオン」の特徴は、ボディが厚く、タイトなため長期熟成を経て真価を発揮するところでしょう。

カベルネ・ソーヴィニョンより、メルロの比率が高くなるヴィンテージがあるなど、メドック地区とはまた違った個性を持つ個性的な1本です。

まとめ

ここでは、メドック地区の格付けの五大シャトーを紹介しました。ボルドーには、ほかにソーテルヌ・バルサックの格付けやグラーブ地区の格付け、サン・テミリオンの格付けなど、さまざまな格付けが存在しています。

第1級シャトーのワインは、世界中のワインラヴァー憧れの存在。

ボルドーワインを知るためにはもちろん、世界中の赤ワインの最高峰に位置するこの5本の味わいを、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事はこちら