ボジョレー・ヌーヴォー2017 11月1日以降
シャトー・ラトゥール シャトー・ラトゥール シャトー・ラトゥール
※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。


シャトー・ラトゥール

CH.LATOUR

価格:90,000 円 (97,200 円 税込) ~

総合評価:

4.5
完璧なまでの品質主義から生み出す、
"常に最高の品質、力強くタニックで荘厳"なスタイル。
世界最高峰に君臨する偉大なワイン。
  • 01

    2007 750ml

    90,000 円 (97,200 円 税込)

    WA 92+WS 90

    900 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2007年のボルドーは、ブドウの花咲く4月は暑い日が続きましたが、夏になると一転して雨が降り続き、 気温も低く多くのシャトーがブドウ収穫への危機感をもった年。9月からは天候も一転、好天に恵まれ、昼夜の温度差も大きく、ブドウの成熟はゆっくりと確実に進行しました。 最終的に、特にカベルネ・ソーヴィニヨンにとっては理想的なヴィンテージとなりました。

    2007年のシャトー・ラトゥールは、新しく改装されたセラーで造られた記念すべきヴィンテージで素晴らしい出来栄え。甘い花の香りは花束を思わせるほど華やか。黒系果実のニュアンスとミネラル感がマッチしたテイスト。ソフトなタンニンがとてもエレガントな印象を与えます。今ちょうど飲み頃に差しかかったお値打ちヴィンテージ。是非この機会に、1級シャトーの魅力を存分にお楽しみください。

    カベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロ20%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド1%

    数量:
  • 02

    2006 750ml

    110,000 円 (118,800 円 税込)

    WA 94WS 95

    1100 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2006年のボルドーは、7月の猛暑による影響でブドウの粒は小さく、8月は糖度とフェノール化合物が増加するのに適した穏やかで乾燥した天候でした。9月中旬の降雨の頃には、すでにリッチで凝縮した果実が実り、ワインは豊かな果実味と繊細なアロマを持ったクラシカルなスタイルに仕上がりました。

    ワインの色味は素晴らしく、カベルネ・ソーヴィニヨンの特徴をしっかりと表現した、力強いワイン。西洋スギやクレーム・ド・カシス、木炭やシガーなどが混ざり合う複雑なアロマがあり、口に含むと、果実味は控えめで、テロワール由来の大地のニュアンスが広がります。熟成ポテンシャルを秘めた力強いワインです。

    飲み頃:2018~2040年

    カベルネ・ソーヴィニヨン86%、メルロ、カベルネ・フラン

    数量:

    残りあと3本

  • 03

    2005 750ml

    215,000 円 (232,200 円 税込)

    WA 98WS 99

    2150 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    歴史に残るグレートヴィンテージとなった2005年。開花から収穫までパーフェクトに近い天候に恵まれ、健全なブドウが収穫できました。豊かなタンニンとエキス分、高い糖度と酸を持った完璧とも言えるブドウからは、熟成へのポテンシャルを備えた素晴らしいワインが造られています。年を経るごとにその評価は高まるばかりで、市場からは既に無くなりつつあり、「見つけたら絶対買うべき」と言える稀少性の高いヴィンテージです。

    外観は深みのあるダークルビーの色調。前面に出ているブラックカラントやブラックベリーなど黒系果実のアロマと共に、スパイスやタバコ、森林、フローラルなど様々な要素のニュアンスが溢れ出します。口に含むとしっかりとした骨格があり、ラズベリーなどの濃縮した果実味や甘く円熟したタンニンがありつつも、どこか繊細な印象を持つのが魅力的。果実味と酸、ミネラルのバランスが見事で、いつまでも続くような長い余韻があります。

    ワイン評価誌で素晴らしい高得点を獲得した、世紀のグレートヴィンテージ。計り知れない熟成ポテンシャルを持つ1本を、是非見つけたこの機会に手に入れてはいかがでしょうか。

    飲み頃:2018年~2055年頃

    カベルネ・ソーヴィニヨン87%、メルロ、プティヴェルド13%

    数量:
  • 04

    2004 750ml

    125,000 円 (135,000 円 税込)

    WA 95WS 95

    1250 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2004年ボルドーは、豊作の年でポイヤック、マルゴーなどの左岸地域は全般的に良好に熟したブドウが収穫できた年。 クラシックな出来栄えのワインが多く生産されたヴィンテージです。

    シャトー・ラトゥールでは、ブドウの収穫が9月下旬から10月下旬までと、ワイナリーの歴史の中でも長期に渡ったヴィンテージとなりました。収穫時期をしっかりと見極めことで、カベルネ・ソーヴィニヨンは濃密で豊かな果実味と格段の複雑性を備え、クラシックなスタイルのワインを生み出しました。さらに、例年に比べカベルネ・ソーヴィニヨンの比率が89%と非常に高いのが特徴。力強いカシスのアロマ、砕いた石、大地や森などの複雑なニュアンスが混ざり合う、力強いエネルギーを感じます。

    飲み頃:~2037年

    カベルネ・ソーヴィニヨン89%、メルロ10%、カベルネ・フラン1%

    数量:
  • 05

    2002 750ml

    120,000 円 (129,600 円 税込)

    WA 94WS 96

    1200 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    支配人のフレデリック・アンジェラ氏曰く、2012年ヴィンテージは「この20年で、もっともラトゥールらしいヴィンテージ。ラトゥールの全てが詰まった、ラトゥールの顔ともいえるヴィンテージだ」とのこと。

    フレッシュなブラックカラントやプラムなどの黒系果実の香りに、トリュフ、スミレの花、クルミ、コーヒーなどを感じる、熟成のニュアンス。力強くパワフルながらも口の中で滑らかに広がり、凝縮した果実味やクリーミーなタンニン、石を砕いたようなはっきりと主張するミネラルなど、様々な要素が感じられる複雑な味わいです。

    力強く、底知れない味わい深さをもつ2002年ヴィンテージ。至極のワインと共に、極上のひと時をお過ごしください。

    カベルネ・ソーヴィニヨン74%、メルロ25%、カベルネ・フラン1%

    数量:
  • 06

    2001 750ml

    125,000 円 (135,000 円 税込)

    WA 95WS 95

    1250 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2001年ヴィンテージは、支配人のフレデリック・アンジェラ氏曰く、「エネルギーがぎっしり詰まったヴィンテージ」とのこと。

    西洋杉とクローブのニュアンスのある、黒いフルーツのアロマ。10年以上の熟成を経てもなお若々しい酸が感じられる一方、タンニンはビロードの様な滑らかさ。熟したフルーツの高貴なアロマと長い余韻を備えた、優雅で優しく包み込まれるような、包容力のあるスタイルです。

    今からでも十分お楽しみ頂けますが、まだこれからの熟成による変化も楽しみな1本です。

    数量:
  • 07

    2000 750ml

    250,000 円 (270,000 円 税込)

    WA 99WS 99

    2500 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2000年のボルドーは近年でも有名なグレートヴィンテージ。果汁の色も十分に濃厚で、タンニンも力強いのが特徴です。ボルドー全域が素晴らしい天候に恵まれ、どの品種のブドウも最高の出来。格付けシャトー以外の比較的無名のシャトーも偉大なワインを誕生させており、ロバート・パーカー氏が90点以上と評価したワインが100以上もある、史上最高のヴィンテージです。

    印象的な深いガーネットの色調。キルシュやクレーム・ド・カシスに、なめし皮やサラミを思わせる香りが重なる、濃密かつ複雑なアロマ。熟成を経たワインは、素晴らしく滑らかに、まるでサテンを思わせるテクスチャーへと変化しています。口に含むと感じる、黒系果実の芳醇な味わいに、緻密なタンニン。力強い骨格が、厳格さと複雑性、そして果実味を見事なバランスでまとめています。

    カベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロ20%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド1%

    数量:

    残りあと1本

  • 08

    1993 750ml

    110,000 円 (118,800 円 税込)

    WA 90

    1100 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    ロバート・パーカー氏が「このヴィンテージの傑作である」と高く評価している1993年のシャトー・ラトゥール。1993年のボルドー地方は、雨が多く天候には恵まれなかった年ですが、生産者の努力が報われた所もあり、全体的として出来の良いヴィンテージとなりました。まさに造り手の腕とブドウの選果の差が出た年です。

    色調は濃い紫。西洋杉や黒胡桃、カシス、土のアロマが複雑に絡み合います。凝縮した果実味と熟したタンニン、そして甘やかで長い余韻が果てしなく続きます。20年以上の熟成を経て、ようやく開き始めたシャトー・ラトゥールの味わいをご堪能ください。

    飲み頃:~2025年

    カベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロ20%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド1%

    数量:

    残りあと2本

完璧なまでの品質主義から生み出す、
"常に最高の品質、力強くタニックで荘厳"なスタイル。
世界最高峰に君臨する偉大なワイン。

メドック格付け 第一級

格付け第一級の一角にして、その序列に揺さぶりをかけるシャトー・ラトゥール。
「常に最高級、力強く、タニックで、荘厳。」
どのヴィンテージを味わってもシャトー・ラトゥールと即座に分かる鮮烈な個性を放っています。

ラトゥールの畑はポイヤックとサンジュリアンの村境という印象的な立地にあり、
実は壁をめぐらしたレオヴィル・ラス・カーズの畑の隣でもあります。

世界で最も凝縮感のある豊かで、タニックなフルボディのワインの1つと形容されるラトゥール。
スギやヒノキといった特徴的なアロマがラトゥールらしさを印象づけています。

ロバート・パーカー曰く、
「ラトゥールは年月がたつにつれて良くなっていくワイン」と評価しています。
良くなるとは、ワインが瓶の中ではるかに楽しく興味深いものになること、
若い時に飲むよりも熟成させた方が楽しみが増すということを意味しています。

シャトー・ラトゥールに使われるブドウは、
畑の中心部「ランクロ」と呼ばれる特別な区画で育てられることで有名。
ラトゥールでは長期的な品質管理のため、常にブドウの樹の入れ替えを行っており、
十分な樹齢を重ねていない若樹にブルーのテープを貼り、それを目印に樹齢によって別々に収穫します。
通常のシャトーでは畝や区画まるごとを植え替え、管理するものですが、
ラトゥールでは樹1本1本ごとに管理を行っています。

シャトー・ラトゥールは2012年以降プリムール販売から撤退することを発表しています。
その理由は、ラトゥールの完璧なまでの品質主義によるもので、大きく2つが挙げられます。

ひとつめの理由は「最高のブレンドを追求する」ということ。
プリムールは、収穫の翌年にテイスティング出来る状態にしなければいけませんが、
シャトー・ラトゥールとしては、個々の区画ごとにワインを仕立て、樽熟成が完了した後に、
最適なキュヴェを選びブレンドを決定したいという意向がありました。

もうひとつには「最高の飲み頃で味わってほしい」ということ。
ボルドーワインの最新ヴィンテージは、収穫年の約3年後に一斉にリリースされますが、
飲み頃に入った本当のラトゥールのワインを楽しんでもらうため、
シャトー側がワインをリリースする時期をコントロールすることにしたのです。

このような理由から、プリムール撤退を決定したシャトー・ラトゥール。
今後、ますます入手困難なワインなることは必至でしょう。

コルクにカビが生えているワインは保管の良い証 ワインの理想的な保管条件は温度が15℃前後、湿度が75%前後です。この条件はカビが発生しやすい状態で、ワインセラーで長期間保管していると、キャップシールの中、コルクの上部にカビがつくことが多くあります。もしコルクにカビがついていた場合はしっかり拭き取っていただければ問題はありませんのでご安心下さい。
ラベルの汚れはオールド・ヴィンテージならば避けられないもの 長く保管されればされるほど、外見は完全な状態ではなくなります。長期間理想的な状態で保管されていたワインの多くは、高い湿度によってラベルにシワやシミができます。
シャトーによっては、蔵出し直前にラベルを張り付ける場合があり、オールド・ヴィンテージのワインでも綺麗なラベルのワインもあります。シワ・シミがあるからといって、保管状態をご心配される必要はありません。
液面が下がっているのは、熟成の結果です オールド・ヴィンテージのワインには、しばしば漏れた形跡が無いにも関わらず、ワインの量が目減する不思議な現象が起きます。これはコルクの絶妙な弾力性が関係しています。コルク栓で閉めたワインボトルは完全密閉ではなく、ワインは空気と触れ合っていることで、少しずつ科学変化が起き、ゆっくりと熟成していきます。 このような熟成中の変化を指して、ワインは呼吸していると表現されています。
飲む前は最低一週間はボトルを立てておきましょう ワインは熟成の過程で、長い時間をかけて不溶性の沈殿物が発生します。これが澱(オリ)と呼ばれるものです。澱は元々ワインに溶け込んでいた自然の成分が固形化したものなのでお飲みいただいても問題はありません。しかし口当たりが悪く、強い渋味を感じるため、できるだけ飲みたくないものです。
そうは言っても配送や持ち運びによってボトルが振動すると、澱が舞ってボトル全体に浮遊しまいます。そこでオールド・ヴィンテージのワインを飲む前は、ボトルを立てて澱を瓶底にためるようにしましょう。
目安としては、一週間ほど立てて保管することをおすすめします。
コルクはゆっくり丁寧に抜きます 熟成を重ねると、コルクが柔らかく脆くなります。そのため若いワインのように勢いよく抜くのではなく、ゆっくりと丁寧に引き上げるように抜栓します。もしコルクが折れてボトルの中に落ちてしまったら、デキャンタに移して飲む方法がベストです。
ゆっくり丁寧にグラスに注ぎます オールド・ヴィンテージのワインを飲む時は、勢いよく注がずに澱が舞いあがらないようにゆっくりと注ぎます。
そうすることで、最後までボトルの底に澱をためておくことができます。ためておいた澱は勿体ないですが、飲まずに捨ててしまいましょう。目安として瓶底1cm残しておくと良いとされています。
一本丸ごと味わいましょう ボトルを立てておいたオールド・ヴィンテージのワインは、同じ1本でも上部と下部では味わいが異なります。
ボトルの下部ほど濃度が濃くなります。一本のワインで違った味わいを楽しみたい場合にはボトルから直接グラスに注ぎ、味を均一化するにはデキャンタに移すことをおすすめします。

すべて表示する

関連情報

買い物カゴ_2

▲ページ上部に戻る

クチコミ

カスタマー評価の平均値

4.5
星5つ 1
星4つ 1
星3つ 0
星2つ 0
星1つ 0
コスパ 1.5
香り 2.5
ボリューム 2.5
余韻の長さ 2.5

クチコミ件数:2

amie さん

1件のクチコミ

投稿者情報:ワインが趣味

2016/10/17

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

記念日に開けました!

以前ワインテイスティング会でのグラス1杯の何十年も経った1946年の素晴らしさを忘れられません。
長年セラーストックしていた2001年を記念日に開け、香りアロマ余韻と申し分なく幸せな気分になりました。

ちー太郎 さん

1件のクチコミ

投稿者情報:

2013/11/29

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

プレゼントに特別な

お世話になっている方へのお祝いに購入しました。 とても喜んで頂けました。

すべて表示する

買い物カゴ_3

全てのカテゴリー
↑PAGETOP
お届けについて

●毎日出荷、即日出荷可能!

完全温度・湿度管理のワイン専用倉庫から、毎日出荷しています。 午前9:00までのご注文に限り、即日出荷可能!

お届け日数はこちら

●配送料金

配送料600円 (648円 税込)
クール代200円 (216円 税込)
代引き手数料300円 (324円 税込)
税抜き10,000円以上お買い上げの方は送料無料

お支払い方法について

●クレジットカード払い

ご利用頂けるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERS CLUBとなります。
VISA/Master Card/JCB/American Express/Diners Club 楽天ペイ
ほか、代金引換、楽天ペイ、ECON、コンビニ後払い、銀行振り込みでのお支払いが可能です。

クラブエノテカVISAカードならとってもお得!
よくあるご質問

エノテカでのお買い物について、よくあるご質問とその答えをご用意しました。

よくあるご質問
お問い合わせ

0120-81-3634
[ 受付時間 10:00-18:00 ] (年中無休)

メールでのお問い合わせ