<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
シャトー・ラトゥール-0
シャトー・ラトゥール-1

シャトー・ラトゥール CH.LATOUR

750ml

荘厳で揺るぎない品質を誇る、ポイヤックの巨塔。完璧なまでの品質主義を貫き、鮮烈な個性を放ち続ける世界屈指のグラン・ヴァン。

103,400~

(税抜価格94,000円)

940pt

進呈

4.8

(6)

メドック格付け第1級、5大シャトーの中でも"常に最高の品質、力強く、"荘厳"なスタイルで、圧倒的な存在感を放ち続けるシャトー・ラトゥール。ロバート・パーカー氏から「世界で最も凝縮感のある豊かで、フルボディなワインの1つ」と形容され、その完璧なまでの品質主義により、どのヴィンテージであっても、ラトゥールと即座に分かる鮮烈な個性が特徴です。

5

最高の仕上がり

メドック格付け第1級のプライドを保持し常に気品のある味わい・スミレの香り・力強く濃密なボディ気品高く威風堂々たる最高級の逸品です。素晴らしいの一言!

飲む前に一呼吸置いても圧倒されてしまう味わい。

非常に男性的で力強く、長期熟成のポテンシャルもあるシャトー・ラトゥール。2011年ヴィンテージは口に含むと確かに凝縮感満載の味わいだったのですが、タンニンが丁寧に抽出されているため、ゴツゴツしているというよりも甘美で円熟した印象を受けました。パワフルさの中に優しさも感じる味わいで、フレッシュなカシスの風味を感じます。今の段階でも十分に圧倒されてしまいましたが、飲み頃を迎えて本領を発揮したらどうなってしまうのか、個人的にも大注目しています!

商品情報

カテゴリ

タイプ

赤ワイン

格付け

メドック格付け第1級

容量

750ml

原産地呼称

AOC. PAUILLAC

味わい

果実味と酸を兼ね備えた上品な赤ワイン



在庫一覧

  • 2013

    103,400

    (税抜価格94,000円)

    • D 93
    • JS 95
    • V 92
    • WA 93
    • WS 92

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2013年のボルドーは、例年以上に厳しい選果を行った生産者は、宝石のように磨かれたワインを造り上げました。特にカベルネ・ソーヴィ二ヨンはしっかりと熟し、赤系の鮮やかなアロマとフレッシュな酸が特徴の早くから楽しめる味わいに仕上がっています。

    こちらの2013年はシャトー・ラトゥールにとって難しい年になりましたが、ラトゥールのスタッフとテロワールの底力が垣間見えた年でもありました。冬は多くの雨に悩まされましたが、夏になると平年と比べ長い日照時間と若干の水不足がブドウ成熟を後押し。収穫は計画よりも10日間も早い、9月27日から10月11日の間に行われ、手早く収穫と選定が行われたこともあり、健康的なブドウが収穫されました。デキャンター誌のジェーン・アンソン女史が「他のヴィンテージのような力強さやストラクチャーは欠けていても、その緻密さとフィネスが素晴らしい。」と評価する素晴らしい出来栄えです。

    味わい

    外観は濃いガーネット色の色調。赤スグリやブラックベリー、プラムなどの赤・黒系果実の香りにローストナッツやナツメグ、黒胡椒などの複雑なニュアンスが香ります。口当たりは非常になめらかで繊細。豊満な果実味が溢れ出し、柔らかく深いタンニンを感じる余韻へと続いていきます。今飲みごろを迎えた素晴らしい1本を、是非お愉しみください。

    飲み頃

    ~2041年

    コルク

  • 在庫僅か

    残りあと6本

    2006

    132,000

    (税抜価格120,000円)

    • D 97
    • JS 96
    • V 94
    • WA 95
    • WE 96
    • WS 95

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2006年のボルドーは、7月の猛暑による影響でブドウの粒は小さく、8月は糖度とフェノール化合物が増加するのに適した穏やかで乾燥した天候でした。9月中旬の降雨の頃には、すでにリッチで凝縮した果実が実り、ワインは豊かな果実味と繊細なアロマを持ったクラシカルなスタイルに仕上がりました。

    味わい

    外観は深みのあるガーネット。グラスからは、西洋杉やクレーム・ド・カシス、木炭やシガーなどが混ざり合う複雑なアロマが立ち上ります。口に含むと黒系の果実味と共に感じられる、テロワール由来の大地のニュアンスが特徴。堅牢な骨格から優れた熟成ポテンシャルが感じられます。しなやかなタンニンが、長く優雅な余韻へと導きます。

    飲み頃

    ~2045年

    コルク

商品の紹介

シャトー・ラトゥール
背景

シャトー・ラトゥール

CH.LATOUR

シャトー・ラトゥール

フランス
  • フランス
  • ボルドー
  • ポイヤック

メドック格付け第1級、5大シャトーの中でも「常に最高の品質、力強く、荘厳」なスタイルで、どのヴィンテージであっても、即座に分かる鮮烈な個性を放つシャトー・ラトゥール。その完璧なまでの品質主義により、1級シャトーでいち早くビオディナミを導入、さらに2011年を最後にプリムールから撤退するなど、常に進化を続ける偉大なシャトーです。

鮮烈な個性を放つ、名実ともに世界最高峰のワインを生むシャトー

シャトーと畑

格付け第1級の一角にして、その序列に揺さぶりをかけるシャトー・ラトゥール。そのスタイルは、「常に最高級、力強く、荘厳」。ロバート・パーカー氏曰く「世界で最も凝縮感のある豊かで、フルボディなワインの1つ」と形容されるワインは、どのヴィンテージを味わってもシャトー・ラトゥールと即座に分かる鮮烈な個性を放っています。


1962年から30年に渡りイギリス資本でしたが、1993年に現オーナーであるフランソワ・ピノー氏が買収します。その後1998年にそれまで3年ほどワイナリー経営に参画していたフレデリック・アンジェラ氏が社長に任命されると、様々な改革を実施。約3年の時間をかけ、醸造蔵、熟成庫、ストックスペースの全改築を行いました。

適正な条件下でワインを保管、熟成させる大きな地下セラー

さらに2010年には、グラン・ヴァンを生み出すランクロの畑をビオディナミに、2016年からは所有畑全体をオーガニックに転換。2018年には格付け1級シャトーで初めてエコセールのビオロジック認証を獲得し、一層緻密なブドウ栽培を実現します。


また、2012年ヴィンテージ以降は「最高のブレンドを追求する」、「最高の飲み頃で味わって欲しい」などの理由から、ボルドーの多くの一流シャトーが行っているプリムール販売から撤退。これらの取り組みが象徴するように、シャトー・ラトゥールは、フレデリック・アンジェラ氏の完璧なまでの品質主義により、常に最高の品質を追い求めています。

テロワールの魅力を最大限に引き出す、徹底したビオディナミ農法

シャトー・ラトゥールが所有する3つの畑は、ポイヤック村の南部、サン・ジュリアン村の境目、ジロンド河沿いに位置。水はけのよい「粘土質砂礫土壌」、よりきめ細かい「砂礫砂土壌」、メルロに適した「泥灰粘土土壌」という3つの要素で構成されています。砂礫だけでなく粘土質の土壌が地中に水分と栄養を保つため、水分不足に悩まされる年でも畑を活き活きとした状態に保ち、果実を最適な成熟状態へと導くことができるのです。

なかでもファーストラベルであるシャトー・ラトゥールに使用されているのは、 所有する93haの畑のうち丘の上部にあたる中心部47haの「ランクロ」と呼ばれるエリアで育ったブドウ。この土壌は特に砂礫質土壌が多く、カベルネ・ソーヴィニヨンの生育に最も適しており、濃い色、豊かなタンニンを備えた逞しい果実を育てます。


そして、3つの畑で栽培されている5万本ものブドウ樹は、区画や畝ごとではなくブドウ樹1本単位で管理。あえて植密度を高くしブドウ樹の生命力を高めています。1つの区画に様々な樹齢のブドウが混在しているのも特徴。中には100年を超える古樹も存在しますが、常に若樹を育成し植え替えを行っています。それはラトゥールが常に進化を遂げていることの証であり、並々ならぬ忍耐と精巧さをもって入念な管理がされているのです。

確固たる個性を貫く、一分の隙も許さぬ緻密なワイン造り

醸造に関しては、伝統的な製法とのバランスを慎重に見極めながら最新の技術も取り入れています。収穫されたブドウは、オプティカル・ソーティング(光学式選果機)は使用せず、熟練した職人の手によって粒単位で選果された後、速やかに醸造用タンクに移動。細かな区画毎に選別され、すべて別々のタンクで醸造します。


水冷却機能により温度管理が行われ、3週間醸し、果実の要素を充分に抽出。その後、果皮や種などを取り出し、別のタンクに移し1ヵ月ほど2次発酵を実施。この工程がワインに更なるしなやかさをもたらし、ふくよかさとフィネスを与えます。

そして冬を迎えると社長であるフレデリック・アンジェラ氏がスタッフと共にテイスティングを行いブレンドを決定、樽熟成に入ります。 ファーストラベルの新樽率は100%。最初の約6ヵ月は、ワインが自然と呼吸ができるようガラス製の栓がされた状態で熟成し、その後樽を密封した状態で更に10~13ヵ月熟成。清澄、澱引き作業を経てワインが完成します。


瓶詰前には全ての樽のワインを均一化するため、巨大なコンクリートタンクに一旦移してからボトリング。こうした一分の隙も許さぬ綿密な醸造作業を丹念に行うことで、世界最高峰に君臨する偉大なワインが生み出されているのです。

稀少なボトルが揃う、圧巻のラインナップ!

稀少なボトルが揃う、圧巻のラインナップ!

オールドヴィンテージをお楽しみいただくために

詳しく見る

コルクにカビが生えているワインは保管の良い証

ワインの理想的な保管条件は温度が15℃前後、湿度が75%前後です。この条件はカビが発生しやすい状態で、ワインセラーで長期間保管していると、キャッ プシールの中、コルクの上部にカビがつくことが多くあります。もしコルクにカビがついていた場合はしっかり拭き取っていただければ問題はありませんのでご 安心下さい。

ラベルの汚れはオールド・ヴィンテージならば避けられないもの

長く保管されればされるほど、外見は完全な状態ではなくなります。長期間理想的な状態で保管されていたワインの多くは、高い湿度によってラベルにシワやシミができます。 シャトーによっては、蔵出し直前にラベルを張り付ける場合があり、オールド・ヴィンテージのワインでも綺麗なラベルのワインもありますが、シワ・シミがあるからといって、保管状態をご心配される必要はありません。

液面が下がっているのは、熟成の結果です

オールド・ヴィンテージのワインには、しばしば漏れた形跡が無いにも関わらず、ワインの量が目減する不思議な現象が起きます。これはコルクの絶妙な気密性が関係しています。コルク栓で閉めたワインボトルは完全密閉ではなく、僅かに空気を通すため、ワインは常に空気と触れ合い、少しずつ科学変化が起き、ゆっくりと熟成して いきます。 このような熟成中の変化を指して、ワインは呼吸していると表現されています。

コルクはゆっくり丁寧に抜きます

熟成を重ねると、コルクが柔らかく脆くなります。そのため若いワインのように勢いよく抜くのではなく、ゆっくりと丁寧に引き上げるように抜栓します。もしコルクが折れてボトルの中に落ちてしまったら、デキャンタに移して飲む方法がベストです。

ゆっくり丁寧にグラスに注ぎます

オールド・ヴィンテージのワインを飲む時は、勢いよく注がずに澱が舞いあがらないようにゆっくりと注ぎます。
そうすることで、最後までボトルの底に澱をためておくことができます。ためておいた澱は勿体ないですが、飲まずに捨ててしまいましょう。目安として瓶底1cm残しておくと良いとされています。

一本丸ごと味わいましょう

ボトルを立てておいたオールド・ヴィンテージのワインは、同じ1本でも上部と下部では味わいが異なります。
ボトルの下部ほど濃度が濃くなります。一本のワインで違った味わいを楽しみたい場合にはボトルから直接グラスに注ぎ、味を均一化するにはデキャンタに移すことをおすすめします。

コルクにカビが生えているワインは保管の良い証

ワインの理想的な保管条件は温度が15℃前後、湿度が75%前後です。この条件はカビが発生しやすい状態で、ワインセラーで長期間保管していると、キャッ プシールの中、コルクの上部にカビがつくことが多くあります。もしコルクにカビがついていた場合はしっかり拭き取っていただければ問題はありませんのでご 安心下さい。




クチコミ

全て見る

4.8

6 件のクチコミ

  • だーふみさん

    20歳のお楽しみ

    子供の生誕年のビンテージを購入したしました。子供が20歳になったら家族で楽しもうと思います。今しばらく我が家のセラーでお休みいただきます。

    2021.08.15

  • フジワインさん

    最高の仕上がり

    メドック格付け第1級のプライドを保持し常に気品のある味わい・スミレの香り・力強く濃密なボディ気品高く威風堂々たる最高級の逸品です。素晴らしいの一言!

    2021.09.17

  • ちょびすけさん

    2011年

    将来がとても楽しみです!

    ティスティングセミナーにて複数ビンテージを味わうことができました。 1番古かった2000年でもまだまだ若々しく、飲み頃になるにはまだまだ時間が掛かりそうでした。 我慢が必要です。 今飲むのであれば、デキャンタージュ&半日以上は置いておかないと、ガチガチに閉じています。

    2015.12.13

  • amieさん

    記念日に開けました!

    以前ワインテイスティング会でのグラス1杯の何十年も経った1946年の素晴らしさを忘れられません。 長年セラーストックしていた2001年を記念日に開け、香りアロマ余韻と申し分なく幸せな気分になりました。

    2016.10.17


スタッフレビュー

全て見る

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

  • 木箱:1本用 1,320円(税込) / 2本用 1,650円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.