薬味がポイント!「ワインのための油淋鶏」

お気に入り追加

レシピ
公開日 : 2024.3.14
更新日 : 2024.3.14
シェアする
おとこのワイン飯_メイン画像

休日に作って食べたい、男心をくすぐる料理とワインとの最高の組み合わせをご紹介します。


おとこのワイン飯で、あなたのワインタイムをもっとスペシャルなものに変えてみませんか?


今回はロゼワインによく合う油淋鶏のレシピをご紹介します。

レシピを教えてくれたのは、豪ノ皿さん


豪ノ皿さん

豪ノ皿―プロの飲兵衛― 料理家 酒飲みによる酒飲みのためのレシピをSNSで発信中。 日本酒、ビール、焼酎、ウイスキーなんでも好きだが、1番好きなのは群を抜いてワイン。

ワインのための油淋鶏

ワインのための油淋鶏

今回教えていただいたロゼワインにピッタリなレシピは、その名も「ワインのための油淋鶏」。


「ワインは洋食だけでなく、和食や中華など幅広い食事に合わせられるお酒であることを伝えたい」という豪ノ皿さんの想いが込められています。

豪ノ皿さん

豪ノ皿さん

ポイントは下味にナツメグを使うこと。香りに奥行きが生まれてワインに合いやすくなります! 油淋鶏のタレにはネギだけでなくピーマンや茗荷、そして柑橘の皮を入れることで香りと苦味にバリエーションが生まれて、ロゼワインにマッチします!

【材料】


鶏もも肉 1枚(250g~300g)

酒 大さじ1

醤油 大さじ1

黒胡椒 適量

ナツメグ 適量

片栗粉 大さじ3

揚げ油 適量(おすすめは米油)


★タレ(タレの分量はもも肉2枚分程度あります)

Aネギ 1/3本

Aピーマン 1個

A茗荷 1個

A生姜 1片

A純米酢 大さじ4

A醤油 大さじ4

A砂糖 大さじ2

Aハチミツ 小さじ1

A柚子の皮 少々 ※オレンジ、レモン、かぼすなどで代用可

Aオリーブオイル 大さじ2

ワインのための油淋鶏_材料

【作り方】

 

1.鶏もも肉を5~6等分にカットし、酒、醤油、黒胡椒、ナツメグを加えて揉み込み、落としラップをして冷蔵庫で約30分寝かせる。

ワインのための油淋鶏_工程

2.ネギ、ピーマン、茗荷、柚子の皮はそれぞれみじん切り、生姜はすりおろす。タレの材料Aをボウルに入れて混ぜる。

ワインのための油淋鶏_工程

3.1に片栗粉を付けて油で揚げる。

ワインのための油淋鶏_工程

※写真のように少ない油で揚げる場合は低温で適宜ひっくり返しながら揚げ、最後に高温にすると1度揚げで済み、中はしっとり、外はサックリ仕上がります。

※多めの油の場合は170℃で4分揚げ、休ませてから190℃で1分、2度揚げしてください。


4.揚げた鶏もも肉に2のタレをかけて盛り付けたら完成。

ワインのための油淋鶏

薬味たっぷりなワインのための油淋鶏が完成しました。辛口のロゼワインと合わせてお楽しみください。

ワインのための油淋鶏

おすすめワインはこちら

3055 ロゼ
750ml

3055 ロゼ

  • ロゼ

    フレッシュ&ドライ

  • 2022

    2,750

    (税込)

豪ノ皿さん

豪ノ皿さん

タレに複数の薬味や柑橘の皮が入っているのでロゼワインの酸味やフルーティーさとよく合います。 特に今回の3055 ロゼはチャーミングですが、甘み、苦味、香りのバランスが良いのでタレともピッタリ合うと思います!

油淋鶏とロゼワインのペアリングで素敵な休日をお過ごしください。

関連する読み物

    この記事をシェア

    公式SNS・APP

    最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

    line お友達登録

    お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

    公式アプリ

    ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
    妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

    ほどよく、楽しく、良いお酒。のんだあとはリサイクル。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。