一度は試してほしい!焼鳥とワインのペアリング

焼鳥とワイン

コンビニでも購入できる身近なグルメ、焼鳥は日本の代表的な国民食と言えるでしょう。最近では、庶民的な焼鳥屋さんでも、ワインを置いているお店が増えてきました。

和のイメージのある焼鳥ですが、そのシンプル調理は世界共通。味付けや形は変わっても、似たような料理は世界各地に存在することを考えると、ワインも幅広く楽しめそうだと思いませんか?今回は焼鳥とワインのペアリングについてご紹介します。

焼鳥とワインの合わせ方

ワイン

ポイント①:料理とワインのボリューム感を合わせる

赤身の肉には赤ワイン、白身の肉には白ワインが合わせやすいと言われますが、焼鳥も色合わせがうまくいくことの多い料理です。例えば、ささみやむね肉など、より白さが際立つ部位の串は白ワイン、ハツや砂肝を中心とした内臓など、赤身を感じられる部位の串には赤ワインを合わせる のがおすすめ。

さらに言えば、煮たもの同士のイメージで合わせてみてください。香りや酸味、苦み、さっぱり味か?どっしりコク旨か?食べた時のボリューム感を合せたり、噛んだときの食感のやわらかさとワインの口当たりを合わせたり、焼鳥とワインの個性も意識してみましょう。

ポイント②:塩、タレなど味付けを考慮

基本的には部位によるペアリングが中心ですが、塩か?タレか?タレの濃度や甘みはどうか?薬味を添えるか?などなど。同じ食材でもソースによって合わせるワインが変わるように、焼鳥も、同じ部位でも 味付けでペアリングが変わることもあります。

素材の味を引き立てる塩には、おおむね軽やかなタイプ。わさびやシソなど爽やかな薬味を添えるなら、ワインも爽やかな白ワインがピッタリです。粗塩などインパクトのある塩には、ミネラルを感じる海の近くで造られるワインを合わせてもおもしろいでしょう。

タレには、味付けの個性に合わせて、上品な味わいならピノノワールのような繊細な赤ワインを。濃厚な甘辛タレなら甘みを感じるふくよかな赤ワインを合わせましょう。

ポイント③:万能選手はスパークリングワイン

自宅で楽しむシーンには、ボトル1本でいろんな焼き鳥と合わせられる方が嬉しい…そんな時は、スパークリングワインが断然おすすめです。

そもそも日本人は、焼鳥とビールの組み合わせを長年楽しんできました。串ものをシュワシュワッと泡で流す雰囲気は、遺伝子的に間違いない安心感があります。

もちろん、ペアリングの幅広さも間違いなし。ささみも内蔵も、塩もタレも、全ての焼き鳥を幅広く受け入れてくれる万能選手と言えるでしょう。

 

焼鳥に合うワイン

焼鳥の定番!ねぎま

ねぎま

鍋料理を簡略化し、ねぎとマグロを串に刺して炙り焼きにした「ねぎま」。現在はマグロから鶏肉に代わり、焼鳥の定番串として人気を博しています。

ワインを合わせる場合、ねぎまのポイントとなる特徴は、炭火で焼かれたねぎの香ばしさと、独特の爽やかな風味。ワインも爽やかな方向性で合わせると良いでしょう。

塩のねぎまは、特にねぎの要素が強く出るので、ソーヴィニヨン・ブランなど、すっきりした白ワインがおすすめです。

 

ねぎまに合うワイン

タレはねぎの風味をほどよくマスキングしてくれるので、軽めの赤ワインでもOK。フレッシュな果実のフレーバーを感じる、カジュアルなタイプを合わせてみてください。

ねぎまに合うワイン

濃厚で甘みのあるレバー

レバー

柔らかな食感と、とろり濃厚で甘みのあるレバー。焼鳥のラインナップの中で、レバーは最もワインとのペアリングを想像しやすい素材かもしれません。濃厚な味わいには濃厚なワイン。レバーの複雑味には、同じく濃厚でコクのあるふくよかな赤ワインがよく合います。

ここは思い切って甘口ワインにチャレンジしてみませんか?完熟したやや甘めのコンフィチュールのような赤ワインを合わせると、濃厚なレバーのコクやふくらみを感じる味わいに仕上げてくれます。

レバーに合うワイン

お肉の旨味が詰まったつくね

つくね

じゅわっとジューシーなお肉の旨みを閉じ込めたつくねは、噛んだときの食感のやわらかさとワインの口当たりを合わせるのがポイントです。

塩でいただくなら、シャルドネなど、樽のニュアンスと旨味をしっかり感じられるふくよかな白ワインがピッタリ。包み込んで溶け込んで、相乗効果の素晴らしい広がりを楽しめます。

タレでいただくときは、ちょっとしたハンバーグ感覚で。メルロやカベルネ・ソーヴィニヨンなど、定番の赤ワインがお似合いです。ハンバーグとは言え鶏肉ですので、ワインも重すぎずバランスの良いタイプを合わせてみてください。

つくねに合うワイン

まとめ

大衆的な印象の焼鳥と、かしこまった印象のワイン。ちょっと前までは交わるイメージを持てなかったペアリングが、日本でも年々浸透してきています。

一見珍しいようで、意外と親しみやすい「焼鳥×ワイン」。意外な驚きや相乗効果、新たな発見がたくさん潜む「焼鳥×ワイン」!いろいろ組み合わせ、オリジナルベスト探しも楽しんでみてください。