人気急上昇中!ガメイってどんなブドウ?

ガメイ

毎年11月の第3木曜日に解禁される「ボジョレー・ヌーヴォー」の世界的な流行で、ガメイというブドウ品種は一躍有名になりました。そのため、「ガメイ=ボジョレー・ヌーヴォー」というイメージが強く、ヌーヴォーとは異なるスタイルのワインがガメイから造られていることは意外と知られていません。

そこで今回はガメイとは本来どんなブドウなのか、ガメイからどんなワインが造られているのか、改めて詳しく紹介したいと思います。

ガメイとは

ガメイ

ガメイはブルゴーニュ地方南端のボジョレー地区で多く栽培されている赤ワイン用のブドウ品種で、正式な名称はガメイ・ノワールと言います。

ガメイは早期に発芽し成熟するために春先の霜害をうけやすいのですが、ロワールのような冷涼な気候でも繁茂し、豊産になります。

果皮は薄く果粒は大きめなため果皮や種子に対して果汁の比率が高くなるので、できあがるワインは明るい色調になることが多いのが特徴です。

ガメイの主な産地

最大の産地はフランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区です。その他、ロワール地方のトゥーレーヌ地区、またスイスではフランス国境に近いヴァレー州などフランス語圏のワイン産地で栽培されています

ブルゴーニュ地方ボジョレー地区

ボジョレー

ガメイの最大の産地はブルゴーニュ地方南端のボジョレー地区です。ボジョレーには、以下のような三つの格付けがあります。

表

ボジョレー地区の北部は、花崗岩を基盤とした丘陵地帯で、ガメイには非常に適したテロワールとなっています。とりわけ、クリュ・デュ・ボジョレーと総称される、村名を冠する10のA.O.C.(注1)では、長期熟成も可能な高品質なガメイのワインが造られています。そして、その村の周りにボジョレー・ヴィラージュの畑が広がっています。

ボジョレー地区南部は北部よりも肥沃で平坦な部分が多く、広大なA.O.C.ボジョレーの畑が広がっています。ボジョレー・ヌーヴォーはボジョレーの生産量の約1/3にあたり、A.O.C.ボジョレー・ヴィラージュとA.O.C.ボジョレーで造られます。

(注1)フランスのI.N.A.O.(国立原産地および品質機関)が制定した「原産地統制呼称」のこと。当該の原産地を名乗るワインは、その規定に従ってブドウを栽培、醸造しなければなりません。

ロワール地方トゥーレーヌ地区

ローヌ

フランス最長の河川ロワール川に沿って広がるワイン産地ロワール渓谷地方では、中流域のトゥーレーヌ地区を中心にガメイが栽培されています。

ガメイ100%で造られるトゥーレーヌ・ガメイもありますが、この地で栽培されるガメイの多くは、カベルネ・フランやカベルネ・ソーヴィニヨン、グロローやコット等とブレンドされます。

また、トゥーレーヌ・ムスーなどスパークリングワインの原料としても使用されています。

ガメイのワインの特徴

赤ワイン

 ボジョレー・ヌーヴォーや、トゥーレーヌ地方の若いガメイのワインは、フレッシュでフルーティーという言葉がぴったりの赤ワインです。具体的には、イチゴやラズベリーの甘酸っぱい果実やスミレのような花の香りがし、アルコール度数がやや低めのライトなボディで、酸味が程良く効いたカジュアルなワインに仕上がります。

一方、クリュ・デュ・ボジョレーのようなガメイの上級ワインは色合いも深いルビー色で、ベリー系の香りの他にもとても複雑なニュアンスが感じられます。また、飲み口は非常に滑らかですがヌーヴォーにはないタンニンもあります。

なぜ今ガメイが人気なのか?

ここ数年、ガメイは人気が上昇しています。理由はいくつかありますが、同じ地方で造られるブルゴーニュのピノ・ノワールが年々高騰していることが挙げられます。ブルゴーニュの赤ワインもボジョレーで造られる赤ワインも、単一品種で仕立てられること、パワフルさよりも繊細さや透明感がワインの要素である点で共通しています。とりわけボジョレーの上級ワインには、ブルゴーニュの赤ワインに決して劣らない、素晴らしいワインが数多くあり、かつ、それらがブルゴーニュのワインよりも安価であることから、ガメイのワインを手に取る人が多くなってきたのです。

また昨今、アメリカをはじめとする各国のオーガニックブームや健康志向の高まりで、こってりとしたボリュームのある料理よりも、素材の良さを引き出すシンプルな料理が好まれる傾向にあり、そういったシンプルな料理に合わせるワインも、飲みごたえのあるものよりボジョレーのような飲み心地の良いワインが選ばれるようになってきたのです。

ガメイのワインと料理の相性

赤ワイン

ボジョレー・ヌーヴォーのようなフレッシュでフルーティーなワインには、ハムやパテなどの軽いおつまみがぴったりです。本来ボジョレー・ヌーヴォーとは、その年の収穫を祝う収穫祭用のワインだったので、合わせる料理を気にするよりは、みんなと楽しくワイワイと飲むのが良いでしょう。

一方、クリュ・デュ・ボジョレーのような熟成能力があって複雑な風味のガメイのワインには、鶏肉の赤ワイン煮込みや、同じパテでもレバーを使ったものなど、少しクセのあるお肉料理によく合います。また、エポワスのようなウォッシュタイプチーズとも好相性です。

おすすめのガメイのワイン

ここまでガメイがどんなブドウ品種なのかご説明してきましたが、最後にクリュ・ボジョレーで造られるガメイのワインをご紹介します。

ブルゴーニュの高名な作り手であるブラン・ガニャールが、ボジョレーの地で新たに手掛けるこちらの一本。

口当たりは非常に柔らかく、ガメイ特有の親しみやすい果実味が特徴的。ガメイを試してみたい!という方に是非おすすめです。

まとめ

日本はボジョレー・ヌーヴォーの最大の輸出先です。近年、日本のヌーヴォーブームは少し落ち着いてきていますが、それでも普段ワインは飲まないけれどボジョレー・ヌーヴォーだけは飲むという人は今でも多いと思います。ですから、実は多くの日本人が一度は口にしたことがあるワインがガメイのワインであり、日本人が最も個性をよく知るブドウ品種がガメイなのかもしれません。

機会があれば是非ヌーヴォー以外の、クリュ・デュ・ボジョレーのような数年熟成させたガメイのワインを試してみて下さい。ヌーヴォーとは全く異なる風味に驚かされるはずです。

参考文献 ・日本ソムリエ協会 教本 2018     ・ワイン用葡萄ガイド / ジャンシス・ロビンソン