ジョルジュ・デコンブ
GEORGE DESCOMBES

お気に入り追加

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ボジョレー
producers_default_title ワインボトル

ヴァン・ナチュールの礎を築いた、故マルセル・ラピエール氏の1番弟子


「私が造りたいのはこういうワインだ」と語るほど、故マルセル・ラピエール氏のワインを初めて口にした時、大きな衝撃を受けというジョルジュ・デコンブ。その後、故マルセル氏の一番弟子としてワイン造りの理念を学び、その家族から譲り受けた畑でワインを造りを始めました。


ジョルジュ氏は、師匠であり飲み仲間となった故マルセル氏と同じモルゴン村に畑を所有し、その畑は村の中でも特に標高が高い400mに位置しています。土壌は、砂利や砂が入り混じる花崗岩が主体。丘の上部ほど痩せており、除草剤を撒かなくても雑草が生えないほどで、これは雑草にとっても生育が厳しい環境ということです。手摘みで収穫を行った後、人工的に二酸化炭素を注入するのではなく自然発生した二酸化炭素のみを閉じ込めて発酵を行う「セミ・マセラシオン・カルボニック」という手法で醸造。発酵は野性酵母のみで行い、発酵、熟成時には亜硫酸は一切添加せず瓶詰め前に僅かに加えるに留めています。


ジョルジュ氏は、自身が手掛けるワインを「ヴァン・ナチュール」とは呼びません。自然の中で自然をリスペクトしながら農業を行うのは普通のことだという考えを持っているためです。こうした信念の下造られるワインは、典型的な軽い飲み口のワインとは一線を画す程の凝縮感を誇り、ヌーヴォーですら圧倒的な密度を感じさせる仕上がりです。

商品一覧

2 件

おすすめ順

関連リンク


お買い得情報

公式SNS・APP

最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

line お友達登録

お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

公式アプリ

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。