ミッシェル・ラファルジュ
MICHEL LAFARGE

お気に入り追加

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ボーヌ
  • コート・ド・ボーヌ
ミッシェル・ラファルジュ / MICHEL LAFARGE

ブルゴーニュで先駆けて元詰めを始めた老舗ドメーヌのひとつ


19世紀の初めからヴォルネイに続くジヨット家のドメーヌであり、娘マリー氏がマコネ出身のアンリ・ラファルジュ氏と結婚して誕生した、ドメーヌ・ミッシェル・ラファルジュ。一部ながらも元詰めを始めたのが1934年とブルゴーニュにおける先駆け的なドメーヌのひとつで、60年には手掛ける全てのワインについてドメーヌ元詰めを行っています。現当主ミッシェル氏が父の後を継いだのは1949年。1978年には息子フレデリック氏が加わり、ブドウ栽培、ワイン醸造の一切を取り仕切っています。 ブドウ栽培においては、1997年から一部の畑で実験的にビオディナミを開始。2000年には完全ビオディナミへ転換しています。一方のワイン醸造は古典的。赤は完全除梗ながら、低温マセレーションを意識的に行うことはせず、14~18時間の発酵します。初期はルモンタージュを行い、後に1日1回のピジャージュに切り替え。新樽比率は極めて低く、トップキュヴェでさえ15%程度に過ぎません。 そんなミッシェル・ラファルジュのワインについて、世界的に著名なワイン評論家ロバート・パーカー氏は、「ブルゴーニュで最高のジェネリック・ワインをつくっている生産者」、「樽の中であろうと数年寝かせた後であろうと、それらはいつでも飲めるようになっていて、他のブルゴーニュの赤が悩まされる『沈黙の期間』は経験したことがないようだ」と絶賛。熟成させても早飲みしても素晴らしい品質を持つことで評価が高いドメーヌです。

商品一覧

8 件

おすすめ順

関連リンク


お買い得情報

公式SNS・APP

最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

line お友達登録

お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

公式アプリ

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。