ワインに合う!洋風おせちレシピ

お気に入り追加

レシピ
公開日 : 2023.12.26
更新日 : 2023.12.26
シェアする
ワインに合う!洋風おせちレシピ

年の瀬。早いもので今年も終わりが近づいてきました。


クリスマスが終われば今度はお正月。お正月も楽しくワインを楽しめるよう、いつものおせちを洋風にアレンジして楽しんでみませんか?


近年見逃せないのが、スーパーのお惣菜コーナーに並ぶ、市販のおせち。これらにちょっとだけ洋風の要素をプラスすると、グッとワインコンシャスに変身します。


例えば、なます。仕上げにオリーブオイルをかけ、柚子の代わりにレモンの皮を散らせば、地中海マリネのようなおつまみに。黒豆の甘い煮物は、クリームチーズやナッツを合わせるのがおすすめです。


せっかくだから、もうちょっと手を加えたいという方のために……ここからは、頑張りすぎずに手作りできる、洋風おせちをご紹介します。

目次

赤海老のパン粉焼き

赤海老のパン粉焼き

おめでたい日を象徴する海老は、小さいものでも頭付きに挑戦したい素材。


煮つけは丁寧な下ごしらえが必須ですが、香りを効かせたパン粉焼きなら、初心者さんでも失敗知らずです。


【材料(2人分)】

赤海老のパン粉焼き_材料

赤海老(頭つき) 4尾

にんにく 1片

イタリアンパセリ 2枝

パン粉 大さじ2

オリーブオイル 大さじ2

塩・コショウ 少々


【作り方】


1.赤海老は頭・尾を残して殻をむき、背に切込みを入れて開く。背わたを洗い流してペーパーで水気をふきとり、塩・コショウをふる。

赤海老のパン粉焼き_工程

2.にんにく、イタリアンパセリをみじん切りにし、パン粉、オリーブオイル、塩・コショウを混ぜる。

赤海老のパン粉焼き_工程

3.1に2をのせ、トースターで7~8分。海老に火が通って、パン粉がこんがり色づくまで焼く。

※焼き色のつき方はオーブンメーカーによって個性がありますので、様子を見て焼き時間を調整してください。

赤海老のパン粉焼き

この料理はぜひ、海の近くで造られたちょっと塩味を感じる白ワインと合わせてみてください。


オイリーな料理を白ワインが軽快にしながら、ほのかに甘い磯の香りが心地良く感じられます。

おすすめワインはこちら

パソ・ダス・ブルーシャス
750ml

パソ・ダス・ブルーシャス

  • エレガント&ミネラリー

  • 2022

    2,970

    (税込)

  • JS 90

生ハムのせオムレツ

生ハムのせオムレツ

お正月の卵料理と言えば伊達巻きと錦卵ですが、フライパンの形に焼く厚焼きオムレツならテクニックいらず。


生ハムをのせてハレの日を演出すれば、ワインとの相性もグッと良くなります。


【材料(直径18cmのフライパン1個分)】

生ハムのせオムレツ_材料

卵 4個

タマネギ 1個

オリーブオイル 大さじ1

塩 小さじ1/3

生ハム 50g

ハーブ お好みで


【作り方】


1.タマネギは縦4等分にカットし、横(繊維を断つ方向)に2~3mm幅のイチョウ切りにする。


2.フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、タマネギを加えしんなりするまで炒める。

生ハムのせオムレツ_工程

3.卵を溶いて塩を混ぜ、フライパンに流し入れる。軽くスクランブルして弱火にし、蓋をして4~5分蒸し焼きにする。

生ハムのせオムレツ_工程

4.フライパンの淵をゴムベラで整え、お皿を使って表裏を返します。さらに4~5分焼く。

生ハムのせオムレツ_工程

5.放射状にカットして盛り付け、生ハムをのせる。生ハムにオリーブオイル少々をかけ、お好みでハーブを飾る。

生ハムのせオムレツ

合わせるワインは、果実味と酸のバランスが良い赤ワイン。飲み応えは生ハムの種類に合わせてみてください。


ピンク色のカジュアルな生ハムなら、軽やかな赤ワイン。熟成の進んだ生ハムなら、ボディのしっかりしたタイプがおすすめです。

おすすめワインはこちら

ドルチェット・ダルバ
750ml

ドルチェット・ダルバ

  • チャーミング&パフュームド

  • 2021

    3,410

    (税込)

漬けて焼くだけ、やみつきチャーシュー

やみつきチャーシュー

オリーブオイルを加えて、ほんのり洋風に仕上がるお手軽レシピです。


合わせた調味料に漬けて、冷蔵庫でほったらかし!あとはオーブンに放り込むだけ。急な来客が多いお正月に大活躍してくれます。


【材料(1本分)】

やみつきチャーシュー_材料

豚肉バラブロック 500g

にんにく 1片

Aしょうゆ 大さじ3

Aオリーブオイル 大さじ2

A砂糖 大さじ1

ローズマリー お好みで


【作り方】


1.厚手の保存袋にA、すりおろしたにんにくを混ぜ、豚肉バラブロックを加える。この時お好みでローズマリーを一緒に加えると、ふわり香る仕上がりに。


2.空気を押し出すように口を閉じ、上から軽くもみ、冷蔵庫で漬け込む。

※時間は10分~4、5日、長ければ長いほどしっとり柔らかく仕上がります。

やみつきチャーシュー_工程

3.汁気をきって天板にのせ、200℃に予熱したオーブンに入れ、30分焼く。

やみつきチャーシュー_工程

5.食べやすい大きさにカットして盛り付け完成!

※写真では、オリーブオイル、塩・黒コショウをまぶしたジャガイモを一緒に焼いて添えました。

こちらに合わせるのは、ドライでスッキリしたロゼワインがおすすめです。


実はロゼワインは、中華料理やおせち全般とも好相性で、年末年始のテーブルにイチオシのワイン!


和洋中いずれのニュアンスも感じるアレンジレシピも、スッと心地良く溶け込む懐の深さを実感できます。

おすすめワインはこちら

バイ・オット・ロゼ
750ml

バイ・オット・ロゼ

  • ロゼ

    フレッシュ&ドライ

  • 2022

    3,630

    (税込)

まとめ

お正月は、年神様が家にやってくる季節。 煮炊きを控えて物静かに出迎える意味で、日持ちする料理が尊ばれたそうです。


定番のアレに拘らなくても、特別な気持ちでおもてなしをすればOK!大好きなワインとともに、洋風おせちで新しい年を晴れやかにお迎えください。

    この記事をシェア

    公式SNS・APP

    最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

    line お友達登録

    お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

    公式アプリ

    ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
    妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

    ほどよく、楽しく、良いお酒。のんだあとはリサイクル。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。