ロベルト・ヴォエルツィオ
ROBERTO VOERZIO

お気に入り追加

イタリア
  • イタリア
  • ピエモンテ
ロベルト・ヴォエルツィオ / ROBERTO VOERZIO ワインボトル

低収量を貫く栽培方法で、優れたバローロを生み出す造り手


ロベルト・ヴォエルツィオのバローロは、ワインラヴァーなら一度は飲んでみたい至極のワインのひとつ。1986年に2haの小さなブドウ畑からスタートしたロベルト・ヴォエルツィオは、徹底した低収量を貫く栽培方法を取り入れ、バローロ、ラ・モッラ村の偉大なクリュから、秀逸なバローロを生み出しています。

目次

独自のスタイルを貫く造り手、 ロベルト・ヴォエルツィオ

ロベルト・ヴォエルツィオは、1986年にロベルト・ヴォエルツィオ氏が、ピエモンテ州ランゲ地方のラ・モッラ村で創業したワイナリー。畑は当初わずか2haしかありませんでしたが、その後何年にもわたり、歴史的にも名声を得ているクリュを取得してきました。ラ・モッラ村にあるいくつかの畑の歴史は、町の記録によると1350年まで遡ることができます。

ロベルト・ヴォエルツィオ氏

ロベルト氏はバローロ・ボーイズの一端を担っていましたが、密植と厳しい摘房という栽培方法を新たに取り入れ、他の近代派生産者とは異なる道を歩み始めました。現在はロベルト氏の歩みや哲学をよく理解している息子のダヴィデ氏とともに、世界のワインラヴァ―を虜にするバローロを生み出しています。

低収量を貫くこだわりの栽培方法

この地域では従来1haあたり約3,000~4,000本の密度で栽培する生産者が多い中、ロベルト・ヴォエルツィオでは1haあたり約6,000~8,000本の密植を実践し、健全で凝縮感の高い上質なブドウを生み出しています。

そして何よりも特筆すべき特徴は、ブドウの房の半分を切り捨ててしまうという、とても厳しい摘房。ブドウ樹は冬季に、5~8芽のみを残して剪定され、7月中旬の最初の間引きでは、半分近い房が取り除かれ、1本の樹当たり5房だけが残されます。


そしてヴェレゾンの時期に行われる2回目の間引きでは、果汁が最も凝縮されている果房上部だけを残して、下部をカット。その結果、1本の樹からの収穫は約500g~1.5kgとなり、健康で糖度が高く、香りの豊かなブドウができるのです。

畑では自然に敬意を払い、化学肥料や除草剤、殺菌剤など、植生サイクルを妨げる可能性のある物質は使用されません。また、収穫後には、樹勢や葉の色を観察し、必要な樹には手作業によって牛フンや腐葉土などの天然の肥料が施されます。

静けさの中に凄みを感じさせるバローロ

醸造に関しては、ワインの色、骨格、香り、タンニンなど、ワインの特性を変化させる可能性がある物質は使用しません。発酵は野生酵母を用いて、ステンレスタンクで約10~30日間かけて行われます。その後のマロラクティック発酵においてもステンレスタンクを使用。そして、ドルチェットを除く全てのワインは、その後樽に入れられて熟成されます。


バローロは熟成において、基本的に1年目は大樽と使用済のバリックを使用し、2年目は最大約30%の新樽率にてバリックのみを使用。その後、清澄や濾過をせずに瓶詰めし、更に8カ月間の瓶熟成を経た後にリリースされます。

ロベルト・ヴォエルツィオのバローロは、美しいルビー色の外観に、赤い果実やフラワリーなトーンが混ざり合った非常に優美な香りが特徴。測り知れないほどの深みとスケール感を持ちながらも、清潔で透明感がある、まさに、静けさの中に凄みを感じさせるスタイルです。また、畑での独自の栽培と、余分なものをそぎ落とした醸造によって、テロワールの特徴やヴィンテージの違いを鮮やかに表現したワインを生み出しているのです。


そして彼らがもう一つこだわっているのが、ワインのラベルデザイン。ロベルト氏がワイナリーを始めた当時、多くのバローロはグレーなどの控えめな色のラベルが多く採用されていた中、ピンク色などの当時では珍しい色を取り入れ、ブドウ畑からセラーまでワイン造りにおけるすべての重要な瞬間を表現した、新しいバローロのラベルを作りたいと考えました。トリノ県ヴィッラステッローネ近くの村出身の画家、リッカルド・アッソム氏によって、キュヴェごとに畑作業や収穫風景などのイラストが描かれています。

エレガントな味わいで知られる ラ・モッラ村の偉大なるクリュ

ワイナリーが位置するのは、バローロDOCGに認定されているラ・モッラ村の中心部。バローロ生産地区の東側の村が厳格でスパイシーな男性的バローロを生むのに対し、西側に位置し、マグネシウムやマンガンが豊富に含まれるトルトニアーノと呼ばれる青い泥灰土土壌からなるラ・モッラ村のバローロは、香り高く優美で、エレガントな味わいが特徴です。


中でも標高500mにあるラ・モッラ村からバローロ村に下っていく雄大な傾斜に位置するブルナーテやチェレクイオ、村の東側にあるアヌンチャータ地区のロッケといった畑は、偉大なクリュとして知られています。

ロベルト・ヴォエルツィオが所有するのは、そのブルナーテ、チェレクイオ、ロッケ・デッラヌンチャータや、トリリオーネ、ラ・セッラ、サルマッサ、フォサッティ、カーゼ・ネーレなど、まさにラ・モッラ村のオールスターとも言える偉大なクリュたち。「ワインの品質の鍵はブドウ畑にある」と考え、ブドウ栽培に全力を注ぐ彼らのワイン造りによって、それぞれのクリュから異なる個性を持った素晴らしいワインが生み出されています。

ロベルト・ヴォエルツィオの全ラインナップ

商品一覧

14 件

おすすめ順

関連リンク


お買い得情報

公式SNS・APP

最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

line お友達登録

お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

公式アプリ

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。