<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン

オーストラリアワイン - 広い国土から生み出される多様性豊かなワイン

新興国の中でも、チリと共にワイン産業を盛り上げているオーストラリア。シラーズやカベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネといった多彩なブドウ品種が栽培されており、その生産量と質の両方において重要な役割を果たしています。


こちらのページでは、オーストラリアワインを知るうえで重要となるキーワードとともに、主要産地のおすすめ銘柄を一挙ご紹介します!是非この機会にオーストラリアワインの魅力を堪能してみてはいかがでしょうか。

目次

オーストラリアワインとは

伝統と革新の共存

畑

オーストラリアワインの歴史が始まったのは1788年。英国海軍アーサー・フィリップ大佐によってシドニーにワイン用ブドウが持ち込まれました。その後、1825年には、「オーストラリアのワイン用ブドウ栽培の父」と呼ばれるジェームズ・バズビーによって本格的なブドウ園が開設され、ワイン生産が広まっていきました。当時のオーストラリアで生産されていたのは、甘口のデザートワインが主でしたが、徐々にテーブルワインの方が盛んになり、近年では、最新技術の導入などにより、世界でも指折りの高級ワインも生産されています。


また現代のオーストラリアで見逃せないのが、自由な発想で既成概念を打ち破る新世代のワインメーカーを中心に巻き起こっている「ナチュラルワイン・ムーヴメント」。オーガニックやビオディナミ農法で栽培され、自然発酵で亜硫酸をごく少量あるいはまったく使わないで造られる「ナチュラルワイン」が若い消費者を中心に人気を集め、オーストラリアのワイン文化に新しい側面を与えています。

代表品種シラーズをはじめとする多彩な品種

ブドウ

オーストラリアワインの代表品種と言えば、黒ブドウはシラーズ、白ブドウはシャルドネが有名。スパイシーかつタンニンが豊富で力強いコクを持つシラーが、オーストラリアでは「シラーズ」と呼ばれており、断トツで一番多く栽培されています。また、シャルドネも白ブドウの栽培面積の半分を占めており、テーブルワインから高級ワインまで多く造られています。


その他にも、カベルネ・ソーヴィニヨンやピノ・ノワール、リースリングやソーヴィニヨン・ブランなど、多様な国際品種が存在。また、20世紀末から21世紀にかけて、消費者が求めるワインスタイルのトレンドの変化に伴い、テンプラニーリョやネッビオーロ、ヴェルメンティーノやグリューナー・ヴェルトリーナーなどの「オルタナティブ品種」も近年増え続けています。

オーストラリアの主要産地とおすすめワイン

世界一大きな島であり、また世界一小さな大陸であるオーストラリア。世界で6番目に広いと言われる国土はヨーロッパ全体のおおよそ7割にも匹敵し、その広さゆえ地域によって気候風土に特徴が異なります。ワイン産地は、シラーズの銘醸地として最も有名なバロッサ・ヴァレーを始めとして、東端のニュー・サウス・ウェールズ州から西端の西オーストラリア州まで3,000km超にわたって点在しています。


また、近年は世界的なトレンドや地球温暖化による影響から、タスマニアやヤラ・ヴァレーをはじめとした冷涼産地(クール・クライメイト)にも注目が集まっており、異なるテロワールを持つ各産地から、多様性豊かなワインが生み出されているのです。

地図

南オーストラリア州

南オーストラリアは、オーストラリア大陸の中央に位置する産地。オーストラリアワインの生産量の大半を担う産地で、世界で最も古いシラーズのブドウ樹が存在し、未だに自根のブドウ樹も存在しています。「マウント・ロフティー・レンジ」に位置するバロッサ・ヴァレー、イーデン・ヴァレー、アデレード・ヒルズ、クレア・ヴァレーなどが特に重要な産地で、シラーズ、カベルネ・ソーヴィニヨン、リースリングから非常に良質なワインが造られます。

①バロッサ・ヴァレー オーストラリアのワイン産業の中心地

バロッサ・ヴァレー

バロッサ・ヴァレーはシラーズの首都ともいえる重要産地。シラーズが栽培面積の5割を占めており、オーストラリア最古のブドウ樹もこの地にあります。バロッサ・ヴァレーのシラーズの特徴は、ブラックチェリーやプラムなどの果実や、コーヒーやチョコレートの豊かなアロマ。アメリカンオークやフレンチオークが使われることが多く、熟したソフトなタンニンと、凝縮した果実味が魅力です。また、甘く果実味溢れる風味と複雑さが特徴のグルナッシュや、引き締まったスタイルのカベルネ・ソーヴィニヨンなど、黒ブドウ品種が多く栽培されています。

アロマ画像1 フィフス・ジェネレーション・バロッサ・カベルネ・メルロ アロマ画像2

豊かな果実味や繊細なタンニン、程良い酸味を感じるエレガントな1本。


フィフス・ジェネレーション・バロッサ・カベルネ・メルロ

グラント・バージ
3.9 (13)
ライトボディ
5
フルボディ

2019

2,640

(税抜価格2,400円)

②イーデン・ヴァレー 高標高に位置するリースリングの銘醸地

イーデン・ヴァレー

バロッサ・ヴァレーと「バロッサ・レンジ」という谷を挟んで隣り合うイーデン・ヴァレー。標高400~550mと高標高に位置しており、リースリングとシラーズの重要な産地となっています。クレア・ヴァレーと双璧をなす品質を誇るリースリングは、ライムの香りと高い熟成ポテンシャルが特徴。また、高い標高と岩がちな土壌に由来する、香り高いシラーズが生み出されており、イーデン・ヴァレーのシラーズで造られた「ヘンチキ・ヒル・オブ・グレイス」は、オーストラリア最高峰のシラーズとして世界中のワイン愛好家垂涎の的となっています。

アロマ画像1 イーデン・ヴァレー・リースリング アロマ画像2

ジェームス・ハリデー5つ星の実力派生産者が造る、滑らかな口当たりと柑橘系の風味が魅力の1本。


イーデン・ヴァレー・リースリング

ロルフ・ビンダー
4.2 (6)
ライトボディ
4
フルボディ

2019

2,420

(税抜価格2,200円)

③クレア・ヴァレー オーストラリア随一のリースリング産地

クレア・ヴァレー

クレア・ヴァレーはオーストラリアで一二を争うリースリングの銘醸地。石灰岩質土壌の地区からはライムのアロマとジューシーな味わいのワインが、黒い粘板岩質土壌からは堅牢でミネラル感豊かなワインが造られるといったように、小地区によって土壌・母岩の個性が異なり、生産者の中でもその違いを活かしたワイン造りが広まっています。また、クレア・ヴァレーの代表的生産者「グロセット」が中心となり、国内外の数多くのワイナリーのスクリュー・キャップ栓導入に先導的役割を果たした産地としても有名です。

アロマ画像1 ザ・ロッジ・ヒル・リースリング アロマ画像2

「オーストラリア最高」と謳われるシラーズとリースリングの造り手。ドライで繊細な味わいが魅力のスタンダードキュヴェ。


ザ・ロッジ・ヒル・リースリング

ジム・バリー
4.0 (6)
ライトボディ
4
フルボディ

2020

3,300

(税抜価格3,000円)

④アデレート・ヒルズ ナチュラルワイン・ムーヴメントの牽引地

アデレート・ヒルズ

アデレード市街の東側、マウント・ロフティー山地の上にあるアデレード・ヒルズは、高級スティルワインや瓶内二次発酵スパークリングなどのファインワイン産地。非常に冷涼な気候が特徴で、大小様々な谷があり、その合間に小さなブドウ畑が散在しています。主に栽培されている品種はピノ・ノワールやシラーズ、シャルドネやソーヴィニヨン・ブランなど。また、「バスケット・レンジ」地区を中心に、ナチュラルワインの造り手が多く存在し、オーストラリアだけでなく、世界中のナチュラルワイン・ムーブメントを牽引しています。

アロマ画像1 カンタ・リースリング アロマ画像2

ドイツのロマネ・コンティと賞される造り手が、オーストラリアで造るリッチで上品な味わいの1本。


カンタ・リースリング

カンタ
4.0 (1)
ライトボディ
4
フルボディ

2015

3,960

(税抜価格3,600円)

西オーストラリア州

西オーストラリアの生産量は、オーストラリア全体のワイン生産量のたった3%ですが、品質は国内トップクラス。少雨で乾燥し、暑い気候ながらも、フリーマントル・ドクターという海風により暑さがやわらげられることで、良質なワインが生み出されています。特にスワン・ディストリクトのシュナン・ブラン、そしてナパやボルゲリを連想させるマーガレット・リヴァーのカベルネ・ソーヴィニヨンなどのボルドー品種が有名です。

⑤マーガレット・リヴァー ボルドー、ナパ、ボルゲリと比較される銘醸地

マーガレット・リヴァー

西オーストラリア州随一の銘醸地、マーガレット・リヴァー。一年を通して温暖で、その気候はフランスのボルドーとしばしば比較されますが、土地の雰囲気や赤ワインのスタイルは、イタリアのボルゲリや、アメリカのナパとも類似しています。多く栽培されているのは、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロなどのボルドー系品種と白ブドウのシャルドネ。いずれのブドウからも、十分な日光を浴び、芳醇な果実味と力強さを兼ね備えたワインが生み出されています。

アロマ画像1 エンバース・カベルネ・ソーヴィニヨン アロマ画像2

注目の新世代ワインメーカーが造る、力強さとエレガンスが調和した逸品。


エンバース・カベルネ・ソーヴィニヨン

フレイムツリー
4.0 (2)
ライトボディ
5
フルボディ

2018

2,640

(税抜価格2,400円)

  • JS 91
アロマ画像1 ソーヴィニヨン・ブラン・セミヨン アロマ画像2

ボルドー・ブレンドで手掛ける、芳醇なアロマと複雑な果実味を帯びた1本。


ソーヴィニヨン・ブラン・セミヨン

カレン
ライトボディ
5
フルボディ

2017

4,719

(税抜価格4,290円)

ニュー・サウス・ウェールズ州

ニュー・サウス・ウェールズはオーストラリアワイン産業の起源となった土地で、1790年代にシドニー周辺で始まり、1820年代になってハンター・ヴァレーに広がりました。古樹から造られるシラーズや、降雨を避け酸度が下がる前に収穫し長期熟成を経て飲まれる「ハンター・セミヨン」が有名です。

⑥ハンター 特異な個性を持つ「ハンター・セミヨン」

ハンター

シドニーの北に位置するハンター・ヴァレーはセミヨン種で有名な産地。セミヨンはボルドーのソーテルヌ地区の甘口品種として有名な品種ですが、ハンター・ヴァレーでは伝統的に辛口スタイルに仕立てられ、収穫期である1月から4月の降雨量が多いため、降雨を避け酸度が下がる前に収穫されるのが特徴です。そのため、アルコール度数が低い軽い口当たりで、シトラス系の香りとミネラル感を伴ったワインが造られます。また、熟成ポテンシャルに秀でており、6~10年以上の熟成を経ると、土のような風味と引き締まった味わいに変化するのも魅力です。

アロマ画像1 セミヨン アロマ画像2

柑橘系果実のアロマを備えたフレッシュな味わいの「ハンター・セミヨン」。


セミヨン

タラック
3.5 (2)
ライトボディ
2
フルボディ

2020

3,300

(税抜価格3,000円)

ビクトリア州

ビクトリアは、冷涼産地の美点を追求したワイン造りが際立った産地で、シラーズ、カベルネ・ソーヴィニヨンの他、ヤラ・ヴァレー、モーニントン・ペニンシュラ、ジロングでは秀逸なピノ・ノワールとシャルドネが生産されています。

⑦ヤラ・ヴァレー エレガントなワインを生む冷涼産地

ヤラ・ヴァレー

メルボルンから車で1時間程度の距離にあるビクトリア州を代表する産地、ヤラ・ヴァレー。オーストラリアで最高級のピノ・ノワールを生産する産地の1つであり、また上品で瓶熟成の長いシャルドネをはじめ、良質のシラーズ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロを生み出す産地としても知られています。また、シャンパーニュのモエ・エ・シャンドン社がこの地に「シャンドン・オーストラリア」を構えており、瓶内二次発酵のスパークリングワイン産地としても有名です。

アロマ画像1 ピノ・ノワール アロマ画像2

「ブルゴーニュの強力なライバル」と絶賛される、ピュアな逸品。


ピノ・ノワール

ジャイアント・ステップス
4.0 (2)
ライトボディ
2
フルボディ

2019

4,180

(税抜価格3,800円)

アロマ画像1 セクストン・ヴィンヤード・シャルドネ アロマ画像2

華やで複雑なアロマを備えた、エネルギッシュかつ深みのある味わい。


セクストン・ヴィンヤード・シャルドネ

ジャイアント・ステップス
5.0 (2)
ライトボディ
5
フルボディ

本数制限

2018

6,050

(税抜価格5,500円)

  • JS 95
  • WE 94
  • WS 91

⑧モーニントン・ペニンシュラ ブティック・ワイナリーが集まるピノ・ノワール注目産地

モーニントン・ペニンシュラ

モーニントン・ペニンシュラは、わずか30社の小規模生産者で構成されていますが、ピノ・ノワールの産地として近年注目を浴びている産地です。フィロキセラが到達しておらず、多くの畑が自根。栽培面積は1000haで、うち500haがピノ・ノワールを栽培しています。地区特性の研究やブルゴーニュの生産者との交流、オーストラリアのピノ・ノワールの品評会などが盛んに行われており、ピノ・ノワール好きには見逃せない産地です。

アロマ画像1 ペニンシュラ ピノ・ノワール アロマ画像2

モーニントン・ペニンシュラにおけるピノの先駆者が手掛ける、フィネスを感じられる1本。


ペニンシュラ ピノ・ノワール

パリンガ・エステート
ライトボディ
2
フルボディ

2018

4,290

(税抜価格3,900円)

タスマニア州

⑨タスマニア オーストラリアのワイン産業において「小さな巨人」と言われる産地

タスマニア州

冷涼な気候に合ったブドウ品種のピノ・ノワールやシャルドネ、ピノ・グリの極めて重要な生産拠点になりつつある注目の産地、タスマニア。オーストラリアのワイン産業においては「小さな巨人」と言われ、小さなワイン産地でありながら、最高級ワインを生産する造り手が多く存在しています。島全体は北海道全体のちょうど8割にあたる広さで、ワイン産地は降雨量が少ない島の右側に分布。地区により、華やかなアロマを持ったエレガントなワインから、骨格のしっかりとした力強いワインまで、多様なスタイルが生み出されています。

アロマ画像1 タスマニア・キュヴェ アロマ画像2

フレッシュな果実味とすっきりした酸味が魅力の1本。


タスマニア・キュヴェ

ジョセフ・クローミー
ライトボディ
4
フルボディ

3,740

(税抜価格3,400円)

アロマ画像1 ジョセフ・クローミー ピノ・ノワール アロマ画像2

程良く熟した果実味とスパイスの風味が溶け合った複雑な味わい。


ジョセフ・クローミー ピノ・ノワール

ジョセフ・クローミー
ライトボディ
2
フルボディ

2018

3,850

(税抜価格3,500円)

商品一覧

79 件

おすすめ順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.