ワイン産地の郷土料理レシピ トスカーナ編「タリアテッレ ラグーソース」

お気に入り追加

レシピ
公開日 : 2023.11.14
更新日 : 2023.11.14
シェアする
郷土料理レシピ

ワインと料理のペアリングの基本の一つが、産地を合わせること。その地で親しまれてきた料理とその地で造られたワインは、地元の風土や文化が根付いているため、自ずと相性が良くなります。


ワイン産地の郷土料理レシピをご紹介するとともに相性の良いワインをお伝えします。


今回はイタリア・トスカーナで愛されるタリアテッレを使ったレシピをご紹介します。

タリアテッレ ラグーソース

タリアテッレ ラグーソース

イタリア料理と聞いて、ピザに並んで思い浮かぶのがパスタではないでしょうか。イタリアにはさまざまなパスタ料理が存在しますが、特にタリアテッレはイタリア北部で昔から愛されています。


その麺の太さと平らな形状から、濃厚なソースとの相性が抜群です。トスカーナでは、ひき肉とトマトのラグーソースと組み合わせた料理が人気です。


赤ワインを用意して、イタリア気分を満喫しましょう!

【材料2人分】

 

タリアテッレ 140g

牛ひき肉 250g

豚ひき肉 100g

トマト缶 1缶

赤ワイン 50ml

玉ねぎ 1/2個

セロリ 1/2本

にんじん 1/3本

にんにく 1片

ローリエ 1枚

オリーブオイル 適量

塩 小さじ1/2

黒こしょう 少々

タリアテッレ ラグーソース_材料

1.玉ねぎ、セロリ、にんじん、にんにくをみじん切りにする。トマト缶はミキサーでピューレ状にする(ミキサーが無ければ、手で潰しておく)。

タリアテッレ ラグーソース_工程

2.深めのフライパン(または鍋)にオリーブオイルとにんにくを入れ、香りが立ったら、1の野菜を弱火でじっくり炒める。

タリアテッレ ラグーソース_工程

3.牛ひき肉、豚ひき肉を入れ、焼き付けるように表面を焼く。全体を炒め合わせる。

タリアテッレ ラグーソース_工程

4.赤ワインを入れ煮立たせたら、トマトピューレ、ローリエ、塩を入れる。弱火で20~25分ほど煮詰める。

タリアテッレ ラグーソース_工程

5.タリアテッレを表示通りの時間茹で、ソースに絡める。お皿に盛り、黒こしょうを挽く。

タリアテッレ ラグーソース_工程

美味しいタリアテッレ ラグーソースが完成しました!合わせるワインは、トスカーナを代表するサンジョヴェーゼを使った赤ワインがおすすめです。


トマトの酸味と肉の旨味がバランス良く交わったソースには、力強さと酸味のあるサンジョヴェーゼがよく合います。


イタリアを感じられるペアリングをぜひお楽しみください。

おすすめワインはこちら

レシピを教えてくれたのは、築山紀子さん


築山紀子さん

C.P.Aチーズプロフェッショナル J.S.Aワインエキスパート 簡単でちょっとオシャレなワインに合うおつまみレシピ、チーズ料理を発信中です。 Instagram @noriko.norikostyle

    この記事をシェア

    公式SNS・APP

    最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

    line お友達登録

    お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

    公式アプリ

    ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
    妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

    ほどよく、楽しく、良いお酒。のんだあとはリサイクル。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。