ワイン産地の郷土料理レシピ ピエモンテ編「ブラザート」

お気に入り追加

レシピ
公開日 : 2023.10.3
更新日 : 2023.11.6
シェアする
メイン画像

ワインと料理のペアリングの基本の一つが、産地を合わせること。その地で親しまれてきた料理とその地で造られたワインは、地元の風土や文化が根付いているため、自ずと相性が良くなります。


ワイン産地の郷土料理レシピをご紹介するとともに相性の良いワインをお伝えします。


今回はイタリアきっての美食の地、ピエモンテから「ブラザート」をご紹介します。赤ワインでじっくり煮込むごちそう料理です。

ブラザート

ブラザート

美しい山々に囲まれ海に面していないピエモンテの郷土料理は肉や野菜が中心。


ブラザートもその一つで、牛肉を赤ワインで煮込んだ満足感のある料理です。


涼しくなってきたこの季節に、コトコト煮込んだブラザートをお楽しみください。

【材料2人分】


A牛肉 500g

A赤ワイン 1/2本

A玉ねぎ 1/2個

Aにんじん 1本

Aセロリ 1/2本

Aローリエ 1枚

Aマッシュルーム 100g

塩 小さじ1

バター 20g

マッシュポテトなど お好みで

ブラザート_材料

【作り方】


1.野菜は乱切りする。大きめのボールに、Aを全て入れ、冷蔵庫で一晩置く。

ブラザート_工程

2.肉を取り出し、水分を拭き取る。フライパンにバターを入れ、牛肉に焼き色を付ける。

ブラザート_工程

3.厚手の鍋に2と1を入れ火にかける。灰汁を取り、塩を入れる。蓋をして2時間ほど弱火で煮込む。

ブラザート_工程

4.牛肉を取り出し、切り分ける。煮汁をミキサーにかける。

(※ミキサーがない場合、そのまま煮汁だけをかけて仕上げてもOKです)

ブラザート_工程

5.お好みでマッシュポテトを添えてできあがり。

ブラザート

ピエモンテを代表するネッビオーロと最高の相性です。


長時間の煮込みによって柔らかくほろっとした牛肉に香味野菜と赤ワインのソースが絡むブラザート。赤ワインとの相性は間違いなしです!


ピエモンテペアリングで至福のひとときが過ごせるでしょう。

ネッビオーロのワイン一覧

レシピを教えてくれたのは、築山紀子さん


築山紀子さん

C.P.Aチーズプロフェッショナル J.S.Aワインエキスパート 簡単でちょっとオシャレなワインに合うおつまみレシピ、チーズ料理を発信中です。 Instagram @noriko.norikostyle

    この記事をシェア

    公式SNS・APP

    最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

    line お友達登録

    お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

    公式アプリ

    ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

    ほどよく、楽しく、良いお酒。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。