おうちでボジョレー・ヌーヴォーを何倍にも楽しむ方法

もうすぐ新酒のシーズンがやってきます!

今年は盛大なボジョレー・ヌーヴォーパーティーができないかもしれない…それでも、新酒のお祝いを楽しみたいですよね。

そんな今年のボジョレー・ヌーヴォーは、ご自宅でおつまみやチーズを用意して思いっきり楽しみましょう!

ボジョレー・ヌーヴォーに合う簡単おつまみ

ボジョレー・ヌーヴォーは気軽に、新酒ならではの爽やかな酸味やフルーティーさを楽しみたいもの。

ドライフルーツやジャムなどの甘みと合わせると、ワインとおつまみ双方の果実の風味が口の中に広がりますよ。手軽に作れるおつまみレシピをご紹介します!

ざくざくクリームチーズの生ハム巻き

ざくざくとした食感が楽しい、クリームチーズの生ハム巻き。見た目にも鮮やかで、手軽なパーティーの1品としておすすめです。

【材料】

クリームチーズ 75g
ドライフルーツ 15g(レーズンやクランベリーなど)
無塩ナッツ 15g
生ハム 3枚

【作り方】

1.クリームチーズを20~30分室温に戻し柔らかくする。刻んだドライフルーツと無塩ナッツを加え混ぜ合わせる。

2.ラップの上に乗せ、包んで棒状に伸ばす。(直径3㎝ほど) 冷蔵庫で1時間ほど冷やす。

3.新しいラップの上に生ハムを並べ、2を乗せて巻く。1㎝幅に切り分け、盛りつけて完成!

豚肉のオイスターマーマレードソース煮

オイスターソースと醤油、甘みのあるマーマレードと煮込む豚肉は、口の中でじわりとコクが広がります。簡単な煮込み料理はメインにも、小分けに盛り付ければパーティーのおつまみに役立ちますよ。

【材料 2~4人分】

豚・かたロース 300g
玉ねぎ 1/2個
水 300ml
A オイスターソース 大さじ1
A オレンジマーマレード 大さじ1
A 醤油 大さじ1
A クローブ 3~4粒
黒こしょう 少々

【作り方】

1.豚・かたロースは一口大に、玉ねぎは薄切りにする。

2.フライパンにオリーブオイルを適量入れ、豚肉の表面に焼き色をつける。厚手の鍋に豚肉・水を入れ火にかけ、沸騰したらアクを取る。

3.玉ねぎとAを入れひと混ぜし、約40分弱火で煮込む。(最初の20分は蓋をして煮込み、蓋をずらしてさらに20分煮込む。)

4.お皿に盛り、黒こしょうを挽いてできあがり!

今しか楽しめない贅沢な組み合わせ

ボジョレー・ヌーヴォーと合わせて食べたいチーズは何と言っても「黄金の山」の意味を持つモン・ドールです。

モン・ドールは、フランスとスイスの国境で造られるウォッシュタイプのチーズ。熟成を経ると、とろとろとしたクリームのようなテクスチャーと、エピセアの樹皮で包まれた香りが魅力で、スプーンを使用してチーズをすくっていただきます。

製造期間と販売期間が定まっているため、秋冬の季節限定チーズであることからこの時期を心待ちしている方も多い人気のチーズです。

そんなモン・ドールに、時期の合うボジョレー・ヌーヴォーを合わせて楽しみましょう。

フルーティーなボジョレー・ヌーヴォーに、とろりとしたクリーミーさと芳醇な香りが特徴のモン・ドールを口に運べば、濃厚なミルクの風味が際立ちます。今しか味わえない贅沢なペアリングです!

サングリアが絶品!

フレッシュでフルーティーなボジョレー・ヌーヴォーは、タンニンが控えめなので、サングリアにすればフレッシュさが際立ち美味しくいただけます。

少し残っちゃった!なんて時にはサングリアにアレンジしてみても良いですね!

【材料 赤ワイン1本分】

赤ワイン 1本(750ml)
オレンジ 1個
ブルーベリー 50g
ラズベリー 50g
イチゴ 5~6個
砂糖 大さじ1~2(はちみつやシロップなどでも代用可)
シナモンスティック 2本

※ワインの量によって材料を調整してください。

【作り方】

1.皮ごと使用するフルーツはよく洗う。材料のフルーツを切る。フルーツと砂糖を容器に入れ、混ぜ合わせる。

2.飲む直後にワインを注いで、出来上がり!

まとめ

ボジョレー・ヌーヴォーの季節になると、1年の経過を感じます。未曾有の年となった1年を新酒とともに振り返ってみてもいいですね。

今年はおうちでボジョレー・ヌーヴォーを楽しむために、ワインとともにおつまみやチーズを用意してみてはいかがでしょうか。