<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


秋冬にしか楽しめない!とろりと濃厚モン・ドールの魅力

築山紀子
築山紀子
レシピとおつまみ
公開日:2019.10.9
更新日:2020.1.10
モンドール
秋になるとモン・ドールもそろそろかなと待ち遠しく思っている方も多いのでは?
今回は期間限定で登場するモン・ドールの魅力と、美味しい食べ方をご紹介します。秋冬にしか楽しめないワインとチーズの組み合わせを、ぜひ試してみてください。
目次

モン・ドール(Mont d’Or)ってどんなチーズ?

モンドール
フランスとスイスの国境に位置するジュラ山脈一帯で造られるモン・ドール。モン・ドールとは山の名で、訳すと「黄金の山」という意味があり、別名ヴァシュラン・デュ・オー・ドゥーとも言われます。
季節問わず通年出回るチーズとは異なり、モン・ドールは秋から冬にかけて造られる期間限定のウォッシュタイプのチーズです。ウォッシュタイプとは、地酒や塩水などでチーズの表面を拭いながら熟成するチーズのことを指します。
モン・ドールは定期的に反転しながら塩水で洗い、エピセアと呼ばれるもみの木の樹皮で巻かれ、エピセアの棚の上で熟成されます。ウォッシュの工程を経ることで、チーズの香りや味わいが強くなり、熟成とともに複雑性が現れます。さらに熟成が進むにつれ、中の組織がとろりと軟化し、スプーンですくい取るほどの滑らかさになります。
モン・ドールの原料となるのは、高地の新鮮な牛の無殺菌乳。ウォッシュの工程を経ながら熟成され、旨味を増し、ミルクの濃厚な味わいが凝縮されています。
一般的に日本で販売されているモン・ドールは、直径15㎝ほどの木箱に詰められていますが、サイズは大型のタイプも存在します。チーズの表面は白から淡いオレンジ色で、全体の生地が波打っています。表皮はやや固めですが、表面を切り取ると中からとろりとしたクリーム状の柔らかなチーズが現れます。
なお、国境を越えたスイスにもモン・ドールと名前も見た目も似た「ヴァシュラン・モン・ドール」があります。こちらは、低温加熱した殺菌乳を使用し、色合いもオレンジの色彩が濃く、ウォッシュの回数が多いため風味が強いことが特徴です。

限られた期間しか食べられない!?

通年で食べたいほどに人気のあるモン・ドールですが、製造期間と販売期間が法律で定められているため限られた期間にしか楽しむことができない貴重なチーズです。

製造期間:8月15日から翌年の3月15日

販売期間:9月10日から翌年の5月10日

モン・ドールは秋が深まるごとにつれて熟成がどんどんと進んでいきます。そんな限られた期間で味わいの変化を楽しめるのも人気の理由の一つと言えるでしょう。

滑らかな食感!モン・ドールの食べ方

モンドール
モン・ドールはウォッシュチーズの特徴でもある香りの芳香性が強く、熟成が進むに連れ軟化していく、滑らかな口溶けが魅力です。
香りや味わいを堪能するために、まずは食べる前に室温に30分ほどおき、チーズ本来の味わいを損ねないようにしましょう。

①そのままスプーンですくって

モン・ドールの表皮は固めなので、まずは表面を切り取り、中身を取り出します。その際、表皮を丸く蓋のように切り取ると、食べ残った際に、もう一度蓋のように被せることができるのでおすすめです。
熟成が若く中身があまり軟化していなければナイフで切り分けることもできますが、とろとろの組織なので、スプーンでチーズをすくってそのままお皿に盛りつけることをおすすめします。
口に含むと、まろやかなミルクの味わいを堪能できます。

②チーズフォンデュにアレンジ!

そのままでも充分美味しいですが、チーズフォンデュも美味しい食べ方の一つです。最初はそのまま味わい、残ったモン・ドールをチーズフォンデュにアレンジしましょう!

【作り方】
1.木箱にアルミホイルを巻き、中に白ワインを加える。
2.軽く混ぜてから、グツグツとして香りが広がるまでオーブンで温める。
3.お好みでニンニクを加え、パン粉をまぶしてもOK
4.茹でたじゃがいもなどの野菜やバゲットなどですくいながら、熱々のうちに召し上がれ!

温めると香りがさらに広がるので、チーズ好きにはたまりません!モン・ドールの木箱ごと使用するので、おもてなしやパーティーにもピッタリです。

番外編!ちょっとクセのある表皮もおいしく!

ウォッシュタイプのチーズの中身は、表皮より比較的穏やかな香りと味わいですが、ウォッシュされた表皮は香りが強くなります。ウォッシュタイプの香りが苦手な方は、クセが穏やかな中身を味わうといいでしょう。
芳香性のある表皮は、パンにお好みの野菜とともに載せてトースターで焼くと、とろりと溶けて香ばしい香りもプラスされて、美味しく食べることができますよ。

ワインとのマリアージュ

モンドールとワイン
香りが豊かで濃厚な味わいのモン・ドールには、スパークリングワインから白ワイン、赤ワインまで様々に合わせることができます。
秋冬限定のモン・ドールに合わせたいワインは、やはり季節を感じる新酒の美味しいワインですよね。フルーティーな香りと豊かな果実味の赤ワインに、モン・ドールのクリーミーな味わいと合わせると、フレッシュなワインの爽やかな魅力が引き立ちます。
秋始めのモン・ドールは比較的穏やかな香りと味わいなので、白ワインも赤ワインも強すぎないタイプと合わせると、双方の香りと味わいが寄り添います。
熟成が進んだモン・ドールは本格的でクリーミーな泡立ちのスパークリングワインや、ふくよかな白ワイン、しっかりとした濃厚な赤ワインと合わせるとチーズの美味しさが引き立ちます。

まとめ

これから、ボジョレー・ヌーヴォーの解禁や、クリスマスなど年末年始にかけてパーティーシーズンが続いていきますね。そんな場面にモン・ドールはピッタリです。
まだモン・ドールを食べた事のない方は、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。そして、毎年心待ちにされている方は、季節の到来をワインとともに堪能しましょう。
フェルミエ
築山紀子
築山紀子

J.S.A.ワインエキスパート(J.S.A.ワイン検定ブロンズ・シルバー講師) C.P.Aチーズプロフェッショナル ワインのある食卓に役立つ、簡単でちょっとおしゃれなおつまみレシピを料理サイト等で紹介。ワインとチーズの知識と、オリジナルレシピ・写真を活かしてライターとして活動中。

この記事をシェア

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.