<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン

ブラックフライデー

2021年ボジョレー・ヌーヴォー

ついにボジョレー・ヌーヴォーの季節が到来しました!エノテカには、パリの名門レストラン「タイユヴァン」がセレクトする上級ヌーヴォーをはじめ、ナチュラルな美味しさが魅力の「ジル・ド・ラモア」、"クリュ・ボジョレーのスペシャリスト"と言われる「アンリ・フェッシ」、1885年創業の老舗「ルー・ペール・エ・フィス」が今年も入荷しました!


出来立てのフレッシュな美味しさは、この季節、ヌーヴォーでしか味わえない特別なもの。エノテカが厳選したとっておきのボジョレー・ヌーヴォーの数々を是非お楽しみください。

最新情報到着!2021年は「口当たりがなめらかで、果実味がある、優しいボジョレー。」

grape/vineyard

ボジョレーワイン委員会より

2021年の冬から春にかけては不規則な気候で、生産者たちはより注意深く気を配らねばならなった。ただ、8月からは乾燥した夏が続き、豊富な日照に恵まれたおかげでブドウが順調に成熟。ある地域では霜によるダメージはあったが、概ねブドウの品質が良く、糖と酸のバランスが素晴らしい果実が実った。


各生産者は収穫に良い日取りを選び、細心の注意を払ってブドウの房を選別。それぞれのワインに適した醸造法を採用したことで、生き生きとした香り高いワインが誕生した。今年は近年ホットなミレジムにみられるものよりも、アルコールやタンニンが控えめなワインが多く、口当たりはなめらか。果実味がある、優しいボジョレーワインを感じることができるはず。

タイユヴァンより

2021年ヴィンテージはまさにワインメーカーの腕が試されたヴィンテージ。2021年の冬は雨が長く続いたことで、土の中に十分な水分を確保出来た。今年はかなり早い段階から萌芽が始まり、4月に発生した霜による被害はあったものの、ブドウの質は上出来。霜の影響を受けて可能な限り風通しを良くするため、殆ど全てのブドウ樹に対して剪定を実施した。4月の後半から5月にかけて気温が上がってきたことで、成長具合は例年並みに加速した。


収穫期では、厳格な選果により、濃厚な果実の風味をもつ凝縮感のあるブドウが実った。こうして出来上がった2021年ヴィンテージのワインは、2019年から2020年の中間程度に趣深く、バランス良く、芳醇な味わい。予想通り素晴らしいヴィンテージとなったと言える。

ルー・ペール・エ・フィスより

4月の前半は雨が多く寒い気候が続いていた。さらに4月に発生した霜の影響も受けたが、5月に入ってからは20℃を超えるような暖かい日が続き、天候に恵まれている。この陽気のおかげで、5月末から開花が始まった。6月の2週目までにはほとんどのブドウで開花を迎えるような状況。霜によるダメージはあったものの、その後に続く素晴らしい気候でブドウは順調に育った。

アンリ・フェッシより

冬の寒さは穏やかで、その後3月の末頃の気温が非常に高かったことから、4月に入った段階で萌芽が始まった。その後4月に発生した霜の影響で最低気温は-3度に。萌芽したてのブドウは被害を受けたものの、幸いなことにそれほど大きなダメージを受けることはなかった。夏の気象条件は素晴らしく、気温は平均以上で最高30°Cまで上昇した。ブドウ畑は最適な状態にあり、生育は急速に進行していたが、ボジョレー南西部で一部雹害があった。


9月に入ると、収穫条件は良好。醸造も順調に進み、出来上がったワインは、色調は濃いがタンニンは非常に柔らかく、ガメイのフルーティーな味わいでバランスが取れている。酸は調和しているが存在感があり、ヌーヴォーの魅力を味わうことが出来るだろう。

ボジョレー・ヌーヴォーってどんなお酒?

ブルゴーニュ地方南端に位置するボジョレー地区。ガメイ種を使用した、軽快な赤ワインです。"Nouveau"(ヌーヴォー)とはフランス語で"新しい"の意味。つまり、ボジョレー・ヌーヴォーはボジョレー地区でその年に収穫したブドウから造られる新酒のことです。古くは地元のブドウ農家が実りを祝うために造られていたとか。フランスワインの中で、最も熟成期間が短く、その味わいは、もぎたての果実のようにフレッシュでジューシー。ボジョレー・ヌーヴォー最大の魅力です。

map

ボジョレー・ヌーヴォーとボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー

"Village"(ヴィラージュ)とはフランス語で"村"という意味。ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーは、ボジョレー・ヌーヴォーより地域と生産量を限定したクオリティの高い新酒です。

ボジョレー・ヌーヴォーの美味しい飲み方

フレッシュさが特徴のボジョレー・ヌーヴォーは、少し冷やしてお楽しみ頂くのがおすすめです。普通のワインの場合、冷やしすぎるとタンニンによる渋みが強調されて飲みにくくなってしまいまう場合がありますが、ボジョレー・ヌーヴォーは元々タンニンが少ないので、その心配はありません。冷蔵庫で軽く冷やして、お料理とともに気軽にお楽しみください。早飲みタイプのワインなので、購入後はなるべく早いうちにお飲み頂くことをおすすめします。

glass

タイユヴァン

1946年にフランス・パリの9区で創業した歴史あるレストラン。1973年から30年以上にも渡り3つ星を守り続けてきた、名実ともにフランス最高峰のレストランのひとつです。タイユヴァンは料理だけでなく、ワイン・セレクションが大変素晴らしく、世界的に高い評価を受けています。


その影響力は甚大で、あのアンリ・ジャイエやルフレーヴ、ラヴノーらも、タイユヴァンに選ばれたことで、スタードメーヌとしての栄光が始まったとか。ワイン生産者にとってタイユヴァンのワインリストに自分のワインが選ばれるということは、最高の栄誉であり、ワインのプロフェッショナル、あるいは愛好家たちの指標ともなっているのです。

パリ最高峰レストラン、タイユヴァンのヌーヴォーを堪能できるお得なセット。


タイユヴァン ボジョレー・ヌーヴォー赤白ロゼ3本セット

タイユヴァン
送料無料

12,210

(税抜価格11,100円)

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー ヴィエイユ・ヴィーニュ

パリの名門レストラン「タイユヴァン」がセレクトしたヌーヴォー。古樹のブドウから造られる、フレッシュかつコクのある上品な味わいが魅力的。


ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー ヴィエイユ・ヴィーニュ

タイユヴァン
4.1 (33)
ライトボディ
2
フルボディ

2021

3,960

(税抜価格3,600円)

マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー ヴィエイユ・ヴィーニュ

パリの名門レストラン「タイユヴァン」がセレクトしたヌーヴォー。シャルドネから造られる、瑞々しく爽やかな辛口白ワイン。


マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー ヴィエイユ・ヴィーニュ

タイユヴァン
5.0 (1)
ライトボディ
4
フルボディ

2021

4,290

(税抜価格3,900円)

ボジョレー・ヌーヴォー ロゼ

パリの名門レストラン、「タイユヴァン」がセレクトしたヌーヴォー。極少量しか造られない稀少な、華やかでエレガントなロゼワイン。


ボジョレー・ヌーヴォー ロゼ

タイユヴァン
4.0 (6)
ライトボディ
1
フルボディ

2021

3,960

(税抜価格3,600円)

ルー・ペール・エ・フィス

ルー・ペール・エ・フィスは1885年の創業から130年以上の歴史を誇る老舗ドメーヌ。ブルゴーニュ地方コート・ドールの村、サン・トーバンを拠点に、ブルゴーニュのほぼ全域のワインを造っている一大生産者で、造られるワインは地元ブルゴーニュのみならず世界58カ国で愛飲されています。


土壌と自然に敬意を払ったワイン造りをモットーとし、果実のピュアさが前面に出たワインを生産。その高い品質から数々の賞を受賞し、英国航空のファーストクラスをはじめ、各国航空会社のビジネスクラスでも採用された実績を誇ります。

ボジョレー・ヌーヴォー

5世代に渡り家族経営でワイン造りを手がけてきたコート・ドールきっての一大生産者。2017年より新たに生み出された実力派ヌーヴォー。


ボジョレー・ヌーヴォー

ドメーヌ・ルー・ペール・エ・フィス
4.0 (1)
ライトボディ
2
フルボディ

2021

3,080

(税抜価格2,800円)

アンリ・フェッシ

ボジョレー地区の中で、村名を冠することができる10の上位格付け"クリュ・デュ・ボジョレー"のうち9つの自社畑を所有するクリュ・ボジョレーのスペシャリスト、アンリ・フェッシ。手摘み収穫と伝統的な醸造方法にこだわった高品質なボジョレーは、パリのブラッスリーをはじめ、高級ホテルやレストランで幅広い人気を獲得しています。


アンリ・フェッシのヌーヴォーは、深みのある赤紫色にブラックベリーの豊かな香り、口中に広がる果実味と心地よいコクに加え、溶け込んだ丸いタンニンが魅力。また、近年人気が高まっているスパークリングワインは、アルコール度数7〜8%程度と一般的なワインよりも低め。やや甘口ながらスッキリとした味わいで、ワインが苦手な方にもオススメです。

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー アンフォゲッタブル

クリュ・ボジョレーのスペシャリストが古樹のブドウをブレンドして生み出す、心地よいコクと柔らかいタンニンを備えた上品なヌーヴォー。


ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー アンフォゲッタブル

アンリ・フェッシ
4.0 (4)
ライトボディ
2
フルボディ

2021

3,080

(税抜価格2,800円)

ジル・ド・ラモア

ジル・ド・ラモア社はニュイ・サン・ジョルジュに本拠地を置くネゴシアン。自然な栽培方法、醸造方法にこだわったワイン造りで、バランスに重点を置いたスタイルが評価されており、エノテカでは取り扱い歴が10年程になるボジョレーの定番ワイナリーです。


ジル・ド・ラモアが手掛けるボジョレー・ヌーヴォーは、ピュアでナチュラルなスタイル。甘めの華やかな香りと心地よいほのかな酸味が特徴の豊かな味わいが魅力です。

ボジョレー・ヌーヴォー (酸化防止剤無添加)

ピュアでナチュラルなスタイルのワインを造る大人気生産者。果実味豊かでチャーミングな味わいが魅力の、酸化防止剤無添加ヌーヴォー。


ボジョレー・ヌーヴォー (酸化防止剤無添加)

ジル・ド・ラモア
ライトボディ
2
フルボディ

2021

2,640

(税抜価格2,400円)

商品一覧

19 件

おすすめ順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.