<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


ヴァンサン・ルグー VINCENT LEGOU

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ジュヴレ・シャンベルタン
  • コート・ド・ニュイ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ヴォーヌ・ロマネ
  • コート・ド・ニュイ
ヴァンサン・ルグー / VINCENT LEGOU ワインボトル

DRCのワイン造りとスピリッツを継承した、ヴォーヌ・ロマネの注目ドメーヌ。

ドメーヌ・ヴァンサン・ルグーを率いるのは、ブルゴーニュきっての名門、ドメーヌ ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)にてグラン・エシェゾー、そしてエシェゾーのブドウ栽培を一手に担い、若手のエースとして活躍したヴァンサン・ルグー氏。2008年に代々続く実家のドメーヌを受け継ぎ、DRCにて培った技術とスピリッツを継承した丁寧なワイン造りを行っています。生み出されるブドウの旨味溢れるしなやかな味わいは、ヨーロッパを中心に、特にフランス国内の愛好家から高い人気を集めています。

親子3代に渡り、DRCで培ったワイン造りの技術とスピリッツ

ヴァンサン・ルグーは、ヴォーヌ・ロマネの西側、ニュイ・サン・ジョルジュのコンクール村に位置するドメーヌ。現当主のヴァンサン・ルグー氏は、生涯にわたってDRCに勤務した祖父ジェラール氏、父ジャッキー氏に続き、1998年に丁稚としてDRCに入社。栽培から醸造、出荷まで幅広く従事した後、僅か12人しかいない正社員になることを認められました。

グラン・エシェゾー、そしてエシェゾーのブドウ栽培を一手に担い、更にブルゴーニュ屈指のグレートヴィンテージ2005年の栽培を全うするなど、若手のエースとして活躍しました。
ルグー氏は2006年に、その経験から培った技術で自分自身のワインを造ろうと、8年間務めたDRCを退社し、実家のドメーヌに戻りました。土壌改良など一から畑造りを行い、2008年に正式にドメーヌを継承して本格的に自社で瓶詰めを開始。ドメーヌが所有する畑は11.5haと小さく、生産量の約60%がフランス国内のレストランやホテル、ワイン愛好家たちに消費され、残りはイギリスやアメリカを中心に輸出販売されてきました。

栽培から醸造まで緻密で繊細なワイン造り

ルグー氏は、「栽培も醸造も、除梗率や新樽率などを除いて、基本的にはDRCでやってきたことをそのまま行っています。最も大事なことは、『オプセルヴァシオン=観察』。」と語り、すべてにおいて、自分の目で見て確認するということを怠らず、エキスがたっぷりと抽出されていながら、濃すぎることなく上品なワインを理想としています。

また、ルグー氏は有機農法にも力を入れており、ドメーヌを継承した翌年の2009年から切り替えを行い、2010年から完全導入。フランス政府公認の厳しい基準をクリアしたことを証明する、AB(Agriculture Biologique)マークを取得しています。
全てのキュヴェに対して収穫後は厳しい選果を実施。赤ワインは100%除梗で浸漬、白ワインは全房のまま圧搾、抽出は慎重にソフトに行われます。ステンレスタンクを使用し天然酵母のみで発酵。赤ワインは無清澄にて瓶詰されます。そうして、果実のしなやかな甘みを備え、旨味などのエキス分が凝縮されたワインが生み出されます。

親子3代にわたって勤めたDRCとの信頼関係は現在も深く、オーナーのオベール・ド・ヴィレーヌ氏、醸造長で元上司のベルナール・ノブレ氏も年2回、連れ立ってルグー氏のドメーヌを試飲に訪れ、価値ある助言をしているとのこと。年々品質が高まり、今後ますますその人気に拍車がかかること間違いなしの、ブルゴーニュファンには見逃せない注目ドメーヌです。

商品一覧

6 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.