<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エティエンヌ・ソゼ ETIENNE SAUZET

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ピュリニー・モンラッシェ
  • コート・ド・ボーヌ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • シャサーニュ・モンラッシェ
  • コート・ド・ボーヌ
エティエンヌ・ソゼ / ETIENNE SAUZET ワインボトル

ピュリニー・モンラッシェ最高峰の造り手の一人

名門ルフレーヴと肩を並べ、ピュリニー・モンラッシェで1、2を争う実力派の造り手「エティエンヌ・ソゼ」。果実味がたっぷりとあり、樽の風味が溶け込んだしっかりとした骨格のスタイルは、モンラッシェからA.C.ブルゴーニュまで全てのキュヴェで一貫しており、長年ブルゴーニュ愛好家を魅了し続けています。

目次

「元詰め」を始めたドメーヌの先駆者

「ピュリニー・モンラッシェの造り手といえばエティエンヌ・ソゼかルフレーヴ」と言われるように、ソゼはピュリニー・モンラッシェで1、2を争う実力派の造り手です。モンラッシェをはじめ、シュヴァリエ・モンラッシェ、バタール・モンラッシェ、ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェの4つのグラン・クリュ、さらにはピュリニー・モンラッシェの9つのプルミエ・クリュ、そして村名ワイン、A.C.ブルゴ−ニュを含む全17銘柄を手掛けています。

ソゼ家はヨーロッパのブドウ品種に壊滅的被害を与えたフィロキセラ禍がフランス全土を襲う前、約150年前からブドウ栽培と菜園業を営んでいた歴史ある旧家。80年ほど前の1935年頃から、当時としては画期的な「ドメーヌ元詰め」を始め、フランス各地の著名レストランを顧客に直売してきたという先駆者でもあります。

1975年にエティエンヌ・ソゼ氏が亡くなり、ドメーヌは引き継がれていき現在は、3代目のジャニーヌ女史とその夫であるジェラール・ブード氏、そして彼らの娘であるエミリー女史とその夫であるブノワ・リフォ―氏でワイナリーが運営されています。醸造責任者はエミリー女史とブノワ・リフォ―氏が務め、エティエンヌ氏が造り続けたシャルドネへ敬意を表して、今なお"SAUZET"という名前を使い続けています。

苦境の中での徹底したワイン造り

創立より名声を高め、年々畑を拡大していたドメーヌ・エティエンヌ・ソゼですが、1991年に財産相続の問題で所有畑の面積が大きく減少したことから、契約農家が栽培する買いブドウでの醸造を始めました。これによりドメーヌ・エティエンヌ・ソゼは「ドメーヌ」の看板を下ろすこととなり、現在の「エティエンヌ・ソゼ」という名になっています。


買いブドウでの醸造というと一見、安価にワインを造るためにブドウの供給量を増やす方策のようにも思えますが、エティエンヌ・ソゼにおいてはそうではありません。あくまでも、畑面積が減少する前の時代からの顧客への供給量を確保するためのブドウ購入であり、品質維持の観点から「これ以上ネゴシアン方式による生産を増やすつもりはない」と断言しています。

勿論エティエンヌ・ソゼの仕事へのこだわりや、ワインにかけた誇りはブドウの出所によって変わるものではありません。ブドウを買い付ける契約農家はブード氏の栽培理念に賛同する農家のみを選択。栽培されるブドウのほとんどを果実の状態で購入し、自らの施設内で醸造から出荷までの工程全てを目の届く範囲で行っています。


本当に満足できる質の高いブドウだけを使うことにこだわるドメーヌ時代と変わらない硬派なワイン造りにより、そのクオリティは下がるどころか益々向上。現在エティエンヌ・ソゼの造り出すワインは、世界中のワインラヴァーが求める非常に入手困難なワインとなっています。

巧みな新樽使いが生み出す、高い密度と柔らかな質感

エティエンヌ・ソゼのワインの特徴は、巧みな新樽の使い方。樽の風味がボディによく溶け込み、しっかりとした骨格をつくっています。若いうちは樽の香りを前面に感じることがありますが、それも熟成を経ると果実味と調和し、複雑なテイストへと変化していきます。


熟成時の新樽比率は、特級畑が50%以下、一級畑で20〜33%、それら以外が20%程。新樽比率の違いはあるものの、ソゼ独特のスタイルは一貫しており、しっかりとした密度がありながら柔らかい質感のスタイル。ピュリニー・モンラッシェならではの繊細かつ硬質なミネラル感が際立った仕上がりとなっています。熟成のポテンシャルも高く、長期熟成によって美しい変化を遂げた味わいは正に逸品。ブルゴーニュファンや評論家の心を魅了し続けています。

    この記事をシェア

    商品一覧

    9 件

    おすすめ順

    関連リンク


    お買い得情報

    飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

    「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。
    Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.