<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


ローラン・ポンソ LAURENT PONSOT

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ジュヴレ・シャンベルタン
  • コート・ド・ニュイ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • シャンボール・ミュジニー
  • コート・ド・ニュイ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ムルソー
  • コート・ド・ボーヌ
ローラン・ポンソ / LAURENT PONSOT ワインボトル

ローラン・ポンソ氏自身の名を冠した、新生ネゴシアン

ローラン・ポンソ氏が自身の名を冠した新生ネゴシアン、ローラン・ポンソ。ローラン氏はブルゴーニュのモレ・サン・ドニを代表するドメーヌ・ポンソの元当主であり、2017年に独立。ドメーヌ・ポンソ時代に培った天才的手法で、近代的なワインを造っています。
目次

ブルゴーニュの天才が手掛ける、自身の名を冠したネゴシアン

ローラン・ポンソの本拠地は、ニュイ・サン・ジョルジュの東にあるシトー修道院で知られるサン・ニコラ・レ・シトー村。2000年代にジョイント・ベンチャーの名のもとに徐々にメタヤージュ(分益耕作)もしくはフェルマージュ(賃借)として、自社所有する畑以外のラインナップを拡大してきました。

今回、自身の名前を冠したネゴシアン「ローラン・ポンソ」として息子のクレメン氏とともに独立後も、単にブドウを購入するのではなく、栽培にも関与し、ポンソの哲学を色濃く反映したワイン造りを行っています。
ローラン・ポンソ氏は1981年からドメーヌ・ポンソを運営し、温度センサー付きラベルや独自に開発した合成コルクの採用、雹害防止ロケットの使用など、革新的な技術を取り入れ、ワインの品質を向上。

また、偽造ワインの摘発にも注力し、ワインケースの温度や保管状況をモニターするインテリジェント・ケースやICタグを利用し、ボトルの真正性やトレイサビリティを確保するなど、一目置かれる存在でした。ドメーヌ・ポンソ時代は、所有する数多くの銘醸畑と彼の天才的手法を兼ね合わせることで、他のドメーヌを圧倒するブルゴーニュ最高峰ドメーヌの1つとして君臨していたのです。

ローラン・ポンソは2015年ヴィンテージからワインを造り始めていますが、その規模は急速に拡大しており、生産量は2016年の4万7000本から、2017年は8万本へと増加。30万本の生産規模を目指し、新たな醸造施設をニュイ・サン・ジョルジュとボーヌの間に建設予定とのこと。特注でのステンレスタンクの設置や、輸送時の温度変化を確認できる近距離無線通信チップの採用など、独立後もローラン氏の独創的且つ革新的なアイデアは留まるところを知りません。

ローラン氏こだわりの近代的製法

ローラン氏がドメーヌ・ポンソ時代に最も大切にしていた、デリケートさ、エレガンス、フィネスの表現は、ローラン・ポンソにおいてもなんら変わることはありません。ネゴシアンという形でありながらもブドウ栽培にも関与し、オーガニックでこそないものの、自然とのバランスを考えた農法を実践。畑ごとにブドウ、果汁、バルクワインをそれぞれ購入し、バルクワインは購入後すぐに熟成させます。

醸造に関しても、ドメーヌ同様に近代的な製法を取り入れ、ローラン氏が考案した逆円錐型発酵槽で発酵し、熟成には古樽を使用しています。酸化防止のために亜硫酸を使うのではなく、窒素と二酸化炭素を採用しており、熟成具合によって必要になったら亜硫酸を添加。

さらに「樽はバクテリアが発生したり、ワイン造りで最も問題を起こすもの」との考えで、樽に頼らない熟成を探る「ウルトラ・ナノ・オキシジネーション」にも取り組んでいます。ローラン氏の革新的かつ天才的手法により、ブドウ本来のエキスと旨みが強く、透明感のあるワインに仕上がるのです。

旨味に溢れ、驚くほどピュアな味わい

ローラン氏は赤ワインの造り手として有名であり、ローラン・ポンソとしてリリースするキュヴェの中でもA.C.ブルゴーニュ、シャンボール・ミュジニー、シャンボール・ミュジニー・レ・シャルム、グリオット・シャンベルタン、クロ・サン・ドニのキュヴェはドメーヌ・ポンソ時代から引き継いだ畑で造られています。

また、同様に秀逸な白ワインも生み出しており、ローラン氏が「品種はツールにすぎない。レジョナルなら、シャルドネではなくブルゴーニュを表現する。アペラシオンを表現するオートクチュールなワインを造る。」と語るように、テロワールを表現したクリーンでピュアなスタイルに仕上げています。

特筆すべき点は、白ワインの醸造については、特に誰からもアドバイスは受けておらず、独自の製法を実施。さらにムルソーに関しては「樽の影響を受けない、本来のムルソーを表現したかった。」と語るほどの、強いこだわり。そのため熟成には、新樽に約300gの塩を刷り込んで、10Lの熱湯に15分間漬ける方法でリンスした樽を使用することで、樽がワインに影響しない製法に取り組んでいます。

ローラン・ポンソが手掛けるワインは、全ての銘柄にキュヴェ名がついていて、基本的に白ワインには花の名前、赤ワインには木の名前が、ローラン氏のインスピレーションで名づけられています。

商品一覧

21 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.