0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)

LES HERITIERS DU COMTE LAFON

ムルソーの巨人が手掛ける注目産地マコン。
最新2016年を含む全9銘柄が勢揃い!

レ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォン

ムルソーのトップ生産者としてその名を馳せるコント・ラフォン。その手腕で世界の白ワイントップ生産者10傑に選出されるほどの偉大な造り手です。近年はムルソーのみにとどまらず、高いポテンシャルを秘めた注目の産地マコンでも素晴らしいワインを手掛け、成功を収めています。
今回、そんなコント・ラフォンが手掛けるマコンの最新ヴィンテージが入荷しました。2016年は収穫前の天候に恵まれた優良年。著名なワイン評論家ジャンシス・ロビンソン女史もその出来を「1つの要素が傑出することなく見事な調和を保っている」と称賛しています。是非、この入荷の機会にお楽しみください。

頂点を極め「ムルソーの巨人」と称される偉大な造り手。
ムルソーに対し、「後継者」と名付けたマコンでの新たなる挑戦。

ドメーヌ・デ・コント・ラフォンは、1868年にジュール・ラフォン伯爵によって設立されて以来、代々ラフォン家によって運営されるドメーヌ。1987年からは、現当主であるドミニク・ラフォン氏が醸造責任者に就任しています。 ドミニク氏は、醸造テクニックに偏っていた古い手法を一新し、ブドウ栽培に重点をおいた新しいワイン造りへと改革。自ら畑を耕し、1995年からはビオディナミを開始、1998年には全ての畑をビオディナミへ移行しました。また1平方メートルあたり1本という低植樹率、さらには発芽の抑制による果実の徹底した収量制限を行ったことで、クオリティの高いブドウを得ることに成功したのです。 こうしたドミニク氏の革新によってワインにさらに磨きがかかり、各方面で高い評価を得ることになりました。今ではその名声と限られた生産量により、コント・ラフォンのワインの価格は高騰。入手困難を極める稀少なワインとなっています。

こうしてムルソーの頂点を極め、「ムルソーの巨人」と呼ばれるようになったドミニク・ラフォン氏は「より気軽に楽しめる、マコンの素晴らしさを最大限に引き出したワインを造りたい」という思いのもと、1999年、同じくブルゴーニュ地方のマコンの地に「レ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォン」を設立しました。 エリティエール(HERITIERS)とは、「後継者」という意味。世界最高峰の白ワインと讃えられるコント・ラフォンのスピリットを受け継いだワインがマコンの地で生み出されています。

ドミニク氏が情熱を注いで手掛ける「マコンの中のマコン」。

ドミニク・ラフォン氏がマコンにかける情熱は、ムルソーにかけるそれと全く同じ です。本家のドメーヌ・デ・コント・ラフォンがあるムルソーからマコンまで車で約1時間の距離がありますが、ドミニク氏は毎週のようにマコンの畑の状態チェックに通っています。ブドウの栽培については、コント・ラフォンと同じくビオディナミを実行。多くの生産者が熟し過ぎるほどにブドウを完熟させてから収穫するのに対し、ドミニク氏はいきいきとしたフレッシュな酸を大切にしています。そのため収穫期には、ドミニク氏曰く「決めなきゃいけないことがたくさんある。」と、毎日のように車を走らせマコンの畑に赴いているということからも、ドミニク氏の本気度が伺えます。2006年からは才能溢れるカロリーヌ・ゴン女史を右腕に、ブドウとワインの品質に磨きをかけています。

マコンではステンレスタンクのみを用いるワイン造りが一般的ですが、レ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォンでは600Lの大樽を中心に用いられています。新樽は一切使用せず、熟成期間を12ヵ月程度と短くする(ムルソーの場合は18~24カ月)ことでマコンの特徴である、「みずみずしい豊かな果実味」を最大限引き出します。そして、ドミニク氏のワインらしい洗練された一流の風格が感じられます。 十分に寝かせて楽しみたいムルソーとは違い、いきいきとしたフレッシュな酸を大切にしているマコンは早くから楽しめるという魅力があります。

世界的に著名なイギリスのワイン評論家、ジャンシス・ロビンソン女史は、毎年のようにレ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォンに足を運んで試飲をしており、そのワインについて、「年々よくなっている!そして何と言ってもこの巧みに造られたシャルドネは、コント・ラフォンのムルソーよりずっと手頃な値段が魅力的」と賛辞を送っています。

News!

プイィ・フュイッセから22のクリマがプルミエ・クリュに昇格。
今後の動向が目が離せない注目産地マコン!

プイィ・フュイッセ、プイィ・ヴァンゼル、プイィ・ロシェ、サン・ヴェラン、ヴィレ・クレッセの5つのアペラシオンがあるのみに留まっていたマコン。しかし、2017年11月、シャルトレ村、フュイッセ村、ソリュトレ・プイィ村、ヴェルジソン村に位置するプイィ・フュイッセの22クリマがプルミエ・クリュへ昇格すること確定し話題になりました。これらのクリマから2018年か2019年には最初のプルミエ・クリュがリリースされる予定です。2010年にINAOはサン・ヴェランからもプルミエ・クリュを設ける旨の申請を受け入れており、今後もコント・ラフォンをはじめとするマコンの生産者から目が離せません。

今回初入荷の2015年プイィ・フュイッセと
2016年のおススメ・キュヴェ▼

マコネ地区において偉大なポテンシャルを備えている3大アペラシオンとドミニク氏が公言する「ヴィレ・クレッセ」、「サン・ヴェラン」、「プイィ・フュイッセ」。今回、そのヴィレ・クレッセ、サン・ヴェランを含む最新2016年ヴィンテージが勢揃いいたしました。
2016年の出来についてドミニク・ラフォン氏は「フレッシュな果実味が魅力のワインができた。ワインの出来には満足している。」とのこと。記録的な暖冬から始まり、ブドウは例年通りのタイミングで発芽。4月の霜と5月の雹をともなう雷雨によって収量は大きく例年を下回るものになりましたが、6月から収穫まで続いた素晴らしい天候の下でブドウは見事に成熟しました。
また併せて昨年初リリースされたプイィ・フュイッセも最新2015年ヴィンテージが入荷。2015年は過去最高レベルに気温と日照量に恵まれ、凝縮した果実味と穏やかな酸がある親しみやすい味わいが全面に出たヴィンテージとなっています。

2015年
プイィ・フュイッセ

5,500円(5,940円 税込)

この商品はこちら≫

2016年
ヴィレ・クレッセ

4,800円(5,184円 税込)

この商品はこちら≫

2016年
サン・ヴェラン

4,800円(5,184円 税込)

この商品はこちら≫

コート・ドールのプルミエ・クリュにも引けを取らない
完成度を誇る上級キュヴェ▼

2016年
マコン・シャルドネ・クロ・ド・ラ・クロシェット

4,500円(4,860円 税込)

この商品はこちら≫

2016年
マコン・ブッシエール・ル・モンサール

4,500円(4,860円 税込)

この商品はこちら≫



No results that match your search.
竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (712 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (324 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (324 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)