<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン

ヴィレ・クレッセ-0
ヴィレ・クレッセ-1

ヴィレ・クレッセ VIRE CLESSE

750ml

2019年

ムルソーのスペシャリストとして名高いコント・ラフォンが、マコン注目アペラシオンで造る、構成のしっかりした濃密な果実味を愉しめる白ワイン。

5,280

(税抜価格4,800円)

48pt

進呈

4

(16)

マコンの地で世界最高峰の白ワインと讃えられるコント・ラフォンのスピリットを受け継いだワインを造る、レ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォン。こちらはマコンの中で、高く評価されているヴィレ・クレッセ。凝縮感溢れるリッチな味わいを中心に、綺麗なミネラルと上品な酸が全体を支える優雅な白ワインです。

5

ここ1年で最高のお味でした。

アボカド&シュリンプをおつまみにアペリティフとして楽しみましたが、あまりのおいしさに、食中のシーフードパスタ用に半分残し、しばらく赤を挟みました。 もちろん、トマトソース味のパスタとも相性抜群! ミネラル感も酸のバランスもとても素晴らしかったです。

ムルソーの巨匠が手がける大注目の産地

こちらのワインは、いくつものフックが存在する大注目の白ワインです。 まず、偉大なムルソーの造り手、コント・ラフォンが手がけている白ワインであるということ。 非常に手の込んだ造りであり、その風格が垣間見える味わいだと個人的に感じました。 次に、注目していただきたいのはこちらのワインが生産されているマコン地区というアペラシオンです。 2017年に新たにプイィ・フュイッセ村から1級畑が認定されるなど、今まさに人気が高まりつつある生産地だと言えます。 そんな話題に事欠かないこちらのワイン、その味わいも絶品です。 是非、手に入りづらくなってしまう前に一度ご賞味くださいませ。

商品情報

ボディ

4

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

凝縮した果実味と骨格を備えた力強い白ワイン

  • 酸味

  • 果実味

  • コク



在庫一覧

  • 2019

    5,280

    (税抜価格4,800円)

    • D 90

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2019年のブルゴーニュは4月の霜害と初夏の暑さによる水不足で収穫量が大きく減少し、ブドウの生命力と栽培家の力量が試された年となりました。しかし冷涼な夏と穏やかな収穫期を迎えたことで、収穫されたブドウはエレガントな酸と豊かな果実味の両方を兼ね備えた素晴らしい出来栄え。2018年のワインが緻密なボディや凝縮感のあるスタイルであるのに対して、2019年のワインはピュアな酸が魅力的な味わいに仕上がっています。

    味わい

    グラスに注ぐと、白い花やレモン、白桃、仄かなトーストやヨードの香り。心地よい塩気を伴った凝縮した果実味が感じられます。凝縮した果実味を、溌剌とした酸やミネラル感が下支えした解放的な味わいでありながらも、上品な佇まいを呈しています。その仕上がりには、まるで特級畑のシャブリをも彷彿とさせる仕上がりです。

    飲み頃

    ~2029年

    コルク

商品の紹介

ヴィレ・クレッセ
背景

ヴィレ・クレッセ

VIRE CLESSE

レ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォン

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • マコネ
  • マコン

「ムルソーの巨匠」と称される偉大な造り手のスピリッツが受け継がれる“グレート・マコン”。

ドメーヌ・デ・コント・ラフォンは、1868年にジュール・ラフォン伯爵によって設立されて以来、代々ラフォン家によって運営されるドメーヌ。1987年からは、現当主であるドミニク・ラフォン氏が3代目醸造責任者に就任しています。ドミニク氏は、2代目までが行っていた小作制によるブドウ栽培や、醸造テクニックに偏っていた古い手法を一新し、ブドウ栽培に重点をおいた新しいワイン造りへと改革。自社畑で自ら畑を耕し、1995年からは、ワインによりテンションと力強さが加わるとしてビオディナミを開始、1998年には全ての畑をビオディナミへ移行しました。 また1㎡あたり1本という低植樹率、さらには発芽の抑制による果実の徹底した収量制限を行ったことで、クオリティの高いブドウを得ることに成功したのです。 こうしたドミニク氏の革新によってワインにさらに磨きがかかり、各方面で高い評価を得ることになりました。今ではその名声と限られた生産量により、コント・ラフォンのワインの価格は高騰。入手困難を極める稀少なワインとなっています。
こうしてムルソーの頂点を極め、「ムルソーの巨匠」と呼ばれるようになったドミニク氏は「より気軽に愉しめる、マコンの素晴らしさを最大限に引き出した“グレート・マコン”と言うべきワインを造りたい。」という思いのもと、1999年、同じくブルゴーニュ地方のマコンの地に「レ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォン」を設立しました。エリティエール(HERITIERS)とは、「後継者」という意味。世界最高峰の白ワインと讃えられるコント・ラフォンのスピリットを受け継いだワインがマコンの地で生み出されています。

ドミニク氏がムルソー同様の情熱を注ぐ「マコンの中のマコン」。ミネラル豊かな秀逸アペラシオン”ヴィレ・クレッセ”。

ドミニク・ラフォン氏がマコンにかける情熱は、ムルソーにかける情熱と全く同じ です。本家のドメーヌ・デ・コント・ラフォンがあるムルソーからマコンまで車で約1時間の距離がありますが、ドミニク氏は毎週のようにマコンの畑の状態チェックに通っています。 ブドウの栽培については、コント・ラフォンと同じくビオディナミを実行。多くの生産者が熟し過ぎるほどにブドウを完熟させてから収穫するのに対し、ドミニク氏はいきいきとしたフレッシュな酸を大切にしています。そのため収穫期には、「決めなければならないことがたくさんある。」と、毎日のように車を走らせマコンの畑に赴いているということからも、ドミニク氏の本気度が伺えます。 2006年からは才能溢れるカロリーヌ・ゴン女史を右腕に、ブドウとワインの品質に磨きをかけています。また、2019年からは、「まずは私と一緒に多くの経験を積んで欲しい」との思いもあり、“後継者”の一人、娘のレア・ラフォン女史もワイン造りに参画しています。
こちらのヴィレ・クレッセは、ヴィレ村とクレッセ村の2つの村の連名により誕生した、マコンの中で最も注目を浴びているアペラシオン。マコン市の北15kmほどに位置するヴィレから数km南のクレッセまでを結ぶ、南北に連なる丘陵に位置しています。土壌はキンメリジャンを始め、ジュラ紀前期まで遡る幅広い土質で構成され、他のマコンのワインに比べ、ストラクチャーのしっかりした濃密な果実味のワインが生まれることから、以前よりこの地域は高く評価されており、1999年に単独のアペラシオンに格上げされました。 レ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォンとしては、2009年にヴィレ・クレッセを初リリース。かつてシャトー・ヴィレが所有していた畑を購入し、使用する半分以上はクロ・ヴィレと呼ばれる秀逸な区画でブドウをまかなっています。畑は東向きの斜面に位置しており、土壌の深くには粘土層が含まれているのが特徴です。樹齢は若いものでも約20年、約60~70年の樹のブドウも使用しています。古樹から収穫されたブドウを用いることで独特なアロマが生まれます。
手摘みで収穫されたブドウは、1/3はステンレスで、2/3は600Lの大樽で発酵。熟成には新樽を一切使用せず、期間を12ヵ月程度と短くする(ムルソーの場合は18~24ヵ月)ことでマコンの特徴である、「みずみずしい豊かな果実味」を最大限引き出します。このように、いきいきとしたフレッシュな酸を大切にしつつ、ドミニク氏のワインらしい洗練された一流の風格が感じられる上、早くからでも愉しめるという魅力的なワインに仕上げられるのです。エレガントでミネラルなどの複雑味もあり、ドミニク・ラフォン氏のお気に入りキュヴェの一つとなっています。

凝縮感のある果実味が魅力の2019年。心地よい塩気を伴う、凝縮した果実味が魅力。

2019年のマコンは収量は少ないものの、凝縮感とエレガンスが得られたバランスの良いスタイルに仕上がったヴィンテージ。春は非常に寒く、霜の被害を受けた生産者もいました。夏は春から一転し、乾燥した暑い日々が続き、ブドウが熟すことにより、小粒ではあるものの凝縮感のあるブドウを収穫することに成功。結果として収穫量は2018年ヴィンテージの約3分の1となりましたが、ワインは色合いが明るく、アルコールが高いことを感じさせないくらいエレガンスやフレッシュさが見事に調和した味わいに仕上がりました。 ヴィレ・クレッセは、古樹が多いことから収量もより少なくなりましたが、果実の凝縮感やワインのテンションが更に上がり、熟成ポテンシャルの高い秀逸な出来栄えとなりました。
外観は輝くイエローの色調。グラスからは、レモンや白桃、洋ナシなどの果実のアロマに加え、トーストやヨードのニュアンスもある濃密な香りが漂います。口に含むと、凝縮した果実味が感じられ、力強い印象。ふくよかなボディは伸びやかな酸と心地よい塩気を伴ったミネラルによって引き締められます。オイリーなストラクチャーが長く続き、余韻を優美に演出。お料理と合わせるなら、白身のお肉や魚、野菜と相性が良いので、キッシュやパテ・ド・カンパーニュ、ハーブを添えたチキンと好相性です。 手頃な価格ながら、洗練された一流の風格が感じられる味わいはさすが当主のお気に入りキュヴェ。ブルゴーニュファンにぜひ味わっていただきたい上質な仕上がりの1本です。


クチコミ

全て見る

4

16 件のクチコミ

  • はひふふふさん

    2018年

    ここ1年で最高のお味でした。

    アボカド&シュリンプをおつまみにアペリティフとして楽しみましたが、あまりのおいしさに、食中のシーフードパスタ用に半分残し、しばらく赤を挟みました。 もちろん、トマトソース味のパスタとも相性抜群! ミネラル感も酸のバランスもとても素晴らしかったです。

    2020.09.28

  • ずーっと初心者さん

    2019年

    また購入したいです!

    どちらかというと、酸味が強くなくフルーティなワインです。トマトソースパスタと一緒にいただきましたが、美味しく飲めました。また是非買いたいワインです。

    2021.09.21

  • 仏の監査人さん

    2019年

    バランスが最高の白

    果実味がしっかり感じられ、余韻を楽しめる白ワインです。酸味はさほど強くないので酸味を楽しみたい方には少し物足りないかもしれません。私は酸味が弱い方が好きなので気に入っています。

    2021.03.20

  • うさまるさん

    美味い!

    マコンヴィラージュ、サンヴェラン、ヴィレクレッセを試しましたが、これが一番おいしかった。濃厚でフルーティ。

    2016.10.29


スタッフレビュー

全て見る
  • ムルソーの巨匠が手がける大注目の産地

    こちらのワインは、いくつものフックが存在する大注目の白ワインです。 まず、偉大なムルソーの造り手、コント・ラフォンが手がけている白ワインであるということ。 非常に手の込んだ造りであり、その風格が垣間見える味わいだと個人的に感じました。 次に、注目していただきたいのはこちらのワインが生産されているマコン地区というアペラシオンです。 2017年に新たにプイィ・フュイッセ村から1級畑が認定されるなど、今まさに人気が高まりつつある生産地だと言えます。 そんな話題に事欠かないこちらのワイン、その味わいも絶品です。 是非、手に入りづらくなってしまう前に一度ご賞味くださいませ。

    レビュー全文を見る
    • 今飲んで美味しい
    • 後引く美味しさ
    • グッドバランス

    2021.01.08

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

  • 木箱:1本用 1,320円(税込) / 2本用 1,650円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.