0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)

PRUNOTTO

プルノット

ピエモンテ州の老舗ワイナリー。区画毎のテロワールを活かしたワイン造り。

1923年、第一次世界大戦後、経営の厳しかったランゲ・ワイン協同組合をアルフレッド・プルノット氏が買い取ったことから、プルノットの歴史は始まります。アルフレッド・プルノット氏は、経営者としてだけではなく醸造家としても手腕を発揮し、当時の世界市場で「ピエモンテのワインと言えばプルノット」と言わるほどの知名度を誇るワイナリーでした。

様々な畑のブドウの混醸が一般的であった当時のピエモンテにおいて、「Cruクリュ」の概念を初めて導入したのもプルノットでした。それはつまり区画ごとのテロワールの違いを理解し、その個性を活かすようなワインを造ること。まさに谷に囲まれたランゲ村は、畑ごとに日当たりも傾斜も土壌も異なる「マイクロ・クライメイト」でした。

しかし、ピエモンテでは農地の所有者であるワイン生産者と、畑の手入れをする農家が別で、買い入れたブドウでワインを造ることが一般的であったため、自由にブドウを買い集め混醸し、たくさんのワインを造ることが優先されていたのです。そのためプルノットがリリースした単一畑の「バローロ・ブッシア」は、バローロの品質を劇的に向上させるきっかけとなる、非常に革新的なワインだったのです。

30年以上に渡りプルノットを守ってきたアルフレッド氏でしたが、1956年に勇退。友人である醸造家のペッペ・コッラ氏にワイナリーは引き継がれ、そして1989年プルノットは、当時から販売協力関係にもあったアンティノリに引き継がれます。

アンティノリの改革。

アンティノリがワイナリーを運営するようになり、伝統的製法を大切に守りながら、より品質を高めるために、大規模に投資していきます。

まず、畑の改革。プルノットでは、バローロでも最上級と名高い優良畑「ブッシア」をはじめ、バルバレスコにも畑を買い増し、自社畑を少しずつ増やしています。これは前述のとおり、買いブドウでのワイン造りが一般的なピエモンテにおいては珍しいことです。

さらに毎年、50ヘクタールある所有畑のすべてを隈なく調査し、土壌に最適な手入れ方法を研究し続けています。その結果、新たにバルバレスコの畑の一部にシラーを植える試みも行っています。ブドウの品質を高めることが、ワインの品質を高めるという信念のもと、常に畑に向き合い丁寧に畑を手入れしています。

醸造に関しても、1999年には老朽化したセラーを、最新の温度管理機能を備えた施設に一新。

発酵用のタンクは、古いコンクリート製のものから、ステンレス製に変更。これは清潔さとブドウがもつアロマを保つことはもちろんのこと、開口部が大きく発酵中スキンコンタクトさせておくのにも役立ちます。

熟成用の樽は、ピエモンテで続々と導入されていた225リットルの小樽(バリック)を採用するとともに、従来の10,000リットルサイズのスロベニアンオークの大樽を、より小さい5,000〜7,500リットルサイズへ変更しました。樽の大きさはワインの「樽の風味の強さ」を左右し、小さくなるほど樽の風味が強くなります。バローロ、バルバレスコは主にこの大樽で熟成されることで、絶妙なバニラの香りとまろやかなボディをもったワインに仕上がります。

スタイリッシュでロマンティックなネッビオーロ。

ピエモンテの象徴的なブドウであるネッビオーロは、ときに「野獣のようなブドウ」とも言われ、酸がきつくタンニンが非常に強い、強烈な個性を持った難しいブドウです。しかしプルノットのワインはいずれも、モダンでスマートなワインに仕上がっています。嗅いだ瞬間くらっとするようなバラやスミレのアロマと、鮮烈で凛とした美しい酸。飲む者を手招きするように、オープンな雰囲気、それでいて長命を予感させる分厚い構成

特にバローロは、「力強さ」を表現した層の厚いワイン。一方バルバレスコはブルゴーニュに通ずるような「フェミニンさ」を強調して造られています。ピエモンテとネッビオーロを語る上で、切り離せないバローロとバルバレスコ。この両者を飲み比べることで、ブドウの奥深さとピエモンテという土地のコントラストを感じることができます。

歴史あるワイナリーに、アンティノリ流の魔法をかけた、スタイリッシュでロマンティックなワインを一度、お試しください。

ラインナップはこちら▼

バローロ・ブッシア

11,000 円 (税抜)

この商品はこちら≫

バローロの中でも最も名高い銘醸畑の一つ「ブッシア」のブドウのみを使用。海抜350m、砂礫質で泥灰石灰質の土壌で南向きに半円状に広がった形状のため、朝から晩まで十分な陽光が得られます。自社畑のため手入れは万全。フレンチオークの大樽と一部バリックを使用し、2年間樽熟成しその後12か月の瓶内熟成。20年、30年と熟成を重ねるほどに調和を深め、魅惑的なワインへと変化していきます。プラムや熟したチェリーの凝縮した香りや、スパイシーなアロマ。若いうちはタンニンや酸が強いことがありますが、熟成によりスミレや森、ドライフルーツ、スパイスの香りが混じったボリューム感のある複雑で深い印象へと変わっていきます。

バローロ

6,500 円 (税抜)

この商品はこちら≫

信頼のおける契約農家からブドウを買い付けているため、様々な個性が入り混じったバランスのよいバローロに仕上がっています。主にマグネシウムやマンガンなどのミネラルが含まれる石灰質の泥灰土壌で育つブドウを使用しています。15日間スキンコンタクトの後、フランス産オークの大樽で熟成。その後10か月瓶内熟成を経てリリース。タンニンはベルヴェットのようになめらかで、凝縮した果実のアロマが複雑で豊かな味わい。スパイシーな余韻がどこまでも続いていきます。

バルバレスコ

5,800 円 (税抜)

この商品はこちら≫

石灰質の泥灰土壌から獲れるブドウを使用し造られています。15日間スキンコンタクトの後、フランス産オークの大樽で熟成。その後10か月瓶内熟成を経てリリース。熟した果実とハーブが混ざり合う、複雑なアロマ。ビロードのような質感に上質なタンニンが特徴的。徐々にスミレやバラなど、複雑で誘惑的なブーケが現れます。

バルベラ・ダルバ

2,800 円 (税抜)

この商品はこちら≫

アルバの街の南側、バローロやバルバレスコにまたがるエリアで造られるバルベラを使用。10日間のスキンコンタクトの後、フレンチオークで8ヵ月間熟成。カシスや濃いスミレの香り、バニラの柔らかい樽香のニュアンス。タンニンが少ない分、旨味をしっかりと引き出し、オークでボディを支えています。

ドルチェット・ダルバ

2,800 円 (税抜)

この商品はこちら≫

タナロ川右岸の石灰岩と粘土が混じった土壌で育ったブドウを使用。7日間スキンコンタクトが行われ、ステンレスタンクで熟成。リコリスやスミレ、ベリー系ジャムの深みのある香りや、紅茶、ハーブやスパイス香が複雑に混じり合います。スッキリとした酸味があり、タンニンもまろやか。

ロエロ・アルネイス

3,000 円 (税抜)

この商品はこちら≫

ピエモンテの数少ない白ワイン、ロエロ・アルネイス。実はアルネイスは栽培がとても難しく、主にロエロの砂地でしか育ちません。緑がかった美しい黄色で、レモンやグレープフルーツ、白い花の香り。レモンやリンゴのようなすっきりとした果実の味わいで、フレッシュな苦味がわずかに残るのが特徴的です。優しい口当たりで、軽快でバランスが良い1本です。

No results that match your search.
竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (726 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (330 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (330 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)