スペインの代表品種、テンプラニーリョを紹介!

ブドウ

スペインを代表するブドウ品種、テンプラニーリョ。スペインの長熟で高品質な赤ワインは、ほとんどテンプラニーリョを主体として造られているといっても過言ではありません。しかし、同じ赤ワイン用ブドウ品種であるカベルネ・ソーヴィニヨンやピノ・ノワールに比べると個性は控えめです。そのため、テンプラニーリョの印象は薄いという方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなテンプラニーリョについて詳しく紹介します。

テンプラニーリョとは

収穫しているところ

テンプラニーリョは赤ワイン用の黒ブドウ品種で、原産地はスペイン北部と言われています。テンプラニーリョという名前はスペイン語の「Temporano=早生の、早熟な」に語源があり、この地で栽培されているものが他のブドウ品種より早く成熟することに由来しています。

紀元前1100年頃から紀元前500年頃にスペイン東海岸全域を征服していた古代ローマ人やフェニキア人が故郷からブドウの樹や醸造技術を持ち込んだのがスペインワインの始まりと言われています。テンプラニーリョの歴史は古く、その頃からイベリア半島に存在していたようです。

果粒はやや小さく厚い果皮を持つブドウで、病害への耐性は弱いのですが、他の品種に比べて芽吹きが遅いため、春の遅霜の被害を受けにくいです。また、生育期間が非常に短いので夏から初秋にかけて暑くなると作柄が良くなります。ただ、ある程度冷涼な気候のもとで育てる方が、優雅さや長期熟成に必要な酸を持ったワインを造ることができます。

テンプラニーリョの別名

テンプラニーリョはどのようなテロワールでも適応するため、イベリア半島の各地で栽培されており、その土地ごとの特徴がワインに現れます。そのため、このブドウは各地で独自の呼び名があり、下記に記したように多数のシノニム(別名)を持ちます。

スペインの産地 シノニム
リオハ テンプラニーリョ
リベラ・デル・ドゥエロ ティント・フィノ、
ティント・デル・パイス
ラ・マンチャ センシベル
ペネデス、カタルーニャ州 ウル・デ・リェブレ
トロ ティンタ・デ・トロ
マドリッド ティンタ・デ・マドリッド
ポルトガルの産地 シノニム
ドウロ、ダン ティンタ・ロリス
アレンテージョ アラゴネス

テンプラニーリョの主な産地

スペインのワイン畑

世界の栽培面積のほとんどはスペインとその隣国のポルトガルに集中しています。中でも、リオハとリベラ・デル・ドゥエロは最高品質のテンプラニーリョのワインを造る生産地です。

リオハ

首都マドリードの北北東約250kmにある、ラ・リオハ州、バスク州アラバ県、ナバーラ州の3州にまたがるスペインを代表するワイン産地。ローマ帝国による征服以前からワイン造りが行われていた古い歴史を持つ産地です。

南西のデマンダ山脈がメセタ(イベリア半島中央に位置する広大な乾燥高原)からの過酷な夏の熱波を遮り、北に連なるカンタブリア山脈によってビスケー湾から吹き寄せる冷たい北西風から守られるため、夏は暑さが抑えられ、冬は比較的穏やかで、テンプラニーリョの栽培に非常に適した気候です。

この地域の栽培面積の約50%を占めるリオハ・アルタは、エブロ川上流域の左岸と右岸の一角にあり、鉄分の多い粘土質の土壌で、しっかりとした骨格を持つ熟成向きのテンプラニーリョのワインが造られています。また、リオハではテンプラニーリョはガルナッチャ(=グルナッシュ)やマズエロ(=カリニャン)などとブレンドされることが多いのも特長です。

尚、1991年にワイン法が改正され、「原産地呼称」の上位区分として「特選原産地呼称」(D.O.Ca.)が導入されると、リオハはスペイン第1号の「特選原産地呼称」に認定されました。

リベラ・デル・ドゥエロ

マドリッド以北に広がる、スペインで最も広大な面積を誇るカスティーリャ・イ・レオン州にある産地。「夏と冬しかない」と言われるほど夏は乾燥した酷暑となり、冬は寒さが厳しい大陸性気候です。この寒暖差の厳しさがテンプラニーリョに凝縮した味をもたらします。

リオハ同様にワイン造りは長い歴史がありますが、1980年代になるまで「ベガ・シシリア」を除き特筆すべきボデガ(ワイナリー)はありませんでした。しかし、1982年に原産地呼称(D.O.)に認定されてから、この地のテンプラニーリョのワインで世界的な名声を得る生産者が増え、今ではスペインを代表する赤ワインの産地となりました。

ちなみに、今なおスペインのトップ生産者として名を馳せる「ベガ・シシリア」は、テンプラニーリョにカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロといった国際品種をブレンドし、長期間セラーで熟成させてからワインをリリースします。

ポルトガル

前述したように、ポルトガルではテンプラニーリョは「ティンタ・ロリス」として知られています。ポートワインの産地として有名なドウロ地方ではポートワインの原料として、またポルトガル中部のダンでは、他の品種とブレンドして赤ワインが造られています。

テンプラニーリョのワインの特徴

赤ワイン

 テンプラニーリョから造られるワインは、若いものは明るいルビー色で、熟成期間に応じて茶色味を帯びてきます。香りはストロベリーやプラムから、熟成するにつれてドライイチジクやプルーン、なめし皮やタバコといったように、いくつもの香りが重なり合い非常に複雑になっていきます。

味わいは同じテンプラニーリョでも様々なタイプがありますが、酸味が程良くあり、タンニンは柔らかいながらしっかりあるものが多いです。

リオハのテンプラニーリョのワインに多く見られるスペインの伝統的な古樽で熟成させた場合は、香りは控えめで派手さはありませんが風味は繊細で、心地良い酸味があります。

一方、リベラ・デル・ドゥエロのテンプラニーリョのワインは力強さを和らげるためにオーク樽で熟成させます。その場合は、ブルーベリーやドライフラワーのような華やかな香りを放ち、しっかりとした果実味とタンニンが感じられます。

テンプラニーリョのワインと料理の相性

生ハム

やはりスペイン産の生ハムとは相性が抜群です。マンチェゴなどスペイン産の羊乳チーズとのマリアージュもオススメですので是非お試し下さい。

また、すき焼きや肉じゃがなど、醤油で味付けした和食の肉料理にも意外と合います。スペインでもポルトガルでもお米や魚がよく食されているので、日本人の嗜好に通じるものがあるのかもしれませんね。

おすすめのテンプラニーリョのワイン

最後に、ぜひ一度お試しいただきたいテンプラニーリョのワインをご紹介します。

こちらは数々の実績を持つトーレスが銘醸地リオハで造るフルボディ赤ワイン。

果実の凝縮感とブドウの個性であるスパイシーな味わいに、上質なオークの香りが特徴的です。

お肉料理からアヒージョまで、様々なお食事に合わせられる懐の広さが魅力の一本。

まとめ

イベリア半島の各地で栽培されているテンプラニーリョは、9〜13世紀にかけて国土回復運動とともにイスラム教徒より奪回した土地を守るために修道院主導で広められました。そして、本格的なテンプラニーリョの栽培は20世紀のフィロキセラ禍後の復興とともに進みました。さらに、1980年代になり、スペイン中央政府がスペインの赤ワイン品質向上を目的とし、テンプラニーリョの植え付けを各地で奨励した結果、近年栽培面積が飛躍的に増えました。

歴史の古いブドウではありますが、ニューワールドでの栽培も増えつつあり、今後が期待されるブドウ品種の一つと言えるでしょう。是非、いろいろなテンプラニーリョのワインをお試し下さい。

参考文献 ・日本ソムリエ協会 教本 2018