貴腐ワインってどんなワイン?

ワインボトルとグラス

世界には様々な甘口ワインがありますが、その中でも特に人気が高いのが「貴腐ワイン」です。

貴腐ワインは貴腐香と呼ばれる独特な芳香に凝縮された甘さを持つ、世界最高峰の甘口ワインとして知られています。ここでは、そんな貴腐ワインについて紹介していきます。

貴腐ワインとは?

貴腐ブドウ

貴腐ワインは、「貴腐ブドウ」という極めて糖度の高いブドウを原料に造られた甘口ワインのことを言います。

この貴腐ブドウは、もとは一般的な辛口ワインに使用されているブドウと同じものなのですが、どのように糖度が高くなるのでしょうか。

その秘密は、ボトリティス・シネレア菌(貴腐菌)というブドウの果皮に感染するカビの一種にあります。この菌がブドウの果皮に付着すると、菌糸(注1)が侵入して果皮の組織が破壊されます。その後、日照が多く乾燥した天候が続くことでブドウ中の水分が蒸発していき、収穫時には糖分などのエキスが凝縮した貴腐ブドウへと変貌を遂げるのです。

こうして糖度が高くなった貴腐ブドウを原料としているため、貴腐ワインは極甘口に仕上がります。

(注1)菌類の体を形作る非常に細い糸状の細胞や細胞の列

貴腐ブドウができる条件

貴腐ブドウ

貴腐ブドウは、前述した通りボトリティス・シネレア菌が作用し糖度が高くなったブドウのことですが、この菌に感染すれば簡単にできるわけではありません。

そもそも、ボトリティス・シネレア菌は果実や花弁、葉、茎などを腐敗させてしまう灰色カビ病として知られている菌。つまり、本来ブドウにとっては有害な菌ですが、特定の条件を満たした場合にのみブドウを貴腐化させているのです。

その条件は「朝に霧が発生して菌の生育に都合の良い温度や湿度状態になっていること」、「日中は晴天で乾燥し、水分の蒸発が進行すること」が重要だと言われています。

さらに、これらの条件で少なくとも1ヶ月以上の日数が必要と言われており、この間に貴腐化するのに不都合な天候変化が起こると、ただの腐敗になってしまうことも多々あるようです。

このように貴腐ブドウの生育条件は厳しく、自然環境に依存する部分が多いため、特定の産地やヴィンテージにしか造られません。例えば、世界最高峰の貴腐ワインを生み出すシャトー・ディケムは、完璧さを維持するために不作のヴィンテージには貴腐ワインを生産しないことでも知られています。

貴腐ワインが高価な理由

貴腐ワインは、他の甘口ワインに比べて高価な甘口ワインとして知られています。その理由は、前述したとおり、原料となる貴腐ブドウの生育が自然条件に依存するということもありますが、収穫や醸造も他のワインに比べ、何倍も手間をかけて行われているからです。

特に収穫は、厳選して摘み取られ(場合によっては、同じ房の中でも部分的に収穫を何度も繰り返すことも)、選果も徹底して行われます。さらに、収穫したブドウは干しブドウ状になっているため、得られる果汁は極わずか。前述のシャトー・ディケムでは、1本のブドウ樹からグラス1杯分のワインしか造らないと言われています。醸造中も、果汁糖度が非常に高く発酵がうまく進まないこともあるので気が抜けません。

このような手間がかかるため貴腐ワインは比較的高価になっています。

貴腐ワインの味わいやマリアージュ

貴腐ワインのマリアージュ

貴腐ワインは、独特の芳香と甘美な甘さを持つ極甘口ワインです。

色合いは琥珀色で粘性も豊かです。貴腐香と呼ばれる独特な香りやはちみつ、ドライフルーツを思わせる芳香が感じられるでしょう。

強い甘みがありますが、上質な貴腐ワインは酸もしっかりとあり、バランスが取れています。

ブルーチーズなどクセの強いチーズやスイーツ、フォアグラ料理など甘味やコクの強い料理と合わせるのが定番ですし、近年では、パイナップルなどのフレッシュフルーツとの組み合わせをオススメする生産者もいます。

世界三大貴腐ワイン

生産地

ここからは、特に有名な世界三大貴腐ワインとして知られている産地を紹介します。ぜひ、貴腐ワイン選びの参考にしてみてください。

ソーテルヌ

最も有名な貴腐ワインが、フランス、ボルドー地方のソーテルヌです。

ボルドーの南東のガロンヌ川の左岸に位置し、その支流のシロン川を挟んだ場所に産地が広がっています。秋頃に水温の違うシロン川とガロンヌ川が合流することで霧が発生し、一帯が覆われるという特殊な気候条件が特徴です。さらに午後にはこの霧が晴れ乾燥が進むなど、貴腐化が進みやすく、良質な貴腐ブドウが収穫できる産地として知られています。

特に有名なのが、「シャトー・ディケム」であり、1855年に制定されたソーテルヌ&バルサックの格付けにて、唯一の第1級に選ばれています。ソーテルヌの貴腐ワイン

トロッケンベーレンアウスレーゼ

世界三大貴腐ワインには、ドイツの「トロッケンベーレンアウスレーゼ」も数えられています。

トロッケンベーレンアウスレーゼは、収穫時のブドウ果汁の糖度に準じて選ばれる「プレディカーツヴァイン」というドイツの格付けの一つであり、産地名や生産者名ではありませんが、貴腐ブドウによって造られた極甘口ワインで、ドイツの中でも最高級ワインとされています。

トロッケンベーレンアウスレーゼの中でも、世界的に知られているのはモーゼル地方のエゴン・ミュラーでしょう。2017年にワイン検索サイト「wine-searcher」が発表した世界高額ワインランキングでは、エゴン・ミュラーの「シャルツホーフベルガー・リースリング トロッケン・ベーレン・アウスレーゼ」がルフレーヴ、DRC社が手掛けるモンラッシェを抜き、世界最高額の白ワインとしてランクインしました。(2017年6月時点)

トカイ・アスー

世界三大貴腐ワイン、最後の一つがハンガリーの「トカイ・アスー」です。

トカイ・ヘジャリヤ地方で造られている甘口ワインの品質区分に「アスー」と呼ばれるものがあり、その中でも特に有名なのが、最上格の貴腐ブドウ100%で造られたナトゥールエッセンシアです。アスーには最低残糖分や最低熟成年数によって「アスー5プットニョシュ」、「アスー6プットニョシュ」、「アスーエッセンシア」などがあり、貴腐ブドウ100%ではない貴腐ワインもたくさん存在します。

トカイ・アスー 3プットニョシュ

その他の産地

世界には、その他にもフランス・ロワール地方のボンヌゾーやカール・ド・ショーム、オーストリアのノイジードラーゼーなどの貴腐ワイン産地があります。それぞれ特徴があるので、飲み比べてお好みの貴腐ワインを探してみましょう。

貴腐ワインでワインの楽しみを広げよう

甘口ワイン

いかがでしたか?今回は貴腐ワインについて紹介しました。

貴腐ワインは、デザートワインとしても人気ですし、フォアグラなどの食事とも楽しむことが出来るワインです。普段は辛口ワインしか飲まないという方も、ぜひ一度、貴腐ワインでワインの楽しみを広げてみてはいかがでしょうか。

 

関連特集はこちら