日本の重要な黒ブドウ品種、マスカット・ベーリーA

ブドウの樹

日本固有の黒ブドウ品種のひとつ、「マスカット・ベーリーA」。

フルーティーな香りと風味、軽やかな味わいが特徴です。2013年にO.I.V.(Office International de la vigne et du vin 国際ブドウ・ワイン機構)に品種名が登録されるなど、今後の日本ワインにおいて重要な存在になっていくであろう、注目品種です。ここでは、マスカット・ベーリーAについて紹介していきます。

マスカット・ベーリーAの歴史

ブドウ

マスカット・ベーリーAは、岩の原葡萄園の創設者である川上善兵衛氏によって、1927年に開発された黒ブドウ品種です。

アメリカ系ブドウ品種のベーリー(Bai-ley)とヨーロッパ系ブドウ品種のマスカットハンブルグ(Muscat Hamburgh) の交雑育種で生み出されたブドウであり、1931年に初結実、1940年に正式発表されました。

日本の気候に合わせて育成されたため、耐病性、耐湿性、耐寒性に富み、東北から九州まで広く栽培されていますが、山梨県、山形県、島根県、岡山県などが有名です。

川上善兵衛氏は、ブドウの交雑育種によってさまざまな品種を生み出していますが、マスカット・ベーリーAは、彼の発明の中では特に重要視されているブドウ品種。

醸造用だけでなく生食用も兼ねているなど、私たち日本人にとって大変馴染み深いブドウ品種として知られています。

O.I.V.への登録

近年、日本ワインの海外進出が目覚ましいですが、そのきっかけのひとつとなったのが、O.I.V.(Office International de la vigne et du vin 国際ブドウ・ワイン機構)に、甲州が2010年に品種登録されたことが大きかったと言われています。

当時、それに続き、山梨県ワイン酒造組合が中心となり、マスカット・ベーリーAもO.I.V.への登録申請に向けて動き出すことになりました。

登録申請のため、O.I.V. の方法に従ったデータの記載方法での詳細な品種特性分析データの提出、DNA解析など、さまざまな努力の末、2013年にO.I.V.に正式に品種登録されます。

これらをきっかけに、近年ではマスカット・ベーリーAの国際的な品質向上を目指し、栽培家・醸造家たちによる努力が続けられています。

名前の表記について

ブドウ畑

マスカット・ベーリーAは、「マスカット・ベリーA」とも呼ばれることが多いですが、「マスカット・ベーリーA」の呼び方を提案したい、としています。

その理由は、交雑育種の母親の「ベーリー」の英語表記が、「Bailey」であるため、ベーリーと表記したほうが原音に近い。

開発者の川上善兵衛氏が昭和15年に発表した日本農学賞受賞論文「交配に依るぶどう品種の育成」で、「マスカット・ベーリA」と表記していること。

「Bailey」は語尾に「ley」が付いているから、などです。

そのため、現在ではマスカット・ベーリーAの表記に関しては、「ベリー( Berry )」ではなく、ベーリーとして表記されているので注意しましょう。

マスカット・ベーリーAの特徴

赤ワイングラス

マスカット・ベーリーAの特徴は、その独特な香りです。

ワインにすると、甘いキャンディ香があり、渋みは比較的穏やかに仕上がります。

アメリカ系の遺伝子を持つ品種に特有のフォクシー・フレーバーという香りを持ちますが、この香りを強調させるか抑えるかは、生産者の目指すスタイルによって変化していきます。

また、マスカット・ベーリーAのワイン中に多く含まれている「フラネオール」という成分はストロベリーのような甘い香気を放ち、果実感を向上させるため、生産者から重要視されています。

以前、品質が低い赤ワインしか作ることができない、と言われていた品種ですが、このフラネオールの含有量が成熟期後期に著しく増加することが認められたことなどから、現在では栽培方法・収穫時期などが根本から見直されており、近年マスカット・ベーリーAは目覚ましい品質向上を遂げています。

マスカット・ベーリーAのスタイル

マスカット・ベーリーAは、ライトボディからミディアムボディまで、幅広いスタイルのワインを生み出すブドウ品種です。

タンニン量が少ない、軽やかな味わいに仕上げられるため、樽熟成をさせない早飲みタイプが多く見受けられます。

一方で、しっかりと樽熟成を経て力強い味わいに仕上げるもの、長期熟成を経たもの、ロゼにしたもの、赤のスパークリングワイン用に使用されるなど、用途が広く可能性はまだまだ無限大です。

近年では、有機栽培・天然酵母で醸したタイプ、全房発酵で醸したタイプ、補糖や補酸をしないピュアな味わいを強調させたタイプなど、マスカット・ベーリーAのポテンシャルを最大限生かすための、さまざまなアプローチが続けられています。

相性の良い料理

肉料理

マスカット・ベーリーAは、タンニン量が少なく、軽やかな味わいなため、繊細な和食との相性が良いといわれています。

こってりしたソースを使った肉料理というよりは、塩こしょうでシンプルに調理した肉料理やフルーティーなソースを使った料理などがおすすめです。

また、みりん、ダシ、醤油など、和の味わいに仕上げた料理との相性も良いでしょう。

マスカット・ベーリーAが良く合う料理のひとつといえば、焼き鳥(タレ)です。樽熟成を経たタイプであれば、品種特有の香りに加え、スモーキーさや樽由来のバニラ香のニュアンスもあり、ほど良く焦げたタレの風味、鶏肉の肉汁にぴったりと合います。

焼き豚やしゃぶしゃぶ、すき焼きなど、日本らしい料理にもおすすめですので、いろいろと試してみましょう。

おすすめのマスカット・ベーリーAのワイン

ここまでマスカット・ベーリーAがどんなブドウ品種なのかご説明してきましたが、最後にマスカット・ベーリーAのワイン二種類をご紹介します。

国産ワインの真髄を味わえる二種類ですので、是非お試しください。

果実の旨味を楽しめる軽やかな赤ワイン

こちらは山梨県勝沼町のワイナリー、グレイスワインが造り上げた一本。

マスカット・ベーリーAにフランスの国際品種をブレンドすることで、華やかなアロマと果実の旨味が溢れるピュアな味わいに仕上げています。

親しみやすく軽やかな日本らしいスタイルの赤ワインです。

食事とも合わせやすい爽やかスパークリング・ロゼ

先ほどの赤ワインとは打って変わり、今度はマスカット・ベーリーAで造られたスパークリング・ロゼです。

東北を代表する高畠ワイナリーが手掛けるこちらのワインは、爽やかな酸とキリっとした果実味が魅力的。

幅広いお食事と合わせやすく見た目も美しいので、パーティなどで活躍すること間違いなしです。

 

まとめ

今回はマスカット・ベーリーAについて紹介しました。

日本を代表する黒ブドウ品種のひとつであり、これから国際的にも注目される可能性がある重要な存在です。

ぜひ、さまざまなスタイルのマスカット・ベーリーAを試し、お好みの味わいを見つけてみてはいかがでしょうか。