<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


旬を食卓に!冬の食材を使ったワインに合うおつまみレシピ

加瀬まなみ
加瀬まなみ
おつまみレシピ
公開日:2021.12.13
更新日:2021.12.13
旬を食卓に!冬の食材を使ったワインに合うおつまみレシピ

年の瀬が近づく師走、日に日に寒さも厳しくなってまいりました。冬野菜の美味しさは、これからが本番です。


寒さが厳しくなるほど、凍ってしまわないように糖度を上げて、自らを守る冬野菜。旬の冬野菜を食べると、優しい甘味を感じます。


この滋味深い味わいは、意外なほどワインによく合います。冬野菜の美味しさを生かしたおつまみを作って、冬ワインと一緒に、自宅での時間を楽しんでみませんか?

目次

れんこんのペペロンソテー

冬になるとねばりが多く、甘みのある味わいになるレンコン。


香ばしくカリカリに焼いて、ニンニクと唐辛子でペペロンチーノ風の洋風な味付けに仕上げます。


【材料 2人分】


レンコン 200g

ニンニク(みじん切り) 1片

唐辛子(輪切り) 1本分

オリーブオイル 大さじ1

塩コショウ 少々

パセリ・粉チーズ お好みで


【作り方】


1.レンコンは皮を剥いてひと口大にカット。レンコンのカット断面は、空気に触れると酸化して黒く変色しやすいので、5分ほど水にさらして色止めをする。


2.フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、水気を切ったレンコンを加える。強めの中火で3~4分、表面に焼き色をつける。レンコンの食感を残したいので、蓋はしないで表面を焼いていく。

3.焼き色がついたら弱火にし、みじん切りにしたニンニク・唐辛子を加える。全体をからめながら、ニンニクがカリカリになるまでゆっくり炒める。

4.塩コショウで味を調え、お好みで彩りのパセリと粉チーズを散らす。

合わせるワインは、ドライでしっかり飲みごたえのあるロゼワイン。根菜特有のエグミを和らげ、強めに焼いた香ばしさに、ロゼの華やかな香りが溶け込みます。


ニンニクとチーズは、いつもよりちょっとだけ控えめに。ロゼはお花見や夏のリゾートの印象がありますが、冬のロゼも侮れません。


クリスマスパーティーやおせち料理全般にもよく合いますし、この料理も、冬ロゼいいじゃん!を語れるペアリングを実感できます。

モンテス・シェラブ・ロゼ

モンテス・シェラブ・ロゼ / モンテス

この商品はこちら

豚大根のだし煮

冬の大根は、密度が増してずっしり重く、繊維もやわらかくとってもジューシー。


味付けはシンプルに塩だけ、大根の美味しさをそのまま楽しむ1品です。


【材料 2人分】


大根 250g

豚肉(バラ薄切り) 80g(5cm)

Aかつおだし 250cc

A塩 小さじ1/2

油 少々

大根葉 お好みで


【作り方】


1.大根は皮をむいて、少し大きめの乱切り(表面の面積が大きくなるように包丁を斜めに入れてカット)にする。


2.耐熱袋に入れて電子レンジ600wに3分ほどかけ、冷水にとって表面を優しく洗い、大根の臭みを流す。

3.豚肉を一口大にカット。フライパンに油を入れて熱し、豚肉を加える。強めの中火で2~3分、こんがり焼き色がつくまで炒める。

4.2・Aを加え、一度沸騰させてアクをとる。蓋をして中火で20分ほど煮る。

5.器に盛り付けて、お好みで塩もみした大根の葉を散らして完成。

合わせるワインは、繊細な和の味を引き立ててくれる甲州。果実味と酸味のバランスが良く、クリアで柔らか、ワインの旨味がシンプルなかつおだしともスッと溶け合います。


心地良い酸と、喉を通ったあとの爽やかな余韻。ワインが口の中で少しずつあたたかみをまとい、芯の冷涼さを残しながらじんわり身体に染みわたります。

グレイス甲州

グレイス 甲州 / グレイスワイン(中央葡萄酒)

この商品はこちら

焼ねぎ&チキンの甘辛煮

ゼラチン質がたっぷり詰まって、とろりと甘くなる冬ネギ。


さっと焼いてから鶏肉と一緒に甘辛く煮漬ければ、旨味をたっぷり吸い込んだ絶品おつまみの完成です。


【材料 2人分】

 

鶏肉(もも・切込み唐揚げ用) 400g

長ねぎ 2本

Aみりん 大さじ2

A砂糖 大さじ2

Aしょうゆ 大さじ2

油 少々

炒りごま・七味唐辛子 お好みで


【作り方】


1.フライパンに油を入れて熱し、鶏肉を並べる。返しながら中火で5~6分、全体に焼き色がついたら一旦取り出す。

2.長ねぎを3cm幅にカット。あいたフライパンに加え、途中返しながら2~3分、表面に焼き色をつける。

3.一旦火を止め、1・Aを加えます。再び中火にかけ、5~6分煮絡める。

4.器に盛り、お好みで炒りごま・七味唐辛子を散らす。

合せるワインは、果実味豊かで軽やかな飲み口で、ほどよい渋みもある赤ワイン。香ばしく焼いたネギの甘みと、鶏肉の脂、程良い甘さとしょっぱさの味付けとも相性バッチリです。


カシスやブラックベリーのような深みのある果実味と、程良い渋みが料理の甘さを引き締めて、しっとり大人っぽいペアリングを堪能してください。

ジンガリ

ジンガリ / ペトラ

この商品はこちら

まとめ

冬野菜は体を温め、免疫力を高める効果もあります。寒い季節には、冬の食材を美味しくいただく…最近では通年楽しめる食材が増えましたが、ちょっとだけ、旬を意識してみることも大切です。


今回ご紹介したレシピは、どのお料理も保存容器に入れて1週間ほど冷蔵ストックすることができます。時間のある時にまとめて作って、少しずつゆっくりお楽しみください。

加瀬まなみ
加瀬まなみ

スペイン料理研究家。両親在住時スペインにて家庭料理を学び、スペイン料理を中心に料理研究家として活動。メディア・イベント出演、出張シェフ、撮影監修、料理教室、レシピ開発のほか、All Aboutスペイングルメガイド、ippinキュレーターなど執筆活動も行う。

    この記事をシェア

    飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

    「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。
    Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.