<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


ルネ・ロスタン RENE ROSTAING

フランス
  • フランス
  • ローヌ
フランス
  • フランス
  • ラングドック・ルーション
ルネ・ロスタン / RENE ROSTAING ワインボトル

コート・ロティ最上の畑を所有し、極めて美しいシラーを生み出すテロワールの表現者

最もエレガントなシラーを生み出す銘醸地コート・ロティで、ギガルと並んでトップドメーヌとして知られるのが、ルネ・ロスタン。非常に恵まれた畑を所有し、テロワールそのものを表現することにこだわり抜いたワイン造りを行っています。生み出されるワインは驚くほど繊細で極めて美しい味わいで、これぞシラーの真骨頂というべき感動を与えてくれる逸品です。

目次

テロワールに忠実なワイン造りを守り続ける造り手

ルネ・ロスタンは、コート・ロティでギガルと並んでトップドメーヌとして知られている偉大な造り手です。当主、ルネ・ロスタン氏が初ヴィンテージをリリースしたのは1971年のこと。フランス革命以前からアンピュイ村でワインを造ってきた親族と夫人の祖母の畑をまとめる形でドメーヌを設立し、定年を迎えた親族の畑を次々に相続することでドメーヌを拡大していきました。


ルネ・ロスタンがトップドメーヌとして認められるようになったのは、恵まれた畑を所有していることに加えて、設立当初からテロワールに忠実なワイン造りを守り続けてきたことも、その理由のひとつとしてあげられます。


1980年代にギガルがスター生産者として注目を集め、新樽を効かせた濃厚なスタイルがトレンドになった時代においても、一代目ルネ氏はテロワールをリスペクトし続け、アペラシオンのエッセンスを表現することを重視してきました。繊細に注意深く抽出を行い、新樽の使用も控えめにして、彼らは常にエレガントで熟成向きのワインを造り続けたのです。


こうしてテロワールに真摯に向き合ってきた彼らのワインは、世界的にも高い評価を受け、ワイン・アドヴォケイト誌において多くのキュヴェが90点以上の高評価を獲得。さらにコート・ブロンドの1999年と2015年、コート・ブリュンヌの2016年ヴィンテージでは100点満点の実績を誇っており、「今まで味わったなかで最高峰のコート・ロティのひとつ」「言葉を失ってしまうほど素晴らしい味わい」と絶賛されています。


2015年よりルネ・ロスタン氏に代わって息子のピエール・ロスタン氏がワイン造りを担当。語り口が穏やかで物静かな職人気質の二代目ピエール氏。世代交代を経た今も、一代目ルネ氏の哲学を受け継ぎ大切にしながら、ワイン造りに取り組んでいます。

過酷な環境のなか、全て手作業で行われるブドウ栽培

ルネ・ロスタンが本拠地を置く南フランス、コート・デュ・ローヌ地方の最北端に位置するコート・ロティは、日本ではまだまだ広く知られていないものの、実はフランスにおける歴史ある銘醸地のひとつ。


生産量が非常に少ない狭いアペラシオンではありますが、二代目ピエール氏が「隣り合う畑同士の気候は似ているが、土壌は小さな面積のなかでも、説明しきれないほどに複雑。」と語るほど、多様なテロワールが存在しています。各区画のなかでも丘や小川が複数連なっており、まるでモザイクのように土壌が折り重なっているのです。


コート・ロティは畑が急な斜面に位置していることでも有名なエリアです。二代目ピエール氏たちが作業する畑はトラクターが入ることもできないほどの非常に急な斜面。収穫はもちろんのこと、土の耕作や植え替えまで、全ての工程が手作業で行われています。


その環境は大変過酷なもので、二代目ピエール氏は「どの作業においても他の産地よりも10倍複雑で難しいと思う。そして急斜面のなか、石垣の間の細い道を通って作業をしたり、収穫したブドウを運んだりしているから、安全面を確保することもとても大切。」と語るほど。骨の折れる作業にひたむきに向き合いながら、ブドウ栽培が行われているのです。

人の手をなるべく加えないシンプルなワイン造り

ワイン造りにおいては「人の手を加えることは極めてミニマムに。その土地らしいブドウを使って造られたワインがエレガンスとバランスを備え、長期熟成できる偉大なワインだ。」という一代目ルネ氏の考えのもと、ワイン造りはブドウ本来の風味や味わいを最大限に活かせるよう、伝統的な製法と革新的な製法を見事に融合させています。


「茎もテロワールの一部」と考え、除梗は一切行わずに全房発酵を実施。またコート・ロティの伝統的な製法に則り、発酵時には冷却装置などを一切使わず温度調整を自然のままに任せています。また、新樽の使用を最小限に抑えていることも彼らの特徴のひとつ。二代目ピエール氏は「父(ルネ氏)は『ワインはブドウで造られたもので木を味わうものではない。』というのが口癖。」と語り、あくまでもブドウそのもののピュアな味わいにこだわり続けています。


しかし、よりテロワールを忠実に表現するため、現代的な技術も積極的に導入。発酵には、ヴィニマティック(シリンダーを横置きにした形で、それが回転することで果房と果汁の攪拌ができる発酵タンク)をいち早く導入しています。


そして、二代目ピエール氏は「優しく、長く、抽出することが大切。」と考え、約2週間ほどのマセラシオンを実施。ブドウのエキス分を綺麗に抽出することに細心の注意を払っているのです。こうした醸造については、それぞれの畑の個性をしっかり表現するために、単一畑ごとに醸造方法を変えるのではなく、同じ方法を採用しています。


ワイン造りにおいて一番大切なことは?という質問に対して「テロワールが全て。ワインメイキングではなく、コート・ロティというテロワールからエレガントなシラーが生まれる。醸造の段階で人工的なことはなるべく行わず、クリーンにピュアにテロワールだけを反映させること。」と二代目ピエール氏。こうしてテロワールそのものの表現を最重要として造られるワインは、コート・ロティの美点を極めたエレガントなスタイルが魅力です。

シラーの特徴であるしっかりした色調とスミレや黒胡椒の香りなどを最大限に引き出しつつ、一切の雑味を感じさせない、とてもピュアな果実味が備わっています。まさに全てにおいて完璧ともいえる出来栄えは、他者を寄せ付けない神々しい雰囲気が漂う、コート・ロティの美点を究極まで引き出した逸品と言えるでしょう。

ルネ・ロスタンが誇る秀逸な単一畑

彼らのワイン造りの姿勢からわかるように、ルネ・ロスタンにおいて重要なキーワードとなるのが「テロワール」。それはコート・ロティという土地が、ワイン造りにとってどれほど魅力的な場所であるか、ということに繋がっています。


二代目ピエール氏は、この土地の魅力について「テロワール、フィネス、バランスという3つの条件に恵まれている。同じローヌといってもシャトーヌフ・デュ・パプなどの南ローヌとは全く異なり、若いうちから楽しむことができる。」と語っています。


また、時にはブルゴーニュのワインと間違われることもあるそうで、「シラーとピノ・ノワールでブドウの特徴は大きく異なるが、仕上がるワインのエレガンスは似ているところがある。」とも。ここまでエレガントなシラーが生み出せるのは、やはりコート・ロティのポテンシャルの高さがあってこそと言えるでしょう。


だからこそこのエリアでは、どのような区画を所有するかが、ドメーヌの個性に大きく影響します。そのなかでもルネ・ロスタンは、一代目ルネ氏の叔父であるマリウス・ジャンタズ氏と、義父のアルベール・デルヴュー氏から、コート・ロティ最上と言えるほどの恵まれた畑を相続。これらの偉大な区画を引き継いできたことで、彼らはトップドメーヌとしての地位を着実に築き上げていったのです。


現在は所有する複数の区画から、単一畑のコート・ロティ3種類と、13区画のブドウをブレンドしたコート・ロティ「アンポジウム」、さらにごく僅かのコンドリューを仕立てています。

商品一覧

9 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.