<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


ヴィットマン WITTMANN

ドイツ
  • ドイツ
  • ラインヘッセン
ヴィットマン / WITTMANN ワインボトル

ドイツ最大のワイン産地、ラインヘッセンの最高峰

ドイツにおけるオーガニックワインの第一人者と言えるほど早い時期からの自然農法への取り組みや、辛口ワインのパイオニアとしてラインヘッセンの品質向上に努めた功績が称えられ、数々のワイン専門誌で高く評価されるヴィットマン。今やドイツ最高峰のワイナリーとして世界中の白ワイン愛好家を魅了しています。


最新2020年ヴィンテージの3銘柄が到着!


そんなヴィットマンの最新2020年ヴィンテージが入荷いたしました。今回入荷したのは特級畑モアシュタインの若木を使用して造られるヴェストホーフェナー・リースリング・トロッケン、テロワールがよく反映された味わいでワイナリーの名刺代わりとされるリースリング・トロッケン、フレッシュな果実を丸かじりしているようなピュアな味わいで人気のアイン・フンダート・ヒューゲル・リースリング・トロッケンの3銘柄。一口飲めばすぐにそれとわかる、伸びやかで透明感のある気品に溢れた味わいを、ぜひ初入荷のこの機会にお愉しみください。

ラインヘッセンで15代続く老舗ワイナリー

ヴィットマンは、ドイツ最大のワイン産地ラインヘッセンの南部、ヴェストホーフェンの地で1663年から15代続く老舗ワイナリーです。


ヴィットマンを語る上で欠かせないのが、ドイツにおけるオーガニックワインの第一人者と言えるほど早い時期からの自然農法への取り組み。先代のギュンター・ヴィットマン氏が1980年代初頭より有機農法に転換し、1990年にオーガニック認証、2004年にビオディナミ認証を取得。30年以上の有機農法によりブドウ樹の根は土壌の深くにまで根を伸ばし、その結果彼らの造り上げるワインはテロワールの個性が強く表現されています。


2007年にワイナリーを引き継いだフィリップ氏は17歳でワイン造りの見習いを開始。ビオディナミの伝道師と称されるロワールの鬼才、ニコラ・ジョリー氏の著書に影響を受け、ロワールやアルザス、オーストラリアなどのビオディナミ生産者を訪れ栽培・醸造法を学びました。

ワイナリーに戻った後、当時はまだ量産甘口ワインのイメージが強かったラインヘッセンにて、2001年に若手生産者団体「Message in a bottle」を立ち上げ、ワインメイキングの情報交換の場を設けることで品質の向上を図ります。2017年にはその後継団体となる「Maxime Herkunft Rheinhessen」を設立し、州独自の畑の格付けを実施。現在ではV.D.P.ラインヘッセン代表を務め、辛口ワインのパイオニアとして更なる品質向上を追求しているのです。


これらの功績によって、2001年には『ゴ・エ・ミヨ・ワインガイド・ドイツ』において「最も躍進した造り手」に選出。2014年にはフィリップ氏がワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、2020年にはジェームス・サックリングの年間TOP100ワインにてモアシュタイン・リースリング・トロッケン・グローセス・ゲヴェックスが第6位を獲得するとともに、「モアシュタインは今日、世界中が注目している畑」と賛辞を贈っています。ヴィットマンは今やドイツで最も著名な自然派生産者の一つであり、ドイツを代表するトップクラスのワイナリーと言えるのです。

ブドウに生命力、個性、複雑味を与えるビオディナミ

ヴィットマンでは、テロワールの個性が反映された熟成ポテンシャルの高いリースリングワインを造ることを目指し、ビオディナミ農法に情熱を注いでいます。


1980年代よりオーガニック農法を続けていた中、2004年にはビオディナミ認証を取得。ビオディナミへ転換してからの主な変化は、「生育期間が延びて各ブドウ樹の成長度合いが均一になり、完熟した高品質なブドウを多く収穫することができる点」とフィリップ氏は語ります。また、ビオディナミの実践で多くの手作業が必要となった一方、 畑の細かな変化を察知でき、辛口ワイン向けリースリングの貴腐菌付着問題が減ったと言います。

そんなビオディナミにおけるフィリップ氏の感じる最も苦労すると同時に最も重要なポイントは「タイミング」。宇宙、月、太陽の動きの原動力が土壌、ひいてはブドウ樹に与える影響を考慮し、畑やブドウ樹の状態を毎日観察。月の動きとともにそのバランスを見極め 、適正な時期と日取りを見極めなければなりません。


難しい点は調合剤の使用にも。ビオディナミではブドウのエネルギーバランスを向上させるために調合剤を使用しており、ヴィットマンでは、春の満月直前には牛角に堆肥を入れた調合剤を、夏の新月直前には牛角に水晶粉を混ぜた調合剤を散布しています。これにより、春はブドウ樹の成長を目覚めさせ、夏は水晶粉が光を集めることでブドウ樹の成熟を促す効果があると言います。このように調合剤の選定や使用時期にも細心の注意を払っているのです。


そんなヴィットマンにおいて現在の課題は地球温暖化。果実が熟しやすくなるなどのポジティブな側面がある一方、酷暑や豪雨など天候が極端になっていく中で、土壌の健全さやブドウ樹の生命力はこれからより大きな意味を成していくでしょう。

鉄分豊富な土壌が生み出す、エレガントで長命なリースリング

ラインヘッセンはドイツ最大のワイン生産地で古代ローマ人によって開墾された歴史があり、正式に記録されたドイツ最古の畑もこの州に所在。スレート土壌で冷涼なモーゼルやラインガウは、高い酸が特徴的な一方、石灰質土壌の割合が高く比較的温暖なラインヘッセンは、柔らかい酸が特徴で果実味とのバランスが取れていることで知られています。


また、ドイツでの有機農法が困難である主な要因は降雨。害虫を防ぐ天然成分を使用した散布物を、雨がブドウ樹から洗い流してしまうため、乾燥した気候ラインヘッセンでは、比較的有機農法を実践しやすい環境となっています。そんなラインヘッセンの南部地域で最も古いワイン生産地の一つがヴェストホーフェンです。「千の丘のある地方」と称される美しい丘陵地帯には7つの特級畑が点在しており、ヴィットマンはこの地に30haの畑を所有しています。

畑は主に石灰質土壌とスレート、白亜質土壌で構成。一部の畑は「テラ・フスカ」と呼ばれる、2,300年以上前に形成された石灰藻の岩礁が風化・浸食することでできた、鉄分豊富な赤い表土に覆われています。他の栄養素と結合しやすく、栄養分をブドウにしっかりと供給する鉄分を多く含んだ石灰質土壌により、造られるリースリングは、エレガントで冷たく感じるミネラル感が特徴。フルボディで果実味豊か、ほかに例を見ない長期熟成のポテンシャルを備えると言われています。

ブドウは健全に熟したタイミングを見計らって収穫。慎重に圧搾した後、低温に保たれた大きなアーチ型天井の地下セラーへ移動されます。天然酵母を用いて、木製の樽でゆっくりと発酵、熟成を行い、自然なアロマを保持。こうしてヴィットマンのワインには、一口飲めばすぐにそれとわかる独自のスタイルが備わり、透明感と気品に満ちた味わいに仕上がるのです。

今回入荷の3銘柄はこちら

ヴェストホーフェナー・リースリング・トロッケン

ドイツ辛口リースリングのパイオニアが手掛ける特級畑のブドウを使用したキュヴェ。塩味を感じるほどの深いミネラル感が魅力の味わい。


NEW

ヴェストホーフェナー・リースリング・トロッケン

ヴィットマン
4.2 (5)
ライトボディ
1
フルボディ

4,950

(税抜価格4,500円)

リースリング・トロッケン

ドイツ辛口リースリングのパイオニア。オーガニック栽培で造られた、果実の味わいと洗練されたミネラルが魅力。ワイナリーの名刺代わりの1本。


NEW

リースリング・トロッケン

ヴィットマン
4.5 (11)
ライトボディ
1
フルボディ

2020

2,970

(税抜価格2,700円)

  • JS 93
アイン・フンダート・ヒューゲル・リースリング・トロッケン

ドイツ辛口リースリングのパイオニアが銘醸地ラインヘッセンで造る1本。フレッシュな柑橘系果実を丸かじりしているようなピュアな味わい。


NEW

アイン・フンダート・ヒューゲル・リースリング・トロッケン

ヴィットマン
4.3 (23)
ライトボディ
1
フルボディ

2020

2,200

(税抜価格2,000円)

商品一覧

5 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.