<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


キスヴィン・ワイナリー Kisvin Winery

日本
  • 日本
  • 山梨県
キスヴィン・ワイナリー / Kisvin Winery ワインボトル

栽培のスペシャリストと女性醸造家が手掛ける今注目のワイナリー

日本を代表するワイン産地、山梨県の小規模の生産者ながら並々ならぬこだわりによりワインを生み出し注目を集めるキスヴィン・ワイナリー。そのワインは都内の三ッ星レストランなどで採用されるほか、2019年1月に惜しまれつつもこの世を去った、伝説のソムリエ、故ジェラール・バッセ氏がワイナリーを訪れた際に、自身のSNSで紹介したことで大きな話題となりました。

今注目を集める新進気鋭の日本ワイナリー

左:栽培責任者:荻原康弘氏 右:醸造責任者:斎藤まゆ女史

キスヴィン・ワイナリーは、ブドウの栽培が盛んな山梨県の甲州市塩山で、2013年からワイン醸造を開始した新しいワイナリー。ブドウ栽培のスペシャリストである荻原康弘氏と、ブルゴーニュで醸造を学んだ新進気鋭の女性醸造家斎藤まゆ女史がタッグを組みワイン造りを行っています。


萩原氏を中心に2005年から池川仁氏(池川総合ブドウ園、『キュベ池川』などのブドウ栽培者)、西岡一洋氏(東京大学大学院特任研究員)らとともに醸造用ブドウの勉強会グループ「Team Kisvin チームキスヴィン」を立ち上げ、同時にワイン用ブドウの栽培とその規模拡大に着手し、本格的にキスヴィンの活動がスタートしました。


当時栽培したワイン用ブドウは地元のワイナリーに売っていましたが、販売先の一つ、シャトー酒折では荻原氏と、同じくチーム・キスヴィンの池川氏から届くブドウの品質があまりにも高いことに気が付き、「別にブドウを仕込ませてほしい」とオファー。こうして、シャトー酒折では専用のタンクを新たに購入し、2008年にはKisvin Koshuをリリースすることになったのです。


造られるワインのクオリティは非常に高く、都内の三ッ星レストランやラグジュアリーホテルなど、ハイエンドなシーンで次々に採用され、味わいはお墨付きを獲得。また、伝説のソムリエ、マスター・オブ・ワインの故ジェラール・バッセ氏も2017年にはワイナリーを訪れ、発売前だった「キスヴィン・ピノ・ノワール」を試飲。すぐさま自身のSNSで「才能豊かな醸造家が造ったこのワインはユニークでセンセーショナル」と絶賛したことで、世界中で大きな話題となりました。

ブドウ栽培のスペシャリスト

栽培責任者:荻原康弘氏

ワイナリーの代表を務める荻原康弘氏は、ブドウ農家の三代目。それまでは生食用ブドウの栽培が中心でしたが、父から家業を継ぎ2002年頃から徐々にワイン用ブドウへの植え替えを開始。周囲の農家を驚かせました。荻原氏は農業を継ぐにあたり「農業は何世代にも渡って受け継いでゆけるもの。ブドウは食べることで完結するが、ワインは生き続けることが出来る。命をつないでいく仕事として自分がやっていて楽しいこと、それがワイン用ブドウ栽培でありワイン醸造だった」と言います。


そして何よりワインが大好きだったこと、好きなことでは1番になりたい。その一心でワイン用ブドウを次々と植樹。栽培するブドウの質の高さから特別なキュヴェが仕込まれるほど、荻原氏はブドウ栽培のスペシャリストとしてその実力を認められるようになりました。

新進気鋭の女性醸造家

醸造責任者:斎藤まゆ女史

「目指すワイン造りのためにはどんな醸造家が必要なのか」と考えていた荻原氏は、様々な方面にアンテナを張り醸造家を探した結果、当時カリフォルニア州立大学に在学中だった斎藤まゆ氏を見出し、これがきっかけで現醸造家の斎藤まゆ氏がキスヴィン・ワイナリーに参画することになりました。


2007年には先の通り、カリフォルニアを訪れた荻原氏の要請によりチーム・キスヴィンに加入。その後、シャブリのドメーヌ・ジャン・コレで研修、滞在は当初2ヵ月の予定だったもののその実力を認められ一年以上フランスに滞在し2回の仕込みを経験。また、ジャン・コレの当主の薦めで、シャブリからほど近いイランシーに住み、ティエリ・リシューなど2つのワイナリーでピノ・ノワールの醸造も学びました。


その後、斎藤氏は自社醸造施設が完成しワイン醸造をスタートさせた2013年にキスヴィン・ワイナリーの醸造責任者に就任。「質の高いブドウが出来さえすれば、醸造とはシンプルかつ平易なもの」という考えのもと、醸造家自らも日常的に畑へ出向き、スタッフと連携しつつ栽培に参加。特に収穫時期には果実の成分分析を細かく実施し、ブドウの適熟期に収穫を行うことを第一としています。

商品一覧

3 件

おすすめ順
  • キスヴィン 甲州 スパークリング
    750ml
    3.2 (5)
    1

    ライト

    フル

    • 白スパークリング

    キスヴィン 甲州 スパークリング

    新進気鋭のワイナリーが手掛ける、常に進化を続けるスパークリングワイン。細かな泡立ちと甲州の爽やかさが料理の味わいを引き立てる、フードフレンドリーな味わい。

    • 2021

      4,015

      (税込)

  • キスヴィン ブラン
    750ml
    4.5 (2)
    1

    ライト

    フル

    • 白ワイン

    キスヴィン ブラン

    新進気鋭のワイナリーが手掛ける、マスカット系ブドウを中心とした複数の品種のブレンドキュヴェ。爽やかな飲み口と纏まりのある味わいが魅力。

    • 2021

      4,510

      (税込)

  • キスヴィン ピノ・ノワール・ロゼ
    750ml
    4.7 (3)
    2

    ライト

    フル

    • ロゼワイン

    キスヴィン ピノ・ノワール・ロゼ

    伝説のソムリエが認めた、キスヴィンのピノ・ノワールを100%使用したロゼワイン。ふわっと香る果実のアロマと優しい味わいで人々の心を捉えて離さない1本。

    • 2021

      9,130

      (税込)

この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.