<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

グイドボーノ GUIDOBONO

イタリア
  • イタリア
  • ピエモンテ
グイドボーノ / GUIDOBONO ワインボトル

テロワールと品種の個性を忠実に表現する、家族経営ワイナリー

北イタリア、ピエモンテ州に位置する家族経営のワイナリー、グイドボーノ。醸造所がバローロ・エリア外にありながら、バローロを造ることができる特例ワイナリーのひとつで、高い品質と手頃な価格から、国内のみでなく世界中でファンを増やし続けている造り手です。入門編として、また愛好家の普段飲みとしてもピッタリなバローロの他、ピエモンテ州各地区の個性を味わうことのできる低価格帯キュヴェも高いコストパフォーマンスを誇ります。

目次

土地の個性を表現する家族経営ワイナリー

イタリア最北部の山岳地帯に位置するピエモンテ州。 北はスイス、西はフランスと国境を接する同州は「山の足」という名が示す通り、 アルプスの険しい山々の麓に広がり、ワインに加え、乳製品やヘーゼルナッツ、ジビエ、そして白トリュフが特産という食材の宝庫。 イタリア内でも人口の少ない州にも関わらず星付レストランが多い美食の郷としても有名です。

グイドボーノはそのピエモンテ州、ロエロ地区カナーレ村で3世代に渡りワイン造りを行なっている家族経営のワイナリー。醸造所がバローロ・エリア外にありながら、イタリアのワイン法で特別にバローロの生産が認められた特例ワイナリーのひとつです。


1950年代、エルネスト・ファッチェンダ氏がロエロ地区カナーレ近郊に畑を買い、ネッビオーロとバルベラの栽培を始めたのがワイナリーの始まり。その後、1980年代にはエルネスト氏の息子フェデリコ氏によって、ワイナリーに近代的な設備が導入され、また、見事な品質のロエロ・アルネイスの栽培も開始されました。

現在ワイナリーを牽引するのは、フェデリコ氏の二人の息子であるエンリコ氏とマルコ氏。エンリコ氏はカナーレ村の村長も務めており、若いエネルギーとアイディアを生かしピエモンテの魅力を存分に表現した伝統的なワイン造りを続けています。年間約40万本のワインを生み出し、そのうちの約75%を海外に輸出。ピエモンテへの愛情が詰まったグイドボーノのワインは世界中で広く愛飲されているのです。

テロワールの個性を最大限表現したブドウ栽培

ワイナリーが位置するのはピエモンテ州ロエロ地区。ロエロとランゲの2つの地区に50haを超える畑を所有し、ピエモンテへの愛情と研究の末に得た知識に基づき、それぞれのテロワールの個性を最大限に表現したワインを造り出しています。

ロエロ地区は、ランゲとモンフェラーロの間にあるタナロ川左岸の丘の中心に位置する、約25万年前に海底が隆起した結果できた土地。土壌の構成は砂と石灰、細かい石。数世紀に渡るタナロ川の侵食や、その他の大気の影響により唯一無二の個性を持つテロワールが形成されており、地表のあちこちに含まれる貝殻などの化石に、昔海底だった名残を見ることができます。


グイドボーノはこの地区に、カナーレ、カスッテリナルド、ヴェッツァ、カスタニートという4つの区画の畑を所有しており、カナーレではアルネイス種、カステッリナルドではバルベラ種、ヴェッツァとカスタニートではネッビオーロ種と、それぞれの区画の個性に適したブドウ品種を栽培しています。

一方、バローロが造られるランゲ地区では、モンフォルテ・ダルバ村の畑を所有。モンフォルテ・ダルバ村は、バローロの生産地区東側に位置し、エレヴィツィアーノと呼ばれる泥灰土で、鉄分が多く赤茶色をしている土壌が広がります。この地で造られるバローロは、熟成ポテンシャルを備えた、パワフルで力強い味わいが特徴。中でもグイドボーノは、村の最南端にあり、1800年より名声を築いていた優良区画、ル・コステ・ディ・モンフォルテを所有しています。

「インテグレイテッド農法」と「ワイン保全プロジェクト」の実践

グイドボーノが栽培において重視するのは、自然に敬意を払うこと。そのため、実質的なオーガニック栽培である、インテグレイテッド農法を実践しています。インテグレイテッド農法とは、持続可能な農業を目指し、EUによって制定された新しい有機農法。土壌や水、風や自然などの資源の利用や、地域に根付いた伝統的農法に加え、世界中の現代技術やテクノロジーを取り入れることによって、高品質の有機栽培を実現しています。


その一例が近年新たに採用されたソーラーパネル。ロエロ地区の豊富な日照を受けて蓄えたエネルギーを、ブドウ樹の生育に再利用しているのです。

また、汚染物質を排除し、地域の環境を守るピエモンテ独自のプロジェクト、「Vino Sicuro=ワイン保全プロジェクト」にも参加。自然に配慮した方法で造られるワインは、ランゲ地方の土着品種の特徴を忠実に表現した、まさに土地の手本となるような味わいです。

    この記事をシェア

    商品一覧

    6 件

    おすすめ順
    • ロエロ・アルネイス
      750ml
      4.1 (15)
      3

      ライト

      フル

      • 白ワイン

      ロエロ・アルネイス

      テロワールと品種の個性を忠実に表現するピエモンテの家族経営ワイナリー。酸味と甘み、苦味が絶妙に調和した、ピエモンテ最上級の辛口白ワイン。

      • 2020

        2,310

        (税込)

    • スプマンテ・セグレテ・ヴィーニェ
      750ml
      4.1 (13)
      3

      ライト

      フル

      • 白スパークリング

      スプマンテ・セグレテ・ヴィーニェ

      テロワールと品種の個性を忠実に表現するピエモンテの家族経営ワイナリー。バイヤー陣も絶賛するネッビオーロ100%のスパークリング。

      • 2018

        2,860

        (税込)

    • バローロ ル・コステ・ディ・モンフォルテ
      750ml
      4 (4)
      5

      ライト

      フル

      • 赤ワイン

      バローロ ル・コステ・ディ・モンフォルテ

      テロワールと品種の個性を忠実に表現するピエモンテの家族経営ワイナリー。力強さとエレガンスを兼備したハイコスパ・バローロ。

      • 2017

        6,380

        (税込)

    • バルベラ・ダルバ
      750ml
      3.8 (6)
      3

      ライト

      フル

      • 赤ワイン

      バルベラ・ダルバ

      テロワールと品種の個性を忠実に表現するピエモンテの家族経営ワイナリー。早くから愉しめる力強さと若々しさを兼ね備えたフードフレンドリーな1本。

      • 2020

        2,310

        (税込)

    • ランゲ・ネッビオーロ
      750ml
      3.4 (5)
      5

      ライト

      フル

      • 赤ワイン

      ランゲ・ネッビオーロ

      テロワールと品種の個性を忠実に表現するピエモンテの家族経営ワイナリー。良質でエレガントなネッビオーロの魅力を堪能できる1本。

      • 2019

        2,750

        (税込)

    • ネッビオーロ・ダルバ・ロレート
      750ml
      4.5 (2)
      5

      ライト

      フル

      • 赤ワイン

      ネッビオーロ・ダルバ・ロレート

      テロワールと品種の個性を忠実に表現するピエモンテの家族経営ワイナリー。ロエロ地区のネッビオーロ100%で造られる、芳香性のある軽やかな逸品。

      • 2018

        3,520

        (税込)

    関連リンク


    お買い得情報

    飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

    「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。
    Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.