0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)

PHILIPPE PACALET

ブルゴーニュラヴァー待望の超優良年、
最新2015年ヴィンテージも入荷!

自然派ワインの代表格としてその名を馳せるフィリップ・パカレ。近年はその枠を超え、ブルゴーニュの入手困難な生産者の一人として愛好家の心を人気を集めている造り手です。今回は、待望の最新ヴィンテージ2014年がエノテカ・オンライン初入荷のキュヴェを含む、全8銘柄到着しました。

2014年は過去3年に比べ安定した天候により収量が回復。今回初入荷となるグラン・クリュのコルトン・シャルルマーニュはもちろんのこと、初リリースとなる注目キュヴェ、ムーラン・ナヴァンをはじめ全てのキュヴェが、テロワールの個性が表れた見事な味わいに仕上がっています。

いずれも完全数量限定入荷。愛好家必飲の注目キュヴェが勢揃いの今、是非お買い求めください。

世界最高峰のドメーヌで培った技術を生かし、
追い求めてきた理想のワイン造り。

自然派ワインの代名詞とも言われるフィリップ・パカレ。繊細なピノ・ノワールにテロワールの特徴を密に反映させ、造り出される純度の高い味わいは、自然派の枠に捉われず、多くのブルゴーニュワインラヴァーを魅了しています。現当主であるフィリップ・パカレ氏は、代々続くボジョレーのブドウ栽培・醸造一家で育ち、パカレ氏にとって「ワインの世界に生きる」ということは当然のことでした。ディジョン大学にて醸造学を学んでいた時に、醸造家であり醸造科学者でもあるジュール・ショヴェ氏と知り合い、この出会いこそが、その後のパカレ氏のワイン造りに大きく影響を与えることになります。

ビオディナミ農法の先駆者であり、「自然派の神」と呼ばれたジュール・ショヴェ氏のもと、パカレ氏は大学で「自然栽培と酵母」と「土壌と酵母」について研究を深め、卒業後ビオロジック農法団体「ナチュール・プログレ」で2年間従事。その後、ワイン造りを極めるためにローヌ地方シャトーヌフ・デュ・パフの第一人者「ドメーヌ・シャトー・ラヤス」、そしてブルゴーニュの名門ドメーヌ「ルロワ」で修業を積んだ後、D.R.C.の社長が共同経営を務める「ドメーヌ・プリューレ・ロック」の醸造及び販売責任者を務めました。パカレ氏が責任者を務めた10年の間でプリューレ・ロックのワインの評価はみるみるうちに高まり、それと共にパカレ氏の名も世界に広く知られるようになったのです。

その後パカレ氏の手腕が認められ、D.R.C.の醸造長にとのオファーがあったにも関わらず、その名声をあっさりと辞退。自らの理想とするワイン造りを目指し独立し、2001年からフィリップ・パカレとしてワインを発表しました。リリースするやいなや、華やかな経歴と確かな腕を持つパカレ氏のワインは、ワイン界の話題を独占。瞬く間に自然派ワインの代表格としてその名を馳せたのです

近年は、「ル・ギッド・デ・メイユール・ヴァン・ド・フランス2013」など伝統あるワインガイドでも他の著名な造り手と共に名前が挙げられるようになりました。今や自然派ワインの代表格というだけではなく、ブルゴーニュの入手困難な造り手の一人として人気を集めています。

プロフェッショナル集団による徹底したブドウ栽培。
野生酵母の働きを主役にした、丁寧なワイン造り。

自社畑をほとんど持たないフィリップ・パカレは、パカレ氏が独立前から選んできた無農薬・低収量を徹底する栽培農家からブドウを購入しワイン造りを行っています。2007年には、より丁寧な畑仕事をするために、 畑仕事のプロフェッショナルが集まったブドウ栽培会社を自社で設立。畑の台木選びから醸造にわたる全ての過程において自らチームの監督として畑に出向き指示を出します。また収穫時にも収穫専門のチームを作り、厳しい選果の基準を徹底しています。こうした各過程ごとの専門チームを作ることで、パカレ氏が理想とする「果梗まで熟した良質なブドウ」が造られるのです。

パカレ氏がワイン造りにおいて最も重視しているのが、畑に生息する野生酵母の働きです。その畑だけが持つテロワールの個性ともいえる、土壌のミネラル分をしっかりとワインで表現するためには、この野生酵母の働きが不可欠と考えています。「除草剤や除虫剤を使えば畑での仕事は楽になる。でもブドウ樹を栄養過多にして病気への抵抗力を落としてしまう。同時に、何より大切な畑の酵母を死滅させてしまうことに繋がる。」という考えのもと化学薬品の使用は一切行いません

この酵母の働きを重視したワイン造りは、醸造においても顕著に表れています。重力システムが採用されている醸造においてはブドウは除梗されず、SO2(亜硫酸塩)を使用しない代わりに炭酸ガスを注入して酸化を防ぎながらブドウ由来の自然酵母による発酵を待ちます。パカレ氏はワインもチーズや味噌の発酵食品と同様、アルコール飲料というより発酵飲料と捉え、酵母の自然な働きを促すために発酵中の温度管理は行いません。各区画に存在する酵母は約30種類と言われ、それぞれが異なるテロワールの風味を引き出すと言われています。個々の酵母が働く時期は発酵の段階により異なるため、人為的に温度コントロールすると、一部の酵母しか働かず、単純な味わいのワインになってしまうとパカレ氏は考えているのです。

新樽の使用については、ワインに過剰な樽香がつくことを避けるために使用を抑え、1、2年使用された樽をメインに使っています。熟成中は澱引きはもちろん、清澄、濾過も行いません。野生酵母の働きを阻害するSO2は、醸造中には一切使用せず、瓶詰め前に必要最低量のみ添加。そして、ブルゴーニュ・ルージュからグラン・クリュまで全て手作業で瓶詰しています。

自然派の枠にとらわれない
"本物のブルゴーニュワイン"。

自然派ワインの代表格としてその名を世界に轟かせたフィリップ・パカレですが、パカレ氏本人が自ら自然派を名乗ることはありません。伝統的な"本物のブルゴーニュワイン"を求めた結果、野生酵母を最大限生かす発酵過程や醸造におけるSO2(亜硫酸塩)不使用という手法を採用するに至っただけと彼は考えています。

何よりフィリップ・パカレのワインの醍醐味は、じっくりと時間をかけて味わうこと。通常のブルゴーニュワインに比べて約1%ほどアルコール度数が低いこともあり、最初の一口はとても軽やかに感じることもあります。しかし、時間が経つにつれて、ブドウ本来の旨味がじわじわと広がり、口に含むと滑らかなタンニンに支えられた濃厚なブドウのエキス分が全身を駆け巡ります。ピノ・ノワールのピュアな果実味を基盤とし、そこにテロワールの特徴を密に反映させる―それは、土壌に生きる野生酵母が発酵過程で発揮するその影響について研究と経験を深めたパカレ氏だからこそ理論的に手法を考案、実践できた、前人未到の純度の高い味わいと言えるでしょう

過去3年に比べ収量が回復。しっかりとした骨格を持ち、
テロワールの個性が見事に表れた2014年。

2014年はブドウ樹に良い影響を与えた乾燥した春から始まり、6月の開花も順調に迎えたことで、安定した収穫量を得ることにつながりました。夏は涼しく曇りがちな天気が続きましたが、雨はそれほど多くはなく、8月から10月下旬まで続いた乾燥した好天により、ブドウは十分に成熟。9月19日より最高のコンディションで収穫が行われました。収穫量が激減した過去3ヴィンテージに比べて、適正な収穫量を得ることができ、赤白ともに、しっかりとした骨格を持つクラシカルな仕上がりとなりました。

2014年ヴィンテージについてパカレ氏は、「骨格がしっかりして、テロワールの個性が若いうちから良く表れている。」と語っており、今からでも十分に楽しめるスタイルに仕上がっています。どの銘柄も完全数量限定入荷ですので、ぜひお見逃しなく。

今回初入荷!僅か3本のみ。
完売必至のグラン・クリュ。

ワンランク上の上質な味わい。
"本物のブルゴーニュ"を追求したプルミエ・クリュ。

テロワールの特徴を見事に表現した村名ワイン。

パカレらしさを味わえる、お値打ちキュヴェ。


No results that match your search.
竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (712 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (324 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (324 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)