<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


初心者でも簡単!ニューワールドワインのラベルの読み方

エノテカ編集部
エノテカ編集部
ワインを学ぶ
公開日:2018.4.3
更新日:2021.5.26
モンテス・アルファ
ワインの顔でもある、ワインボトルの「ラベル」。ラベルは、そのワインの味わいや特徴をイメージする重要なものです。威厳を醸し出しているラベルもあれば、思わず手に取りたくなるポップなラベルまで、様々に存在します。
今回は、ラベルを読み解く基礎知識と、実は選びやすいニューワールドのラベルの読み方を説明します。
目次

ワインのラベルに書かれていること

ワインラベルの画像
ラベルに表示される情報は、国ごとの伝統・ワイン法などの規制によって定められています。主には、「いつ・どこで・誰が」造ったワインかという基本的な情報が記載されています。

・ヴィンテージ(ぶどうの収穫年)
・生産国・原産地名
・生産者
・アルコール度数・内容量など

一番大きな文字がワインの名前になることが多く、生産者名や品種名、あるいは原産地名が表示されています(裏ラベルに書かれていることもあります)。
ラベルに記載されている情報からある程度の味わいを推測できる為、ラベルはワイン選びには欠かせないものです。中でも味わいが想像しやすい「品種表示」に関しては、表示があるものとないものが存在します。

オールドワールドとニューワールドのラベルの違い

オールドワールド(フランス・イタリアなどヨーロッパ各国のワイン生産国旧世界)、ニューワールド(アメリカ・オーストラリア・日本など新世界)のラベルを見てみましょう。

オールドワールドのラベル

ワインラベルの画像
ラベルはフランス語で「エチケット」と呼ばれます。エチケットには、大小様々な文字で細かく表示されている為、ワイン選びのヒントとなる品種はどこに書かれているのだろうと悩んでしまいがちです。
オールドワールドのラベルには、品種ではなく「原産地のみ」が記載されていることがよくあります。原産地から品種を特定する知識が必要なので、ワイン初心者にはハードルが高くなりますよね。ラベルを見ただけでは分かりづらい為、店頭では品種名や味わいなどの説明が置かれていたり、ソムリエに尋ねながら好みの品種を見つけ出すことができます。

ニューワールドのラベル

ワインラベルの画像
それでは、ニューワールドのラベルを見てみましょう。ラベルの雰囲気もポップで現代風なデザインのものが多く存在します。オールドワールドと比べると、文字も少なくカジュアルな印象です。ラベルに表示されていることは、収穫年や産地に加え、ワインの品種まで書かれていることが多いので選びやすいことが特徴です。
このような違いの要因は、各国のワイン法や品質分類にみられます。オールドワールドは伝統と規制によって事細かにラベル表示されている場合が多く、ニューワールドは原産地や収穫年・品種などを「○○%以上で表示できる」というルールが国によって存在しています。その為、ラベル表示も分かりやすく、深い知識が無くても手に取りやすくなります。

ヴァラエタル・ワイン(品種表示ワイン)

ワインラベルの画像
好みのワインを探す手がかりになる品種が、大きく分かりやすく表示されている事が多いニューワールドのワイン。ラベルにブドウ品種が表示されているワインをヴァラエタル・ワインといいます。ラベルに「Chardonnay」「Cabernet Sauvignon」など、単一品種が表示されているワインです。
品種が1種類のみ書かれているワインもあれば、オーストラリアなどのワインを見てみると品種が併記されている場合もあります。こちらはヴァラエタル・ブレンドワインと言われます。ワイン法によって、複数のブドウ品種が使用されている場合は、比率が高い順に併記し表示されることになっています。このようなヴァラエタル・ワインは、とても分かりやすく選びやすいのでワイン初心者にはありがたいですよね。

まとめ

ワインラベルを読むことは難しいと思いがちですが、実は「ソムリエのようにラベルを読めるようになりたい」という憧れの分野ではないでしょうか。ニューワールドのラベルは初心者には分かりやすく、カジュアルさも魅力です。
ラベルの読み方を知ると、ワイン選びが楽しくなり、普段選べなかったワインも手に取れるようになります。様々な国ごとのラベルを見ながら、ワイン選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。
関連記事はこちら
ワインラベルの読み方を知ろう!ボルドーワイン編
ワインラベルの読み方を知ろう!ブルゴーニュワイン
エノテカ編集部
エノテカ編集部

全国60店舗以上!ワイン専門店「エノテカ」の編集部。スタッフやライターの方々と、知っていると得する基礎知識からエノテカならではのディープな情報まで、ワインにまつわる情報を様々なテーマで発信していきます。

この記事をシェア

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.