近年、世界的成功を収めたブドウ品種ピノ・グリ

ワイングラス

フランスのアルザスで高品質なワインを生み出すブドウ、ピノ・グリ。

イタリアではピノ・グリージョと呼ばれ、昔からカジュアルな白ワインを生む品種として親しまれてきました。そのピノ・グリが近年、世界中のワイン産地で栽培面積を拡大し、成功を収めています。

今回はそんなピノ・グリについて詳しく紹介したいと思います。

ピノ・グリとは

ピノグリ

 ピノ・グリは主に白ワインの原料となるブドウ品種で、黒ブドウであるピノ・ノワールのクローン(突然変異種)です。

グリ=灰色という名の通り、果皮はやや灰色がかったピンク色や薄い青紫色をしています。

ピノ・グリとピノ・ノワールは葉も樹体も非常に似ており、外見では果皮の色でしか両ブドウの判別ができないと言われるほど。

なお、原産地はピノ・ノワール同様ブルゴーニュとされていますが、現在ブルゴーニュではほとんど栽培されていません。

比較的冷涼で風通しと水はけの良い土地を好みます。樹勢が強く、糖度が上がりやすいため甘口のワインも造られたり、逆に早めに収穫をしてフレッシュな辛口のワインに仕上げたりすることもあります。

ピノ・グリの主な産地

主な産地はフランスのアルザスやイタリア北東部のフリウリです。

ニューワールドではアメリカのオレゴン州やオーストラリア、ニュージーランドで成功しています。

以下では、アルザスとフリウリについてご紹介します。

フランス アルザス

ブドウ畑

フランスでは、北東部のライン川を挟んでドイツと国境を接するアルザスで多く栽培されています。

この地方のブドウ畑はヴォージュ山脈の丘陵にあり、土壌は花崗岩質から火山性堆積岩、泥灰岩質と複雑に織り成しており、そのテロワールの多様性が複数のブドウ品種の栽培を可能にしています。

ピノ・グリは、リースリング、ミュスカ、ゲヴュルツトラミネールと並んでアルザスの高貴品種の一つで、スパークリングワインをはじめ様々なスタイルのワインが造られています。

また辛口だけでなく、山に守られ降雨量が少ないため遅摘みで甘口ワインを造ることもあります。

イタリア フリウリ

ブドウ畑

イタリアの北東部に位置するフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州はイタリアを代表する白ワインの産地です。

北部はアルプス性の気候で雨が多く、平野部は比較的温和で、アドリア海に面する南部の海岸部は地中海性気候といったように気候も風土も多様であるため、ピノ・グリージョを含む複数の白ブドウ品種が栽培されています。

スロヴェニアとの国境に広がるコッリオ・ゴリツィアーノやフリウリ・コッリ・オリエンターリで造られるのはとりわけ良質な白ワインばかり。小規模ながらブドウ栽培から醸造においてレベルの高い生産者も多く、ピノ・グリージョからもボディーのしっかりした、果実味と適度なミネラル感を持つ白ワインが造られています。

なお、近年この地区の一部の生産者が、ピノ・グリージョなどの白ブドウを果皮や種子とともに発酵・マセラシオンして、オレンジ色を帯びたワイン、通称オレンジワインを造るようになりました。

有機栽培で育てたブドウを使用し、醸造においても酸化防止剤の使用を極力控えた造り方をしたものが多く、酸化熟成の進んだニュアンスやタンニン分を持つこの個性的なワインは、世界中で人気を博しています。

ピノ・グリのワインの特徴

ワイングラス

果皮の色はどちらかといえば黒ブドウに近いですが、一般的には白ワインとして醸造されます。

アルザスの特級ワインのような高品質のピノ・グリのワインは、色合いは濃い麦わら色をしており、杏やトロピカルフルーツのような芳醇な香りとともに蜂蜜のようなニュアンスも感じられます。ヴォリューム感があり、柔らかな酸味とコク、長い余韻はブルゴーニュの上級ワインにも引けを取りません。

一方、イタリアで造られているステンレスタンクで熟成させたカジュアルなピノ・グリージョのワインは、色合いも淡い黄色で、柑橘系のフレッシュな酸味が特徴のキレのよい辛口ワインとなります。

また、オレンジワインの場合は、外観のオレンジ色の濃淡は千差万別で、残留する澱による濁りが見られることもしばしばあります。

味わいは、白ワインの清涼感を持ちつつも果皮と果汁を一緒に醸したことに由来する独特のふくよかさと旨味、そして程よいタンニンや柑橘の皮をかじった時のような心地よい苦味があります。

ピノ・グリのワインと料理の相性

カルパッチョ

ピノ・グリのワインは様々なスタイルがあるので料理との相性もそのスタイルによって異なります。

例えば、アルザスの特級ワインやフリウリのオレンジワインは、野菜や魚料理はもちろん肉料理にも合わせられます。アルザスやドイツでよく食されているソーセージやベーコンを白ワインで煮た料理や、ローストした鶏肉や豚肉など、ボリューム感のある肉料理とも非常によく合います。

したがって、レストランでワインを選ぶ時やホームパーティーにワインを持ち寄る時には、前菜からメイン料理まで1本で通せるピノ・グリのワインを是非検討してみて下さい。

一方、フレッシュで酸味のしっかりしたピノ・グリージョのワインには、野菜のマリネやオリーブオイル系のパスタなど、カジュアルな家庭料理と合わせると良いでしょう。これからの季節には、レモンをぎゅっと絞っていただく鯵フライやイカのフリットなどもおすすめです。ワインはしっかり冷やしておくのがポイントです。

おすすめワインはこちら

最後に、ぜひ一度お試しいただきたいピノ・グリのワインをご紹介します。

ピノ・グリ・レゼルヴ

ピノ・グリ・レゼルヴ / トリンバック

フランスのミシュラン3ツ星レストラン全てで採用されている、アルザスのワイナリーが手掛けるワンランク上のシリーズ。

ボリューム感とフレッシュさを兼ね備えており、上品でフルーティーな味わいです。

フランスのシェフも認めた、様々な食事と相性が抜群の一本。

ピノ・グリージョ

ピノ・グリージョ / イエルマン

こちらはイタリアのピノ・グリで造られた一本。

JAL国際線ファーストクラスで提供されたこともある実力派です。

通常のイタリアのピノ・グリとはまた違った、豊かな果実味の重厚さがありながらもまろやかな味わいが特徴です。

まとめ

近年、世界中で注目が集まるピノグリから造られるワインは、どれも個性豊かなものばかり。

産地によっても大きく異なるので、アルザスのピノグリとイタリアのピノグリージョを飲み比べてみるのはいかがでしょうか。ピノグリが生み出す多彩な味わいにきっと魅了されるはずです。

参考文献 ・日本ソムリエ協会 教本 2018