ブドウ品種を知ろう!ピノ・グリ

お気に入り追加

ナレッジ
公開日 : 2024.4.16
更新日 : 2024.4.17
シェアする
ピノ・グリ

フランスのアルザスで高品質なワインを生み出すブドウ、ピノ・グリ。イタリアではピノ・グリージョと呼ばれ、カジュアルな白ワインを生む品種として長く親しまれてきました。


今回はそんなピノ・グリについて、ソムリエの解説付きで詳しくご紹介します。

ピノ・グリの商品一覧

解説してくれるのは、田邉公一さん


田邉公一さん

J.S.A認定ソムリエ 飲と食の様々な可能性を拡げていく活動をしています。 2003年 J.S.A認定ソムリエ資格取得 2007年 ルイーズ・ポメリー ソムリエコンクール優勝 2018年 SAKE DIPLOMA INTERNATIONAL資格取得 著書『ワインを楽しむ 人気ソムリエが教えるワインセレクト法』(マイナビ出版)2023年12月発売 X(旧Twitter):@tanabe_duvin Instagram:@koichi_wine

目次

特徴

特徴

ピノ・グリは黒ブドウ品種であるピノ・ノワールのクローン(突然変異種)で、主に白ワインの醸造に用いられます。主な生産地はフランスとイタリアで、前者ではピノ・グリ、後者ではピノ・グリージョと呼ばれている他、下記のように様々な呼び名を持ちます。

シノニム

葉や樹体がピノ・ノワールに非常に似ており、実の果皮の色でしか判別ができないと言われるほど。ピノ・グリは「グリ=灰色」という名の通り、果皮の色がやや灰色がかったピンク色や薄い青紫色をしているのが特徴です。


樹勢が強く、比較的冷涼で風通しと水はけの良い土地を好みます。


フランスで造られるピノ・グリは濃い麦わら色の色合いで、芳醇な香りとボリューム感のある味わいの辛口ワインとなります。


また、辛口ワインだけではなく、糖度が上がりやすい性質を持っているため、それを利用した遅摘みの甘口ワインも造られています。

ピノ・グリの特徴

一方、イタリアのピノ・グリージョは淡い黄色の色合いで、柑橘系のフレッシュな酸味のキレの良い辛口ワインとなります。


清涼感がありながらふくよかさと旨味を持ち、程良いタンニンと心地良い苦味が特徴です。

ピノ・グリージョの特徴

ソムリエ解説!熟成させるとどうなるの?

ピノ・グリ、特にピノ・グリージョから造られる白ワインは、一般的にフレッシュな柑橘フルーツや青リンゴ、白い花の香り、爽やかな酸味と生き生きとした果実感が特徴のため、若々しい状態の時に楽しむのが主流であり、早めに飲むスタイルが多く生産されています。 その一方で、フランスのアルザス地方で造られる、熟度の高い厳選されたブドウから造られたワインの中には、熟成を経ることでより風味の複雑性が増すものもあり、次第に生姜やハチミツのような風味が感じられるようになり、味わいもまろやかな印象へと変化していきます。

ソムリエ解説!ピノ・グリとピノ・グリージョの違いって?

ピノ・グリはフランス ブルゴーニュ地方原産のピノ・ノワールの突然変異種と言われており、フランスではピノ・グリ、イタリアではピノ・グリージョと呼ばれています。 その名前のみでなく、ワインのスタイルにも明確な違いがあり、ピノ・グリージョから造られるワインは一般的に、レモンやライム、青リンゴ、洋梨の風味、爽やかな酸味をもつドライなタイプが主流であるのに対し、ピノ・グリと表記されるワインは、熟度の高いブドウから、ピーチやアプリコットの風味をもつ、まろやかな果実味としなやかな酸味のバランスがとれたスタイルが特徴となっています。

代表的な産地

代表的な産地

代表的なピノ・グリの産地であるフランスとイタリアについてご紹介します。

フランス・アルザス

フランス・アルザス

フランスでは、ドイツと国境を接するアルザス地方で多く栽培されており、リースリング、ミュスカ、ゲヴュルツトラミネールと並ぶ高貴品種として、辛口・甘口・スパークリングなど様々なスタイルのワインが造られています。


この地方のブドウ畑はヴォージュ山脈の丘陵にあり、土壌は花崗岩質から火山性堆積岩、泥灰岩質と複雑に織り成しており、そのテロワールの多様性が複数のブドウ品種の栽培を可能にしています。


アルザスの高品質なピノ・グリのワインは、色合いは濃い麦わら色をしており、杏やトロピカルフルーツのような芳醇な香りと蜂蜜のようなニュアンスが感じられるボリューム感のある味わいが特徴。


柔らかな酸味とコク、長い余韻はブルゴーニュの上級ワインにも引けを取らないことから人気を博しています。

ワイン一覧はこちら
ワイン産地を知ろう!アルザス
ナレッジ

ワイン産地を知ろう!アルザス

エノテカ編集部 エノテカ編集部

ドイツとの国境近くに位置するフランス屈指の銘醸地・アルザス。多様な土壌に恵まれ、その複雑な地形とブドウ品種の掛け合わせに...

記事を読む

イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

イタリアでは代表的な白ワイン産地であるフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州で多く造られています。


フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州は、北部は雨が多く、平野部は比較的温和、南部の海岸部は地中海性気候といったように多様な気候と風土をしているため、それぞれの気候・土壌に合わせて複数の白ブドウ品種が栽培されています。


中でもスロヴェニアとの国境に広がるコッリオ・ゴリツィアーノやフリウリ・コッリ・オリエンターリには小規模ながらブドウ栽培から醸造においてレベルの高い生産者が多く、ボディのしっかりした果実味と適度なミネラル感を持つピノ・グリージョの白ワインが造られています。


ステンレスタンクで熟成させたカジュアルなピノ・グリージョのワインは、色合いも淡い黄色で、柑橘系のフレッシュな酸味が特徴のキレの良い辛口ワインとなります。

ワイン一覧はこちら

ソムリエ解説!産地による味わいの違いは?

ピノ・グリは、世界各地で多くのワインラヴァーからの人気を集める白ワインを生産しています。 イタリアのヴェネトでは、早期収穫により、フレッシュさが感じられる柑橘フルーツや青リンゴのフレーヴァーが魅力の、辛口でライトなスタイルが特徴。 一方で、フランスのアルザス地方では、より熟した状態のブドウを使用し、ピーチやアプリコットの風味が感じられる、やや甘味をもつまろやかな味わいの白ワインが主流で、鶏や豚肉等を使用した肉料理にも合わせられています。 その他にも、ニュージーランドのセントラル・オタゴ、ドイツで造られるピノ・グリも人気で、それらの産地では「ピノ・グリ」と表記され、フランスのアルザスに近いスタイルを生み出しています。 さらにイタリアでは、その果皮の成分を生かして造られるオレンジワインも生産されており、こちらもワインラヴァーからの注目を集めています。

相性の良い料理

相性の良い料理

ピノ・グリのワインは様々なスタイルがあるので料理との相性もそのスタイルによって異なります。洋食、和食、中華それぞれどんな料理が合うのか、田邉さんに聞いてみました。

相性の良い料理

ソムリエ解説!洋食ならどんな料理が合う?

爽やかな辛口スタイルのピノ・グリージョの白ワインは、イタリアの伝統的料理、カプレーゼとのペアリングがおすすめです。フレッシュチーズとトマト、バジルのそれぞれの味わいに相乗しながら、風味をさらに広げてくれます。 アルザスのピノ・グリには、フランスの郷土料理としても有名なパテ・ド・カンパーニュにピクルスを添えたオードブルや、ソーセージの盛り合わせ マスタード添え等と合わせるのがおすすめ。 アルザスは内陸地のワイン産地であることから、肉や野菜の保存食が文化的に定着し、同エリアの果実味と旨味が豊かなピノ・グリのワインはそれらにとてもよく合います。

ソムリエ解説!和食ならどんな料理が合う?

ピノ・グリの白ワインは和食との相性の良さにも定評があります。 アメリカのオレゴン州やニュージーランドのセントラル・オタゴのピノ・グリは、ほどよいアロマの強さと果実風味を持ち、やわらかい酸味とほのかなヨード感、旨味を感じる味わいが特徴で、和食の椀盛のお料理で、ハマグリやアサリを使用した潮仕立てとのペアリングがおすすめです。 貝類の繊細な風味とヨード感、出汁の旨味とワインの味わいが重なり、より豊かな風味を楽しむことができます。

ソムリエ解説!中華ならどんな料理が合う?

ピノ・グリから造られる白ワインを中華料理と合わせる場合は、アルザスのピノ・グリとおつまみチャーシューとのペアリングがおすすめです。 アルザスでもよく食べられる伝統料理であるパテ・ド・カンパーニュやソーセージとのペアリングと同様に、ピノ・グリの豊かな果実味となめらかな酸味、深みのあるミネラル感、やや厚みのある味わいがバランスよく調和し、チャーシューの凝縮した肉の旨味と風味をさらに引き出してくれます。 加えて、料理とワインのテクスチャーもよく合っています。

おすすめワイン

最後に、田邉さんおすすめのピノ・グリを使ったワインを3本ご紹介します。

ピノ・グリ レゼルヴ / アルベール・ボクスレ

こちらは以前、レストランのワインリストにもオンリストさせていただいたことのあるワインで、個人的にも長らくおすすめしてきたお気に入りの1本。 ピノ・グリらしい豊潤な果実の風味とまろやかな味わい、豊かなミネラル感が魅力です。

ピノ・グリ レゼルヴ
750ml

ピノ・グリ レゼルヴ

  • アロマティック&ピュア

  • 2018

    6,050

    (税込)

ブラインド・コーナー・ピノ・グリージョ / ブラインド・コーナー

西オーストラリア州の筆頭格として注目されているワイン産地 マーガレット・リヴァーで造られるナチュラルなオレンジワイン。こちらはXでも発信させていただいたことがある、おすすめのオレンジワインです。 オレンジの風味やほどよいスパイス感、心地よい緻密なタンニンを持っていて、焼鳥とのペアリングもおすすめです。

ブラインド・コーナー・ピノ・グリージョ
750ml

ブラインド・コーナー・ピノ・グリージョ

  • アロマティック&フルーティー

  • 2022

    4,950

    (税込)

  • 2021

    4,950

    (税込)

ピノ・グリージョ / イエルマン

北イタリアを代表する白ワインの産地であるフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の注目の生産者が手掛ける1本。こちらのワインも以前勤めていたレストランでオンリストしていた経験があります。 ピノ・グリージョ本来の果実感を見事に引き出し、繊細でありながらも凝縮した風味と奥行きのあるミネラル感を体感できます。

ピノ・グリージョ
750ml

ピノ・グリージョ

  • アロマティック&ピュア

  • 2022

    4,950

    (税込)

  • WE 92

まとめ

産地によって様々なスタイルのワインが造られる、ピノ・グリ。


まずはぜひアルザスのピノ・グリとイタリアのピノ・グリージョを飲み比べて、産地による味わいの違いを感じてみてください。ピノ・グリが生み出す多彩な味わいにきっと魅了されるはずです。

ピノ・グリの商品一覧

公式SNS・APP

最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

line お友達登録

お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

公式アプリ

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

ほどよく、楽しく、良いお酒。のんだあとはリサイクル。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。