様々な組み合わせを楽しもう!ドライフルーツとワインのマリアージュ

ドライフルーツとワイン

ワインのお供に、ドライフルーツを一口。ワインのフルーティーな香りと、ドライフルーツの噛むほどに甘味が広がる奥深い味わいは、ワインが進む至福の組み合わせです。

ドライフルーツはそのまま手軽に食べることができるので、毎日のヘルシーなおつまみとして、常備しておきたい食材ですよね。

今回は、ワインに合うドライフルーツの組み合わせをご紹介します。ワインタイプによってドライフルーツを合わせれば、さらに美味しさが口いっぱいに広がります。そのまま食べるだけではない簡単アレンジも、ぜひお試しください。

甘味が凝縮したドライフルーツ

レーズンとドライマンゴーなど

ドライフルーツは、フルーツの水分を抜き、乾燥して作られます。皮ごと乾燥させるタイプが多く、栄養素が残りやすく、水分を抜くことで甘味は凝縮します。フルーツの種類、水分の抜き加減、仕上げの調味によっても、様々なタイプのドライフルーツがあります。枝付きタイプや、砂糖コーディング、ソフトやセミハードなどがあります。

日々のワインに合わせるドライフルーツは、なるべく砂糖コーティングの無い、果実そのものの甘味が感じられる、自然なドライフルーツを選ぶようにしましょう。干すことで甘味が凝縮し、食物繊維やカルシウムなどの栄養素もしっかりと摂れるので、健康志向の方や、美容への意識が高い方へのおつまみにも最適です。

ドライフルーツは、噛むほどに味わいが広がる為、食べ応えもあり、少量でも満足感が増します。日頃、おつまみを食べ過ぎてしまう方も、少量のドライフルーツをワインのお供にすることは、健康的なワインライフにも繋がりますね。

ドライフルーツ×ワインの組み合わせ

シャルドネとドライマンゴー

モンテス・アルファ・スペシャル・キュヴェ シャルドネ と ドライマンゴー

ドライフルーツとワインを組み合わせる場合、ワインの香りをヒントにドライフルーツと合わせると、より美味しさが感じられます。

ワインの香りは、ぶどう以外のフルーツの香りで例えられます。白ワインは柑橘系のレモンやライム、りんごや梨、南国系のマンゴーやパイナップル。赤ワインは、酸味のあるラズベリーやイチゴ、チェリー、濃厚なプラム、ブラックベリーなどです。ワインの濃さやタイプによって香りに違いがあるので、そこをヒントにすると、酸味や甘味が合う組み合わせが見つかります。

例えば、ドライフルーツの中でも身近なドライマンゴー。南の暑い地域で作られる白ワインは、熟した南国系フルーツのような香りがします。濃厚な白ワインに、ドライマンゴーやドライパイナップルなどのトロピカルフルーツを合わせることで、ワインと調和します。南の地域のワインはもちろん、樽熟したコクのある白ワインにも合います。シャルドネにもぴったりです。ドライアップルやドライアプリコットも、どんな白ワインにも合わせやすいドライフルーツです。

レーズンと赤ワイン

サン・ロレンツォ キャンティ・クラシコ グラン・セレツィオーネ と レーズン、ドライイチジク、クランベリー

赤ワインの場合も香りをヒントに、渋みや酸味からドライフルーツを組み合わせます。甘味はもちろん酸味も適度に残るドライクランベリーに、ピノ・ノワールやガメイなど軽めな渋さと酸味の赤ワインを合わせると、チャーミングなマリアージュが完成します。

ドライフルーツの定番でもあるレーズンは、陰干ししたブドウで作られるアマローネと合わせても、香りが同調する素晴らしい組み合わせです。ドライイチジクは、プチプチとした食感も良く、落ち着いた香りがネッビオーロにもお薦めの組み合わせです。パワフルで濃厚な赤ワインには、濃縮した甘味のドライプルーンを。マルベックやジンファンデルなどのパワフルな赤ワインとも、バランス良くまとまります。

簡単ドライフルーツのアレンジ

ドライフルーツとワインのそのままの組み合わせはもちろん、簡単なアレンジでさらにワインの進むおつまみが完成します。

チーズにトッピング

ドライフルーツとチーズ

チーズに鮮やかな色味のドライフルーツをトッピングするだけで、見た目にも華やかさがアップします。塩気のあるチーズに凝縮した甘味のドライフルーツを合わせると、バランスの良い組み合わせで満足度が増します。

シェーブル(山羊乳)のような適度に酸味のあるチーズには、ドライクランベリーのような甘酸っぱいドライフルーツはとても合います。シェーブル特有のチーズの白さが、クランベリーの色合いで際立ち、華やかさも演出できます。

クリームチーズに、刻んだドライフルーツを合わせてチーズボールにすると、可愛らしい見た目でおもてなし向きになります。ドライイチジクや、干し柿のような味わいのデーツにクリームチーズやバターを挟んでも、美味しい一品が完成します。デザートタイムにもお薦めです。

ドライフルーツを使ったソース

チキンステーキドライフルーツのソース添え

ドライフルーツをソースに加えると、ソースに自然な甘みが加わり、濃厚でジューシーなソースが完成します。

例えば、ドライプルーンをバルサミコ酢・赤ワインとともに煮詰めたソースを、ソテーした豚肉や鶏肉に合わせます。白系の肉は白ワインに合わせやすい食材と言われますが、甘酸っぱさを凝縮させたソースによって、赤ワインにぴったりの簡単な1品ができあがります。

まとめ

ワインと相性が良いドライフルーツ。組み合わせによって、口の中での広がりや香りのリンクで、さらに楽しさが広がります。

デイリーワインにはもちろん、熟成ワイン特有の旨味にも、ドライフルーツの凝縮感が合います。ドライフルーツはそのままを楽しむことはもちろん、料理に甘味のアクセントとして加えても、アレンジの幅が広がります。

様々なワインとドライフルーツの美味しい組み合わせを、探してみてはいかがでしょう。